老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 犬の健康

【この記事の所要時間:約 4 分】

物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。

寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要ということ。

食餌もそうですがすべての生活環境を見なおして

少しでもあなたの負担を軽くできるような介護用品をご紹介します。

rouken11
「誰が老犬じゃ!わしゃこの通りピンピンしとるわ!」

今回ご紹介する介護用品は
愛犬の介護用品一覧
で検索していただけるようになっています。

介護は家族みんなで!

愛犬の老化が進むと、愛犬のお世話に
飼い主のサポートが必要になってきます。

食事、散歩、排泄など、
自力で行うのが困難になってくるんですね。

生活環境も今までとは変える必要が出てきます。

老犬の体に合わせた生活環境に
してあげることで、体をいたわり
少しでも老化を予防することが出来ます。

そうやって愛犬の負担を減らし
平穏に楽しく暮らせる工夫をしてあげたいですよね♪

 

ただ、老化が進んでくると
あなたのサポートが一段と必要になります。

その時、一人でお世話をするとなると
やはり体力的にも時間的にも
多くを愛犬のために使わないとならないので
あなたに色々なストレスがかかる心配があります。

この時は、家族で分担して
愛犬の介護に当たらないと
あなたの精神がまいってしまいますから
家族会議を開いてよく話しあいましょう。

もし、一緒に介護できるという人が
いない場合は、老犬の介護施設もあります。

一週間の間の何日間か、施設で預かってもらう
ことを選択肢の1つとして考える
というのは、決して悪いことではありません。

老犬の介護に疲れてしまう前に
少しでもあなたの負担を減らしながら
介護を行える環境を作っていってください(^^)

老犬にあった住環境とは?

住環境を愛犬に合わせる
といっても、基本的に模様替えは
しないほうがいいです。

老犬ですから、目が見えにくくなっていて
大きな変化があると対応ができないで
戸惑ってしまうんですね。

できるだけ家具のやテーブルの角に
コーナーガードなどを取り付け
段差がある場所にはスローブを
つけるようにしてください。

それでは、介護をしやすくするための
介護用品をケースごとにご紹介します♪

家庭内の段差に

大きな段差から、小さな段差まで
スローブ(ステップ)の種類は色々あります。

step1 step2

お食事するとき

自分で食事ができるのであれば
口元に持って行ってあげる食器
というのもあります。

syokki

もし、自分での食事が難しい時は
流動食をスプーン等であげるんですが
注射器タイプのものだと
直接口に入れてあげられるので
周りを汚すことも少ないですし
ワンちゃんも食べやすいでしょう(^^)

syokki1

おトイレ(排泄)

トイレの失敗も多くなってきます。
ここで注意して欲しいのは
粗相したことを叱らないこと!

もし、粗相を叱ってしまうと
排泄そのものを我慢するように
なることがあるんですね(´・ω・`)
ですから、トイレをハウスの近くに置いたり
おむつを使うなど、排泄しやすい状況にしてあげましょう。

紙おむつもありますが、経済面を考え
布で吸収するタイプのものもありました。

omutu

お散歩編

自分で散歩ができるのであれば
介護用のハーネスを使って
補助してあげるといいでしょう(^^)

kaigo1

車いすタイプのものもあります。
愛犬の体に合わせて
考えてあげてください。

kurumaisu

もし、自力で歩くのが辛くなっていたら
抱っこしたり、犬用のカートに
のせてあげるのもいいですね(^^)
お散歩は日光浴も出来ますし
気分転換になるのでできるだけ
一日に一度は外出してあげるといいです。

自分で動くのを嫌がるようになっても
できるだけ運動をさせるように
心がけてください。
散歩の仕方は、老犬の散歩
参考にお願いします♪

寝たきりになったら

愛犬が寝たきりになったら
気をつけてあげたいのが床ずれです。

柔らかいベッドに変えたり
クッションを敷いたりしましょう。
2~3時間おきに体の向きを
変えてあげることも大切です。

tokozure

tokozure1

両方共床ずれ防止用品になります。
床ずれは痛いですからね(T_T)
できるだけケアしてあげたいものです。

sponsored link

耳で測る体温計を発見!

愛犬の体温を知っておくことは
健康管理に欠かせないんですが・・・

毎回、肛門に入れて測るのも
なかなか大変なものがありますよね(´;ω;`)

特に老犬に対しては、なるべく
体に負担をかけさせたくないので
体温を計りにくい状況かと思います。

やはり、皆さん同じことを思っているようで
犬用の耳で測る体温計というのがこれ!

taionkei

ペット用の耳で1秒検温電子体温計です。
これは便利ですよね(゜o゜;

 

今回は老犬をいたわり、
あなたの老犬介護を少しでも
負担軽減できそうな介護用品を
ご紹介しました。

これらの商品やその他の介護用品は

愛犬の介護用品一覧

こちらで検索できるようになっています。

あなたと愛犬の環境に合わせて
便利に使える介護用品を見つけてください(^^)

  ☆☆耳より情報!!☆☆

 愛犬のしつけ成功の秘訣を大公開!!
 こちらからメルマガに登録していただいた方限定で
 当サイトで公開していないマル秘テクニックを
 無料でお教えいたします♪


 くわしくはここをクリック


sponsord link

sponsord link


メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

inuhone

犬も足がつるの?病気の可能性はある?

今回は「足」について見ていきたいと思います(^^) 急に「キャン!」と鳴いたかと思うと足をぴー

記事を読む

roukasapli

犬の関節、視力など老化予防に効果があるサプリメントは?

愛犬の老化を予防したい! 特に関節や視力の低下、肝機能改善や老化全般の予防に 効果がある

記事を読む

mebyouki

犬の目の病気は?目やに、チェリーアイなど目の病気と症状

目の様子がおかしい!! 大切な愛犬の目にどうも異常がある気がする・・・ どんな症状があっ

記事を読む

kenkoucheck

犬の健康チェックのしかた!おうちで簡単にできる方法♪

愛犬の異常は早く気がついてあげたいですよね! その早期発見のための健康チェックのしかたをご紹介

記事を読む

tyoukaku

耳の病気になりやすい犬種と特徴は?予防と注意点

犬種によって、耳の病気になりやすい子がいます。 どんな犬種が注意したほうがいいんでしょうか?

記事を読む

anrakusi

犬を安楽死させてもいい?方法や薬は?法的に許される?

愛犬の安楽死について考えたいと思います。 安楽死をさせる場合の方法は?どんな薬を使うの?

記事を読む

byouinryoukin

犬の病院によって料金が違うのはなぜ?選ぶ基準は?

  動物病院に連れて行ったとき料金で困ったことはありませんか? 「他の病院で同

記事を読む

kansen

犬の風邪は人間にうつる?人獣共通感染症とは?

私がひいた風邪は愛犬にうつっちゃうかしら? 一緒の空間で暮らしている中、人間が風邪をひいたら

記事を読む

waktin

愛犬のワクチンの回数は?1年に1回じゃ多い!?

いくつかの感染症から愛犬を守るワクチン接種。 どれくらいの回数行えばいいのでしょうか?

記事を読む

tyuudoku1

犬が中毒を起こすとどんな症状がでる?対処法は?

  中毒とは、愛犬の体に毒になるものが体内に入って起こります。 犬が中毒を起こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly


472e70c8807658b1217eb8e798c32d9d_s
犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

ed7162d2b7583bc6852912bf5ed143ab_s
犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

94bce5fe280f8807384ca727a711206c_s
犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

0a46a06641ec561be444b9666444d008_s
犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑