犬の癌(がん)の症状と発見方法は?部位別のご紹介

公開日: : 最終更新日:2014/07/30 犬の病気

【この記事の所要時間:約 4 分】

切な愛犬の命を脅かす病気である癌(がん)。

あなたの愛犬に対する愛情と、犬の医療の進歩により

愛犬の寿命が伸びるのとともに合わせて現れてきた病気です。

現代病とも言われる癌(がん)について部位別に症状や発見方法をご紹介します。

gan
「いつまでも元気に走り回っていたいな♪」

犬にできる癌(がん)ってなにがあるの?

わたしたち人間の死因の上位をしめる癌(がん)。

「動物も癌になんてなるの?」

と思う方もいるかもしれませんが
私達にできる癌(がん)は
ほぼすべて犬にもできると言われています。
腫瘍と診断されても、すぐに癌
というわけではありませんが、
(良性の場合もあるため)
悪性のがん細胞だった場合、
比較的増殖が早く他の臓器への転移
の危険があります。

もし、悪性の腫瘍である癌(がん)と
診断された場合の治療については
愛犬の年齢や体力など、
総合的に考えて治療方法を
決める必要があるんですね。

というのも、がんの治療はおわかりの通り
体にとても負担をかけてしまいます。
こちらにメリットとデメリット
ご紹介してますので是非参考にしてください。

がんはひとつの原因で起こるというよりも
幾つもの原因が重なって、時間をかけて発症する
と考えられているので、どうしても老齢になると
癌にかかりやすくなってしまいます。

ある程度の年令になったら
特に定期的な健康診断などで
愛犬の全身状態をチェックするのが
最大の予防法といえるでしょう。

部位別の症状と発見方法は?

がんの対策は定期的な健康診断と
毎日のチェックによる早期発見と
早期治療が重要だということはご存知だと思います。

そこで、もし「しこり」を見つけたら
自己判断をせずに、すぐに病院に
連れて行って検査を受けさせることが大切です。

たしかに腫瘍には良性のものもあります
これは獣医でも、見た目では判断が
つけにくいものです。

ご紹介する部位別の癌の
それぞれの症状などをご紹介します。
こんなものがあったら要注意!として
是非参考にしてもらえればと思います。

部位別の症状
良性 悪性
皮膚 ・脂肪腫
・腺腫
・上皮腫
・肥満細胞腫
・腺癌
・扁平上皮癌
・肛門周囲腺癌
・骨腫 ・骨肉腫
・軟骨肉腫
口(口腔) ・エプリス ・悪性黒色腫
・線維肉腫
・扁平上皮癌
鼻(鼻腔) ・腺癌
・軟骨肉腫
・扁平上皮癌
腹腔 ・平滑筋腫 ・胃がん
・肝臓がん
・直腸がん
生殖器 ・乳腺腫瘍
・精巣腫瘍
血液 ・悪性リンパ腫
・白血病

これはすべてではなく一例です。

皮膚がんの症状

骨のがんの症状

口腔の癌の症状

鼻腔と腹腔の癌の症状

生殖器の癌の症状

 

sponsored link

ガン発見のチェックポイント!

現在はペットのためのCT検査や
MRI検査なども多くなり、より精密に
調べられるようになっています。

その他にも、組織検査やX線検査、
エコー検査などの画像検査も充実しています。

このように、医療の世界はかなり進歩していますが
まず、愛犬の異変に気づけるのは
日々愛犬と一緒に生活をしている
あなたなんですね(^^)

ですから、家庭でがんを発見できる
チェックポイントをご紹介しておきます。

チェックポイント

◯食欲がなく、元気もない

◯尿や便に異常がある

◯舌や歯肉(歯茎)の部分が白い

◯理由もないのに痩せてきた

◯しこりがある(じょじょに大きくなってきた)

◯口、鼻、肛門から出血や膿がでる

◯毛づやが悪い

◯体から臭いにおいがする

◯去勢・避妊手術をしていない

 

いかがでしたか?

もちろん当てはまらないにこしたことは
ないんですが・・・

ただ、気になることがあったら
とりあえず病院に連れて行ってみて
何もなければ「良かったね♪」という方が
愛犬の健康を長く維持することができます。

たぶん、愛犬の癌を心配している方が
この記事をご覧になっていると思うので
もうペットの保険は入っていると思いますが・・・
もしも、まだの場合はしっかり検討した方がいいです。

やはり、人も犬も高齢になるにつれて
いろいろな病気が発症しやすくなりますし
骨がもろくなって骨折しやすいとか
今回のような癌にかかりやすいなど
医療費がどんどんかかってきます。

若いうちはそんなにお世話にならなかった
動物病院かもしれませんが、
これからは、気になったらすぐ見てもらう
という状態にできておくととても安心です。

実際に手術と入院と検査と・・・
となると◯十万という単位でかかる場合もあり、
そうなってからペット保険に加入しておけば
と後悔する人は結構多いんですね(>_<)

まだという方はこれを機会に加入を考えてみてください。

 

  ☆☆耳より情報!!☆☆

 愛犬のしつけ成功の秘訣を大公開!!
 こちらからメルマガに登録していただいた方限定で
 当サイトで公開していないマル秘テクニックを
 無料でお教えいたします♪


 くわしくはここをクリック


sponsord link

sponsord link


メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

gankyuu

犬の目(眼球)の病気 | 白内障、緑内障、ブドウ膜炎ほか

犬の目のうち、眼球の病気についてご紹介します。 眼球の病気というと白内障、緑内障、ブドウ膜炎、

記事を読む

kougeki

愛犬が突然攻撃的になった!襲うようになった理由は?

愛犬が突然、他の動物や人間に対して激しく攻撃的になった場合 たぶんあなたはものすごくびっくりす

記事を読む

byouinmotimono

愛犬を動物病院に連れて行く時、持っていく物と伝えるべきこと

犬を動物病院で診察してもらう時に持っていくものと 最低限伝えるべきことをご紹介します。

記事を読む

syokuyoku

犬の食欲不振の原因は?嘔吐したけど病気?

どうも最近食欲が無いとか、急に嘔吐すると心配になりますよね(´・ω・`) その食欲不振の原因は

記事を読む

hihugan

犬の皮膚にできるがん(腫瘍)の症状は?悪性・良性どっち?

現代病として犬も気をつけたいがん(腫瘍)。 今回は皮膚にできるがん(腫瘍)についてご紹介します

記事を読む

arukikata

愛犬の歩き方がおかしい!変と感じたら疑える病気は?

いつもはちゃんと歩いていたのに、なんか変・・・ 愛犬の歩き方がおかしいと気づいたらそれは何か異

記事を読む

sekikusyami

犬の咳やくしゃみの原因は?どんな病気?

咳やくしゃみが多いけど・・病気ってことある? わたしたちだと、風邪をひいたかな?と思いますが

記事を読む

nintisyou

愛犬の老化からくる認知症の症状は?改善方法はある?

愛犬には長生きしてもらいたい! だれでもそう思っていますが、確実に年はとってしまいます。

記事を読む

kutigan

愛犬の口臭・出血の原因は?!口腔の癌(がん)や病気について

愛犬の口臭がとても強くて気になる・・・ 口臭の原因ですぐ考えられるのは口の中の病気ですよね?

記事を読む

mebyouki1

犬の目の病気 | 結膜炎と角膜炎の症状と治療は?

目は角膜、強膜、結膜でおおわれています。 その角膜と結膜に起こる炎症が角膜炎と結膜炎です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly


472e70c8807658b1217eb8e798c32d9d_s
犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

ed7162d2b7583bc6852912bf5ed143ab_s
犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

94bce5fe280f8807384ca727a711206c_s
犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

0a46a06641ec561be444b9666444d008_s
犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑