*

犬も車酔いをする!?酔い止めの薬は?車に慣れさせる方法は?

【この記事の所要時間:約 4 分】

いお休みになると、旅行に行こうという計画もあると思います。

最近では愛犬と一緒に泊まれるホテルも増えていますよね♪

車での移動で、犬も車酔いをするんでしょうか?

犬と車で旅をする前に車に慣れさせる方法をご紹介します♪

kuruma
「ヘイ彼女!俺らと一緒にドライブしない?」・・誘い方が昭和でした(^_^;)(笑)

犬も車酔いをする?

じつは、車酔いをする犬はいます。

車酔いをしてしまうのは犬も人間も
理由が同じなんですね。

耳の奥の三半規管が刺激を受け続ける
事によって、バランス感覚に狂いが生じて
車酔いになるというしくみです。

そして、犬にとって車というのは
まったく想定外のシロモノです。

ですから、車に慣れていない状態で
車に載せられて長距離を走るとなると
わたしたちの想像以上に心身への負担があるんです。

 

愛犬が車酔いしているかどうかは
しぐさや行動でわかります。

もしあなたの愛犬が

  • よだれの量が多い
  • 嘔吐する
  • キョロキョロして落ち着きが無い
  • おびえる

などの行動が見られた時は
車酔いしている可能性があります。

 

まずは、車に慣らすことから
始めないといけないですが
車に慣れても車酔いをする
というワンちゃんには酔い止めの薬を
処方してもらうという方法があります。

これは動物病院で獣医さんに相談すると
鎮静作用の軽い車酔い止めの薬を
処方してくれるので相談してみてください。
※鎮静作用によっては、愛犬が旅先でボーっとしてしまって元気がなくなる場合があります。

愛犬を車に慣らす方法

車に慣れていないワンちゃんにとって
車の中は驚きの空間なんですね。

自分は動いていないのに
周りの景色は流れていくし
近くに車が走っているのが見えるし
絶え間ない騒音が聞こえてきて
カーブなどで急にバランスを崩される・・・

時には、クラクションが鳴ることもあります。

こう考えると、ちゃんと慣らしてあげないと
おびえたり、車を嫌がったりするのは
当然のことですよね。

ということで、愛犬を車に慣らす方法をご紹介します(^^♪

どうやって車に慣らすの?

まずは、対向車などとすれ違わないように
(対向車にも恐怖を感じるため)
交通量が少ない深夜や早朝に
家の周辺だけの短い時間
車に乗せてみましょう。

これで、徐々に距離や時間を伸ばしていきます。

もちろん、出発から帰宅まで
常に一緒にいるようにしてください。

 

愛犬の様子を見て、だんだん慣れてきた
と思えたら、コンビニなどに寄って
ほんの短時間だけお留守番をさせてみてください。

ちゃんとお留守番ができたら
いっぱい褒めてあげてくださいね!

この時、車の窓は閉めておいてください。
外に飛び出すと危険です。
あと、車内が暑くならないよう
最新の注意も必要です!
犬はすぐ熱中症になりますから
空調の管理は万全でお願いします。

基本的に、愛犬を車でお留守番させる
というのはしないほうがいいんですが
車に慣れさせるという意味で
短時間お留守番をさせてみましょう
ということです。

スポンサーリンク

車の旅行で注意すること

愛犬が無事に車に慣れて
長時間のドライブに耐えられる
ようになったとしましょう(。・д・。)

いざ!みんなで旅行に行こう
という時に注意することをお伝えします。

人間は車に載っている時に
カーブに対して無意識に体が対応しています。

でも、ワンちゃんにはそれができませんから
普段以上に慎重な運転と
スピードを落として運転するようにしてください。

また、トイレの心配もありますよね。

普段は車内でおとなしく出来ているのに
そわそわしだしたら、トイレのサインです。

できるだけ早く、安全な場所に止まって
外へ出してあげるようにしてください。

車好きなワンちゃんにするためには
徐々に慣らすということと
おとなしく車に乗れたらほめてあげる
ことが大切です。

ペットホテルで留守番させるんじゃなく
愛犬も一緒に旅行を楽しめるよう
ぜひ、焦らないで車好きになるよう
気をつけてあげてくださいね(^^♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

愛犬の健康診断の頻度は?検査項目や検査の流れは?

愛犬の健康のために定期的に病院に連れて行く 犬の健康診断(ドッグドック)はとても大切です。

記事を読む

犬の健康チェックのしかた!おうちで簡単にできる方法♪

愛犬の異常は早く気がついてあげたいですよね! その早期発見のための健康チェックのしかたをご紹介

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

愛犬の健康を守る代替療法で治癒力を高めよう!

今回は日本で行われている主な代替療法についてご紹介します。 代替療法にはどんな種類があるか?メ

記事を読む

犬の必要な栄養と不要な栄養は?手作りの食事の注意点

現在は人間の食事の残り物をあげることはないと思います。 それよりも、愛犬のために健康を気づかっ

記事を読む

犬の食事の量は?体重別必要カロリーと意外と危険な食品

初めて犬を飼い始めた人にとって、戸惑うのが食事の量です。 あげ過ぎたら肥満になるし、少ないと可

記事を読む

犬の目の病気は?目やに、チェリーアイなど目の病気と症状

目の様子がおかしい!! 大切な愛犬の目にどうも異常がある気がする・・・ どんな症状があっ

記事を読む

愛犬が噛みつくようになった!それは異食症かも?しつけ方は?

今まではそれほどひどくなかったのに(´・ω・`) 愛犬が噛み付くようになった場合、異食症の疑い

記事を読む

犬を安楽死させてもいい?方法や薬は?法的に許される?

愛犬の安楽死について考えたいと思います。 安楽死をさせる場合の方法は?どんな薬を使うの?

記事を読む

犬はキャットフードが大好物!?あげてもいい?

犬と猫を多頭飼いしている場合などで 愛犬が猫のご飯であるキャットフードを食べたがったりします。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑