うちの子はわがまま犬?!10項目でわかる性格診断!

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 犬の気持ち

【この記事の所要時間:約 4 分】

犬の性格診断をしてみましょう!

10項目のテストに答えてもらうことで「わがまま度」がわかります。

普段の生活の中でみせるしぐさや行動で愛犬の心理を探ってみましょう。

その子の性格を知ると、しつけも変わってきますよ♪

wagamama
「だって・・・かまってほしいんだもん・・♡」

わがまま性格診断!

わたしたち人間でも「わがまま」な性格は
自分勝手な人とも言えるんですが、
小悪魔的ととられて魅力になる場合もありますよね?

あなたはそんな小悪魔的な愛犬に
振り回されてしまっていませんか?

実際に愛犬のワガママ度をチェックして
今後の生活やしつけに活かしていきましょうo(`・ω・´)o

それでは診断開始です!

イエスかノーで答えてください。

 

◯とても気持ちを表現するタイプで、喜怒哀楽がわかりやすい

◯自分のおもちゃを他の子に取られてもガマンできる

◯散歩をしている時は自分の行きたい方に行きたがる

◯マーキングすることが多い

◯「ダメ」と言われても諦められない

◯してほしいことがあると、オスワリやお手などをやる

◯人間の食べ物を食べたがる

◯かまってもらいたがって、アピールを良くする

◯何かをして欲しくて吠えることがある

◯こちらが言うことを聞かないと怒って攻撃することがある

 

お疲れさまでした!以上です(^^)

さて、診断をしていて薄々気づいたと思いますが・・・

イエスの数が多いほどわがままということです(^_^;)(笑)

イエスの数が3個まで

わがまま犬ではありません。

とても我慢強いタイプのワンちゃんです。
自分の気持を外に出さないので
内面にためやすいタイプかもしれません。

とても忍耐力がある子なので、
その分ストレスを溜めていないか
気をつけてあげる必要がありそうです。

イエスの数が4~7個まで

自己主張はするけど
無理なわがままも言いません。

ダメだとわかると諦められる
状況判断ができるとても賢い子です。

とにかく我慢するというわけではないので
適度にストレスも発散できるタイプ。

イエスの数が8個以上

わがままちゃんです!

気が強い子に多いかもしれません。
機嫌の良し悪しで態度を変えることもあります。

エスカレートすると、攻撃的で
自己中心的な性格になるので
注意が必要です。

sponsored link

わがまま犬ってどんな性格?

確かにわがままはいけないことなんですが・・・

でもこのタイプのワンちゃんは
人が大好きで、とてもフレンドリーです。

甘え上手ですし、かまってもらうために
一生懸命努力したり、自己主張をしたり
愛されるために日々精進しているんですね。

目があっただけで、うれしそうなしぐさをするなど
まさに人間で言えば小悪魔的な魅力を持っています。

ですから、あなたは一緒にいて
とても楽しく幸せな気分にひたれ
生活を共にするには素晴らしいパートナー
になってくれる可能性が大きいです。

 

ただ・・・

その分独占欲が強いという短所もあります。

自分もいつも輪の中に入っていたいですし
チヤホヤされるのが当たり前
と思っていますから、アピールしまくります(笑)

このアピールが若干しつこいんですね(^_^;)

我慢が苦手なので、思い通りにならないと
怒ってしまうことも。。。

悪いわがまま犬にしないための対策

わがまま犬は全て悪いわけじゃありません。

愛情深い犬ですので、わたしたちにとって
とてもかわいいですし、癒やしをくれる存在
になってくれるタイプです。

ですが、しつける方向を間違えてしまうと
とんでもなく自己中心的な犬になってしまいます。

素直でいつまでも愛されるかわいい子
にしてあげるのはあなた次第(`・д・´)

それでは対策を見てみましょう。

 

まず、わがままをエスカレートさせないために
何でも要求を聞いてあげるのはやめましょう。

ただ要求を聞いてあげるのではなく
あなたに従うといいことがある
ということを教えていきます。

「抱っこして~」と要求してきたら、
一度「オスワリ!」と号令を出し
いうことを聞けたらご褒美として
抱っこするようにします。

この時は、あなたも笑顔で
言葉に出して褒めながら
抱っこしてあげてくださいね(^^)

こうすることで、
無条件に要求を聞いて甘やかせるのではなく
あなた主導で愛犬の望みを叶えてあげることができます。

すると、あなたの号令に従うと
嬉しい事があると愛犬が学習できるんですね♪

 

「この世は私の思い通りになるわ~」

なんて勘違いさせてしまうと、
手の付けられないようなタカビー女
みたいになっちゃいますからね(^_^;)

次回、わがまま犬と暮らす時のポイントを
もっと細かくご紹介していきます♪

「愛されるために」

「あなたに注目してもらうために」

「あなたを独占するために」

とても賢いわがまま犬ですから
いろいろ手を変え品を変えあなたにアピールしてきます。

どんなところに注意したらいいのか
ご紹介しますからご期待くださいね(^^)
 

  ☆☆耳より情報!!☆☆

 愛犬のしつけ成功の秘訣を大公開!!
 こちらからメルマガに登録していただいた方限定で
 当サイトで公開していないマル秘テクニックを
 無料でお教えいたします♪


 くわしくはここをクリック


sponsord link

sponsord link


メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

maeasi

犬の気持ち | 前足を上げるしぐさはどんな意味がある?

  あなたと愛犬の絆が深まるようしぐさから気持ちを探ってみましょう(^^) 愛

記事を読む

ooraka

愛犬のおとなしさを性格診断!どんなタイプのおとなしさ?

おとなしい性格のワンちゃんを性格診断しましょう。 やんちゃやわがままなのも困るけど、おとなしす

記事を読む

9a0449f69dcca8131d0004da5602f54a_s

犬のしつけ方法が間違えてた!正しくしつけ直すには?

犬があなたの言うことを聞かない場合は、犬のしつけ方法が間違えている可能性が大です。 犬のしつけ

記事を読む

kagukazi

犬の気持ち | 家具をかじるのはなぜ?防止法は?

  カジカジカジカジ・・・ 「ん?なんかおとなしいな……キャー!!」 愛

記事を読む

tatouaisyou

犬を多頭飼いする時に相性をよくさせる方法!

すでに犬を1頭かっているけど もう一頭増やしたいと思うことがあります。 「先に飼っていた子(

記事を読む

kodomonakayosi

愛犬が子供嫌い!?子供と仲良くさせた方がいい?

どうやら、うちの愛犬は子供が嫌いみたい・・・ お散歩中に子供が寄ってくるととても怖がったり、威

記事を読む

otitukisugiru

おとなしくてテンションの低い落ち着きすぎる愛犬の育て方は?

おとなしい性格の中でも、テンションが低いタイプの育て方をご紹介します。 なんでもすぐあきらめて

記事を読む

nameru

愛犬が自分の体や足をなめる意味は?ほっておいていい?

自分の体や足などをペロペロなめている。 これは毛や皮膚を掃除するグルーミングという作業です。

記事を読む

hananameru

犬が鼻をなめるのはどんな時?鼻の表情から気持ちを読もう!

鼻をなめたり、鼻をぴくぴくさせたり、相手を鼻で突っついたり・・・ これらの愛犬の行動にはどんな

記事を読む

gohoubi

愛犬のしつけやトレーニングのご褒美は何がいい?

愛犬のしつけやトレーニングにご褒美を使っていますよね? 愛犬にとってご褒美ってどんなものが最適

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly


472e70c8807658b1217eb8e798c32d9d_s
犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

ed7162d2b7583bc6852912bf5ed143ab_s
犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

94bce5fe280f8807384ca727a711206c_s
犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

0a46a06641ec561be444b9666444d008_s
犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑