*

犬の発情期・避妊する?しない?手術の時期は?

【この記事の所要時間:約 3 分】

スの犬を飼ったらまず考えなくてはいけないことの1つ。

愛犬に子供を産ませますか?

メスの犬の発情期サイクルや避妊のメリット。

手術をする時期はどれくらい?など避妊についてご紹介します。

hinin

犬の発情期を知ろう!

前回、犬の去勢についてご紹介したように

オスの犬には発情期はありません。

決まった発情期があるのはメスの犬だけなんですね。

それでは、発情期の期間や時期などを見ていきます。

 

メスの犬は生後7~16ヶ月で最初の発情期を迎えます。

通常小型犬のほうが早く、大型犬は遅いです。

そして、その発情期はだいたい年2回訪れます。
(大型犬の場合は年1回くらい)

発情期の期間は早い子で1週間位ですが
長い子だと1ヶ月位続くこともあります。

 

犬はこの発情期の期間だけ子孫を残すチャンスになるわけです。

ですから、

犬にとっては心身ともに必死なことなんです。

 

さて、

あなたの愛犬は子供を産ませますか?

愛犬の子孫を残すつもりの方は避妊は関係ないですね(^^)

でも、特に考えていないという人は
避妊に対するメリットも合わせて考えていただければと思います。

 

避妊をするメリットは?

メスの犬が発情期を迎えている時は
おしっこに含まれるフェロモンのにおいで
オスに発情期であることを伝えます。

このニオイは2キロ四方に届くと言われていて
オスの犬を強く刺激します。

そして妊娠しやすい時期になると
オスの犬を受け入れるようになるんですね。
というか、積極的にオス犬を求めるようになります。

 

先程も言ったように、犬にとって子孫を残せる
わずかなチャンスですから、発情中のメス犬は
心身ともに大きな変調をきたしています。

 

この発情期の期間に交尾や妊娠をしないと
性ホルモンがもっと頑張ろうと過剰に分泌されるので
子宮や卵巣などメス特有の器官が病気になる原因
にもなってしまうんですね。

避妊を行うメリットとしては、愛犬を

  • 発情期のたびに起こる精神的ストレスを取り除ける
  • 性ホルモンによる子宮や卵巣の病気を予防できる

ということがあげられます。

 

また、愛犬が出産することを考えてみましょう。

愛犬を出産させるということは、飼い主さんも

  • 愛犬の様子をいつもより注意深く見る時間が必要
  • 経済的な負担がかかる
  • 子犬が生まれた後の貰い手を探す
  • 先天的な病気になっている可能性もある
  • 遺伝性の疾患を持つ子犬が生まれる可能性もある

などなど、それ相応の気配りやケアが必要になりますよね。

 

なんとなく・・避妊までするのはかわいそうなんじゃない・・?
避妊をしない時の愛犬の心身の負担や
避妊をした場合のメリットを考えた上で
避妊がかわいそうなことなのか考えていただければと思います。

スポンサーリンク

避妊手術について~方法や時期、費用など

避妊手術は、まだ発情を迎えていない子犬
でも手術をうけることができます。

若いほうが治癒するのも早いですから
術後の回復も早くなります。

 

手術は全身麻酔で行うので痛みはありません。
入院期間は動物病院や手術によって違いますが
だいたい1~2日くらいで帰宅になります。

 

費用は・・・
動物病院によってばらつきがあります。
どこまでの検査を含んだ料金なのか?
設備としてはどれくらいなのか?
などによって色々変わってきます。

こちらの意見が参考になりますから
良かったら相場に対する考え方など
ご覧になってもらえるといいかと思います。

 

大切な愛犬の大きな問題である避妊。

健やかな心身の成長に必要なことですので
愛犬のためにいい方法は?と考えていただければと思います。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬種の選び方~社交的・きずな重視の人向け犬種

  あなたの愛犬選びのお手伝いをさせてください♪ 人間の性格や行動と、犬の特性

記事を読む

犬種の選び方~訓練したい・命令したくない人向け犬種

  大切な犬種選び。 前回は「活動的な人」「おとなしい人」にあった犬種をご紹介

記事を読む

犬種の選び方~活動的・おとなしい人にはこの犬種

  犬種を選ぶ際に人間のタイプに比較的似た特徴を持った犬種を 選ぶことが好まし

記事を読む

愛犬の入手経路別で注意するポイントはこれ!

愛犬を飼おうと決まったら、どこから入手するのか? が問題になってくると思います。 ペット

記事を読む

犬のマイクロチップのメリットと価格は?義務化への賛否意見!

マイクロチップを入れることのメリットは?価格はどれくらいかかる? また、義務化が検討されていま

記事を読む

飼いやすい犬は?選ぶ時に気をつける3つのこと

あなたにとって飼いやすい犬とはどんな犬でしょう? 愛犬を選ぶときに気をつけたい3つのことをご紹

記事を読む

犬の歯磨きで多い勘違いは?歯石になると?

人間と同じように必要な犬の歯磨き。 「え!犬も歯磨きするの??」とびっくりする飼い主さんもいま

記事を読む

犬の年齢は犬種で違う!?人間年齢を計算してみよう!

あなたの愛犬は何歳ですか? じつは犬種によって犬の年齢を計算する方法が違うんです。 今回

記事を読む

子犬を教育するのは母犬!子犬のしつけ時期はいつから?

せっかく犬を飼うなら、子犬の時から飼いたい! 子犬と言っても、どれくらいの時期から飼うのがいい

記事を読む

犬の食事の回数は年齢や状態によって変えるべき!

愛犬の食事の回数が健康や行動に影響することもあります! また、健康な成犬でも食事の回数を多くす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑