犬の歯磨きで多い勘違いは?歯石になると?

間と同じように必要な犬の歯磨き。

「え!犬も歯磨きするの??」とびっくりする飼い主さんもいます。

また、犬の歯磨きについて多く勘違いされていることも?!

犬の歯と、健康についてご紹介します♪

hamigaki

この記事にかかれている内容は…

よくある犬の歯磨き勘違いとは?

「うちの子はドライフードをあげているから
歯磨きはしなくていいんでしょ??」

これはよくある勘違いになりますが
ドライフードをあげているからといって
歯は綺麗というわけではありません!

 

確かに、手作り食やウェットタイプのフードに比べて
歯垢がたまりにくいということはありますが
それでも日々歯垢はたまってしまうんですね(^_^;)

 

人間は歯を磨かないと虫歯になって痛みがあったり
歯周病の原因になったりしますよね?

それに比べると、犬は虫歯になることは少ないです。
でも、歯周病の原因になるのは人間と同じなんです。

 

ドライフードでも歯垢はたまっていきます。
これを放置していると、歯と歯茎の間に
意志のように硬くこびりついてしまいます。

これが歯石なんですが、この歯石になってしまうと
歯ブラシではとることができないやっかいなもの
になってしまうんです。

 

それでも歯石を取らないといけない場合
どうすると思いますか?

 

 

動物病院で犬に麻酔をかけて処置
をしてもらうようになるんです!

ですから、まだ歯ブラシでとれるような
歯垢の状態で歯磨きをしてケアすることが
愛犬への愛情のこもった健康管理といえるんですね(^^)

犬と歯周病

さて、人間では歯磨き粉のコマーシャルなどで
歯周病が健康に影響を及ぼす話をしていますよね。

 

虫歯ができにくい犬が歯周病になったら
どんな影響があるんでしょうか?

 

 

昔は犬の歯に殆どの人が無関心でしたが
最近は獣医学が大変進歩してきましたから
色々なことがわかってきました。

 

犬の歯周病は

心臓疾患など様々な深刻な病気と関係が深い

そうです!

ですから、犬の歯磨きについて注目されてきましたし
熱心に歯磨き指導をする獣医師も増えているんですね。

 

若いうちに歯磨きの癖をつけておかないと
老犬になってからは大変です。

第一、犬が抵抗しますからね(^_^;)

でも、老犬になった頃に歯周病にかかっていることが
判明されるケースは多いそうです。

 

先ほど、歯石の取り方をご紹介しましたが
覚えていますか?

 

 

そう!

犬に麻酔をかけて処置をするんでしたよね?

老犬になるとすでに持病を持っているとか
心臓に負担がかかるとか、病気が悪化するなど
麻酔をかけて治療できないケースが増えてきます。

 

脅かすようなことを言うようですが
歯周病を放置しておくとほかの健康被害もありますが
悪臭がスゴイことになってくるんです。。。

今までかわいがってきた愛犬なのに
近くに行くだけですごいニオイで
これまでのように愛情を注げなくなってしまう・・・

そんな事態にもなってしまいます。

 

ですから、まだ若いうちに歯磨きをして
歯石になったり歯周病にならないように
クセをつけてあげることが大切といえるでしょう(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です