犬の飼い方!毎日すべき手入れってなに?どんなケアをすればいいの?

【この記事の所要時間:約 4 分】

飼い方で毎日すべきお手入れについてご紹介します。

愛犬の健康と美容を保つためにも大切なお手入れ。

でも、具体的に何をしたらいいのか?毎日しないといけないケアって?

など、今さら聞けない愛犬のお手入れについてみていきたいと思います。

oteire
これもお手入れ~www美しくなるために頑張ってる~(笑)

犬の飼い方で自信がない人必見!

愛犬の美容と健康を守るのに
欠かせないのがお手入れです。

でも犬の飼い方の本などを見ていると
たくさんお手入れの仕方が載っているけど
実際に毎日すべきなのかが
いまいちわからないということがありますよね(^^;)

また、犬の飼い方の本に書かれている
すべてのケアを毎日やっていたら、
時間も労力もかなり大変になってしまうでしょう。

ですから、今回は犬の飼い方の中でも
「毎日すべきケアは?」
「このケアはどれくらいに頻度でやるの?」
といった、愛犬のお手入れについてみていきたいと思います。

この手入れは毎日やらないといけない
とわかると、わたしたちもそうですが
愛犬も習慣になります。

習慣になってくれることで
そのお手入れがスムーズにしやすくなる
というメリットもあるんですね(^^)

また、毎日続けることで
愛犬の小さな変化にも気づけるようになります。

それではさっそく、お手入れについて
毎日するものと、たまにでいいもの
を区別していきましょうΣb( `・ω・´)グッ

毎日するべきお手入れは?

数あるお手入れの中で、
少なくても毎日しないといけないのは

散歩後の足ふき

歯磨き

ブラッシング

この3つです。

散歩後の足ふきについては
室内環境を清潔に保つためですし
普通に行っていることだと思います。

 

歯磨きはやはり一日に一度は
行ったほうがいいです。

犬は歯石になりやすいですし
歯の病気(歯周病)にもなってしまいます。

歯周病になると口臭がひどいので
愛犬に近づいただけで臭いこともあり
最悪、愛情が覚めてしまう危険もあるんですね(´・ω・`)

歯磨きを嫌がるワンちゃんも多いので
歯磨きすることが大変かもしれませんが
これも毎日やった方がよいお手入れです。

 

ブラッシングは、被毛の汚れや
毛玉を除去して、毛のツヤも出るので
毎日行ってください。

ブラッシングをすることで、
抜け毛(ムダ毛)を取り除くこともでき
皮膚へのマッサージ効果もあります。

また、ブラッシングで触れ合うので
皮膚病や体の異常、肥満具合など
愛犬の健康に欠かせない情報も得られます。

病気を早期発見することにもつながりますね(^^)

毎日しなくてもいいお手入れは?

毎日しないといけないお手入れのほかの
お手入れとその頻度を見てみます。

まず、頻度的に多く行わないでもよい順番で見ると

  • 肛門腺絞り
  • シャンプー
  • ムダ毛の処理(トイプードルは除く)
  • 耳掃除と爪切り

となっています。

SPONSERD LINK

<肛門腺絞り>

これは月に一回でいいです。

しかし、犬種や個体差があるので
分泌物の貯まる速度が違うことも考えられます。

たまっていたら(たまりやすい子なら)
月に一回だけではなく
肛門腺絞りをしてあげてください。

<シャンプー>

愛犬のシャンプーの仕方でもご紹介していますが
月に二回ほどシャンプーをします。

できれば、あなたの手で
シャンプーをしてあげたほうが
スキンシップにもなりますし、
体調の変化もわかりやすいです。

毛質や皮膚の状態もありますから
様子を見ながらお手入れをしてあげてください。

<ムダ毛の処理>

ムダ毛の処理は月に2回くらいが目安です。

毛の伸びる速さは犬種によって異なりますから
愛犬に合わせて調節してください。

トイプードルのように毛が早く伸びる犬種は
もう少し頻度が多くなるでしょう。

足の裏の肉球まわりの毛が長くなると
フローリングで滑りやすくなるため
店頭で怪我をしたり、股関節に負担をかけます。

<耳掃除>

耳の掃除は週に1回くらいが目安です。

垂れ耳の犬種は耳の中が蒸れやすく
筋が繁殖しやすいため週に一回ではなく
こまめに様子を見てお手入れが必要になります。

<爪切り>

爪切りは週に一回が目安です。

でもやすりは3日に一度くらい
かけてあげたほうがいいかもしれません。

もし、フローリングの上を歩いていて
カチカチと詰めの音がしたら伸びすぎです!

 

いかがでしたか?

あなたはお手入れの頻度、
適切に行えていたでしょうか?

毎日お手入れすることと
数日に1度のお手入れでよいことが
わかりましたね(^^)

あなたの愛犬が健康的に生活するためにも
お手入れの参考になれば幸いです♪

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬が音に怖がらないようにしつける方法

急に音にびっくりしてパニックになってしまうワンちゃん。 人間社会では当たり前の音なのに、どうし

記事を読む

愛犬に甘えるペット依存症にならないためには?

犬を飼ったら、その子を可愛がり愛情を持って接しますよね(^^) よその犬を見ても「うちの子が一

記事を読む

犬を飼う費用は?月、年間、生涯でどれくらいかかる?

少子化や高齢化が進む中、子どもや高齢者にとって 精神的な成長や心の癒やしを助けてくれる

記事を読む

ドッグフードは安全なの?

ずっとドッグフードを食べさせていますが、 昨今では人間の食べ物でも食品偽装があります。

記事を読む

先住犬との相性は?多頭飼いするときに注意すること

「もう一匹新しく犬を飼おうかな♪」 前から飼っている犬(先住犬)がいる家庭でもう一匹犬を増やす

記事を読む

犬種の選び方~活動的・おとなしい人にはこの犬種

  犬種を選ぶ際に人間のタイプに比較的似た特徴を持った犬種を 選ぶことが好まし

記事を読む

犬種の選び方~社交的・きずな重視の人向け犬種

  あなたの愛犬選びのお手伝いをさせてください♪ 人間の性格や行動と、犬の特性

記事を読む

犬の洋服は必要?犬に服を着せるメリットは?

かわいい洋服やおしゃれな洋服。 愛犬用の洋服ってたくさん種類がありますよね♪ でも「

記事を読む

犬のあまがみ対策は?やめさせるしつけ方!

「う~ん・・・けがをする程でもないからなぁ」 愛犬の甘噛みに悩んでいる飼い主さんも多いです。

記事を読む

犬の選び方!飼育環境から飼える犬を選ぼう

一緒に住む愛犬を選ぶ時、まず大切なのが環境です。 あなたの住宅事情を考えてどんな大きさの犬を選

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑