ドッグフードがアレルギーの原因か?食物アレルギーの除去食試験とは?

公開日: : 犬のアレルギー(アトピー)

【この記事の所要時間:約 4 分】

犬のアレルギーはドッグフードによる食物アレルギーだった!

愛犬のアレルギーの原因が、アトピー性皮膚炎ではなく食物アレルギーであると診断されると

ドッグフードに含まれている何に対してアレルギーを起こしているのか確認をします。

その確認のための除去食試験についてご紹介していきたいと思います。

hoodallergy
「今度は何くれるの?何でも食べられるって幸せ~」

食物アレルギーの診断は?

愛犬が体をかゆがったり、皮膚に症状があらわれていたら
動物病院で検査を行います。

食物アレルギーかどうかの診断の進め方は
まず問診を行って、アレルギー性の疾患か
それともほかの病気による皮膚症状なのかを判断します。

その後、細菌やマラセチア、真菌、外部寄生虫など
感染病についての検査を行います。

そして実際に血をとって、血液を調べるなど
アレルギーのための検査を行っていきます。

 

食物アレルギーの症状は、犬アトピー性皮膚炎と
とても同じ部分が多いんですね。

犬アトピー性皮膚炎であればアレルギー検査で
陽性とでますが、食物アレルギーの場合は、
アレルギーの検査を行うと陽性となる場合が少ないので、
最初は犬アトピー様皮膚炎と診断される場合が多いでしょう。

この時点で、アレルギー性の疾患の可能性はあるが
アトピー性皮膚炎ではないことから
食物アレルギーを疑っていきます。

食物アレルギーが疑われるときは
除去食試験と食物負荷試験を行います。

少し時間がかかる試験になりますが
現在はこれが食物アレルゲンに対する
過敏反応を診断する方法として
最も信頼が高い方法となっています。

それでは、除去食試験と食物負荷試験とは
どのように行うのか、方法を見ていきます。

除去食試験と食物負荷試験の方法

今、愛犬にかゆみなどの症状が出ているんですから
毎日食べさせていたドッグフードの中に
原因となるアレルゲンが存在すると思われます。

ですから、今まで食べさせていたドッグフードをやめ
除去食といわれるドッグフードを2か月間ほど与えます

これが除去食試験です。

そしてこの2か月間で愛犬の皮膚症状に
改善が認められた場合、今度は
元のドッグフードを7~10日間
少しずつ量を増やしながら与えてみます。

これで、またかゆみなどの皮膚症状が
現れた場合、元のドッグフード内に
過敏反応の原因である食物アレルゲンが
入っていたということになり、
食物アレルギーであると診断することができます。

これが食物負荷試験です。

sponsored link

ただ、食物によってアレルギー反応を
起こしていた子の場合、
毎日アレルゲンを摂取していたわけなので
皮膚の症状が強く出ていることが多いんですね。

そうなると、症状を緩和しないといけないですから
除去食試験の開始とともに
副腎皮質ステロイド剤を投与することもあります。

そして、症状が緩和されてきたら
投薬を中止して、愛犬のかゆみが収まっているようなら
与えている除去食が有効であると判断します。

愛犬が食物アレルギーの場合、
そのアレルゲンを摂取しなければ
かゆみなどの症状は現われません。

ですから、この除去食は治療もかねて行われていますが
実際のアレルゲンは何なのか知らないと
原因を効果的に回避できないわけです。

そこで食物負荷試験にはまだ続きがあります。

今度は、これまで食べていたドッグフード内に
含まれていたタンパク質を1種類ずつ与えて
症状の変化を調べていきます。

たとえば、お米、牛肉、豚肉、鶏肉、サバ、たい
チーズ・・・・といった感じに、
除去食+1種類を食べさせることで
何を食べさせたときにかゆみが出たか?
ということを観察して食物アレルゲンを特定します。

長い時間と手間はかかりますが、これでようやく
どんな食材に対してアレルギーを起こしてしまうのか
がわかったということになります。

食物アレルギーのほうが簡単?

食物アレルギーの場合、アレルゲンである食物が見つかれば
その食物を食べさせないようにすることで
アレルギーの症状を起こさせないようにすることができます。

ですから、食物アレルギーのほうが
アレルゲンの特定や治療などが簡単と思うかもしれませんが…

じつはそう簡単でもないんですね(´・ω・`)

というのは、食物アレルギーであるのと同時に
アトピー性皮膚炎でもあるという場合もあります。

 

また、除去食を行うときに、
どうしても除去食を食べない
というワンちゃんもいるんです。

除去食を行うときは、おやつなどの間食も含め
除去食のみを与えないといけません。

これを拒絶してしまうんですね。

次回は、この除去食とはどんなものか?
除去食試験を上手に進めていくポイントなどを
ご紹介したいと思います。

  ☆☆耳より情報!!☆☆

 愛犬のしつけ成功の秘訣を大公開!!
 こちらからメルマガに登録していただいた方限定で
 当サイトで公開していないマル秘テクニックを
 無料でお教えいたします♪


 くわしくはここをクリック


sponsord link

sponsord link


メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

syokumotu

ペットフードでアレルギー?愛犬の食物アレルギーの症状とは?

愛犬のアレルギーの原因がフードだった! 愛犬のアレルギー症状の中でも食物アレルギーについてご紹

記事を読む

syurui

犬のアレルギー性皮膚炎で多いのは?皮膚炎の種類と傾向

犬のアレルギーで出る症状の皮膚炎についてご紹介します。 愛犬のアレルギーは皮膚炎という形で皮膚

記事を読む

genkansaryouhou

愛犬のアレルギー治療で注目される減感作療法とは?方法や効果は?

愛犬のアレルギーを治療する「減感作療法」についてご紹介します。 日本ではまだ一般的ではありませ

記事を読む

allergyyobou

愛犬のアレルギー治療に欠かせないアレルゲンの回避方法は?

愛犬がアレルギーの症状で治療を受けているとき欠かせないのがアレルゲンの回避です。 また、治療の

記事を読む

allergy test

犬のアレルギー検査ってなにをするの?費用はどのくらい?

犬のアレルギーを検査するときの診断についてご紹介します。 皮膚に異常があるからと言ってすべてア

記事を読む

atopitiryou

愛犬のアレルギーによるアトピー性皮膚炎の症状と治療方法は?

愛犬のアレルギーによるアトピー性皮膚炎についてご紹介します。 アトピー性皮膚炎には急性期と慢性

記事を読む

allergy

愛犬がアレルギー?原因と症状は?

犬のアレルギーについて詳しくご紹介します。 犬も私たちと同じようにアレルギー症状を起こし、皮膚

記事を読む

yakuyoku

犬の薬浴とは?アレルギー性皮膚炎の皮膚と被毛のケアの方法や頻度!

愛犬の薬浴の方法や頻度についてご紹介します。 アレルギー性の皮膚炎(皮膚病)の場合少しでも症状

記事を読む

tiryoupoint

愛犬のアレルギー疾患の治療!2つのポイントと治療法の種類は?

愛犬がアレルギー疾患だと診断された後の治療法をご紹介します。 アレルギーを治してあげるために抑

記事を読む

atopisindan

愛犬のアトピー性皮膚炎の診断基準は?犬アトピー様皮膚炎ってなに?

愛犬のアトピー性皮膚炎を診断する基準をご紹介します。 アトピー性皮膚炎のほかに、アトピー様皮膚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly


472e70c8807658b1217eb8e798c32d9d_s
犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

ed7162d2b7583bc6852912bf5ed143ab_s
犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

94bce5fe280f8807384ca727a711206c_s
犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

0a46a06641ec561be444b9666444d008_s
犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑