ドッグランのマナーは?ドッグラン以外で走らせてあげる方法!

う存分ノーリードで走らせてあげたい!

そのような場合はドッグランの利用を考えると思います。

ドッグランを利用するときに覚えておきたいマナーと

ドッグラン以外でおもいっきり走らせて上げる方法をご紹介します。

dogrun
「・・あれ!?道・・道ってそこまでだったのね(T_T)」(笑)

ドッグランに連れて行きたい・・?

豊富な運動量が必要な犬種や
若くて元気いっぱい走り回りたいワンちゃんなど
愛犬の様子を見ていると、ノーリードで
おもいっきり走らせてあげたいと思いますよね(^^)

そんな時思いつくのはドッグランだと思います。

ドッグランなら愛犬の思うように走り回らせてあげられる・・・

いつも運動不足を心配しているあなたにとって
自由に走ったり、犬同士で遊んだりできる
ドッグランに連れて行きたいと思うと思います。

ここ数年、全国でドッグランがとても増えました。

犬関連施設はもちろんのこと
観光地や高速道路のサービスエリアにも
続々と作られているのは嬉しい事です(^^)

このように、愛犬家がみんな使用できる
ドッグランはありがたい場所ではあるんですが
だれでも自由に使えるためトラブルも発生しやすいんです。

ドッグランを使用するにあたって、
トラブルを起こさないで遊ぶためにも
注意しておきたいことやマナーについて
ご紹介しておきます。

ドッグランでの注意

たいていのドッグランでは、どんな犬も
自由に利用できるため、いくつかの問題があります。

公衆衛生上の問題

伝染病の問題

犬同士の喧嘩

飼い主同士のトラブル

が考えられます。

みんなが楽しくドッグランを使えるよう
それぞれの注意点を見ていきましょう。

公衆衛生上の問題と伝染病

広い場所で走り回っている間に
おしっこやウンチをしてしまうことも考えられます。

まず、あなたは愛犬から目を離さず、
もしウンチをしているところを見かけたら
急いで排泄物を処理しましょう。

そしてもちろん、伝染病の予防接種
受けておくことが必要になります。

犬の伝染病はたくさんの犬が集まるところで
広がることが多いんですね。

もちろん、ノミ・ダニなどはもちろん
寄生虫の駆除もしっかりしておきましょう。

犬同士の喧嘩

どうしてもたくさんの犬がいると
相性の良い相手ばかりではない
事が考えられます。

犬社会では、おたがいに上下の位置が
しっかりすればそれ以上の喧嘩にはならないんですが
中には社会性が欠如した犬もいるかもしれません。

大きな喧嘩になりそうだったり、
あまりに社交的じゃない犬がいる時は
そこで遊ぶのはケガのもとになりますし
少しドッグランから出て様子を見ていたほうが
いいかもしれません。

反対に、あなたの愛犬も
あまり社交的じゃなくて
ほかの犬に吠えてしまったり
うなり声をあげて戦闘態勢に入りやすかったら
ドッグランで遊ぶのは控えたほうがいいです。

あと、ドッグランの中でおやつやおもちゃを使うのも
やめておきましょう。

他の犬が反応してしまって
思わぬ喧嘩の原因になります。

飼い主同士のトラブル

おたがいにマナーがちゃんとしていて
犬も社交的であればあまりトラブルになりませんが
一つだけ絶対にしてはいけないことがあります。

それは、ヒート(発情中)しているメス犬を連れて行くこと!

ヒート中のメスが出しているフェロモンは
普段飼い主の言うことを聞くどんないい子でも
オスであれば理性がなくなってしまうほど強力なものです。

この場合、追い掛け回されることはもちろん
最悪の場合は交尾をしてしまうこともあります。

これは犬の本能ですから、犬が悪いんじゃないんですね。

 

あと、ドッグランに来たんだからといって
いきなりリードを外すのもダメです。

広いところでたくさんの犬がいますから
あなたの愛犬もとても興奮しています。
まずはリードを付けた状態で、
周りの犬に挨拶をする様子を観察して
興奮がおさまったのを確認してから
リードを外してください。

マナーのまとめ

ドッグランの注意でご紹介した
マナーをまとめておきます。

[important]①予防接種をしておく。

②愛犬の排泄処理は早くする。

③ノミ・ダニの寄生虫駆除もしておく。

④社交的な性格かどうか見極める。

⑤すぐにリードをはずさない

⑥おもちゃやおやつはあげない

⑦ヒート中の子は連れて行かない[/important]

ドッグラン以外で走らせる方法

「色々考えると、ドッグランに連れて行きたくないな」

と思いこともあるでしょう。
そんな時は、犬の訓練所を利用するという手もあります。

訓練所によっては、訓練スペースを
時間で貸してくれるところもあります。

アジリティの訓練ができるところだと
アジリティのグランドを貸してくれたり
予防接種の証明書の提示を義務付けてあるなど
安全で管理も行き届いています。

愛犬だけを思いっきり走らせてあげられますし、
飼い主同士のトラブルもありませんから
こういうところを利用するのも一つの方法だ
と覚えておいてもらうといいかもしれません(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です