愛犬の健康診断の頻度は?検査項目や検査の流れは?

【この記事の所要時間:約 5 分】

犬の健康のために定期的に病院に連れて行く

犬の健康診断(ドッグドック)はとても大切です。

どれくらいの頻度で連れて行くのか?どんな項目を検査するのか?

愛犬の健康診断の流れをご紹介します♪

kenkousindan
犬「聞いてよ!今日健康診断なんだよぉ・・やだな~(´・ω・`)」
猫「そっかー・・・でも頑張って行ってきてね~」

健康診断の頻度は?

このサイトでも、何度となくおすすめしてきた健康診断。

愛犬の健康を把握するためにも
定期的に受ける健康診断はとても大切です。

健康診断では獣医師による診察を始め
全身のチェックが行われます。

そこでもし異常が発見されたら
もう少し詳しい検査(精密検査)が
行われるようになるんですね(^^)

 

さて、この健康診断を受ける頻度ですが
基本的に、健康なワンちゃんの場合

5~6歳までは、一年に1回

7歳以上は、一年に2回

という回数が理想です。

ただ、持病を持っていたり、
一度大きな病気をしたことがあるなど
健康に不安があるワンちゃんでしたら
7歳前でも一年に2回の健康診断を受けさせる人もいます。

持病があったり健康に不安がある場合は
健康診断じゃなくても、2~3ヶ月に一度くらい
動物病院に連れて行って様子を見てもらうのもいいですね(^^)

健康な状態のワンちゃんを
かかりつけの獣医さんに
見てもらっておくと、
異常の見分けがつきやすい
というメリットがあります。

健康診断の流れは?どんな検査項目がある?

さて、実際に健康診断に連れて行こう!
と思ったとして、どんなふうに受けるのか
が気になってくると思います。

どんな検査項目があるのか?
どんな流れで検査を行うのか?
健康診断の流れを見ていきましょう。

 

検査項目と検査の流れですが、

問診

体重、体温測定

視診、触診、聴診、打診

血液、尿、便の検査

X線検査

心電図検査

腹部エコー検査

検査結果の説明

このような感じで行っていくのが一般的です。
この検査項目については
動物病院ごとで異なるので
予めどんな項目が入っているのか?
確認しておいてください。

この健康診断を受ける前日は
準備があります。

血液検査の値を正確に出すために
前日の夜は食餌を抜きます。

そして、便や尿を持参するように
支持があることもあります。

便は指定容器でとることもありますし
乾燥しないようにアルミホイルに包んで
持参する場合もあります。

尿はなるべく新鮮なものがいいので
当日のものを採取してください。
尿の取り方を参考にしてくださいね♪

検診項目でどんなことがわかる?

それでは、健康診断で検査する
項目を一つづつ見ていきましょう。

問診

普段の生活や病歴をチェックします。

問診票を記入するんですが
そこから食事の量や運動量
日常の過ごし方を確認し
その情報から注意して診察する
ポイントを拾います。

体重、体温測定

その日の体調をチェックします。

体重計と体温計を使って測定。
その日の健康状態と去年を比較し
体調を確認します。

視診、触診、聴診、打診

獣医師の五感で全身をチェックします。

目で見たりさわったりしながら
健康状態を確認していきます。
ここでも、獣医師は今後の検査で
重点的に行うところはないか
ポイントを探っていきます。

血液、尿、便検査

体の機能や感染症をチェックします。

尿や便から体内の状態を把握します。
結石や腎臓病の有無や
腸内細菌や寄生虫の有無がわかります。

X線検査

骨や内臓の状態をチェックします。

X線の機会を使って、体の内部を
画像で確認する検査です。
骨格の異常や内臓の大きさや形
などがわかります。

心電図検査

心臓の異常をチェックします。

心電図の機械を取り付けて検査します。
不整脈などの発見や心臓の異常がわかります。

腹部エコー検査

内臓の大きさや動きをチェックします。

腹部に超音波を当てて内臓の様子を
画像に写して確認します。
超音波ゼリーを塗るため
腹部の毛をそることもあります。

検査結果の説明

検査はだいたい1~2時間位で終わります。
その検査結果を見ながら
獣医から数値の意味や病気の可能性
などの細かい説明を聞きます。
この時、精密検査が必要かどうかや
日常生活の注意点を教えてもらえます。

SPONSERD LINK

最後に

いかがでしたか?

「検査する内容はわかったけど
実際に費用はどれくらいかかるの?」

というところが気になってくるかもしれません。

費用に関してですが、
検査する項目の内容や病院の設備
病院の規模などによって
費用は変わってきます。

これは動物病院によって費用が違う
でご紹介したんですが
動物の医療に関しては
国で値段などが決められていません。

ですから、事前にその動物病院で
費用を確認する必要があります。

ちなみに、5キロ未満の小型犬で
5万円というところもあれば
問診、触診、検尿と検便だけで
5,000円というところもあるので
どのような検査をするのかも
検討する必要がありますね。

ホームページなどで料金を提示
している病院もありますので
チェックしてみてください。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の風邪の症状と対策法!【完全版】人間にうつるの?

犬の風邪って人間の風邪と同じような症状なの? 風邪みたいだけど…もしかしたら怖い病気ってことはある

記事を読む

愛犬にあげたいサプリメントは?関節、心臓などに効くサプリ!

わたしたち人間と同じく、サプリメントは食品に分類されています。 薬と違って厳しい規制がないので

記事を読む

愛犬へ手作り食をあげるメリットは?カルシウムを不足させない方法

あなたの愛犬はドライフードですか? 獣医さんの中にはドライフードを推奨する方もいますが・・・

記事を読む

犬の夏バテ対策は?【保存版】暑い時のケア~症状と対処法!

犬はどうして厚さが苦手で夏バテしやすいんでしょうか? 犬の夏バテの原因や熱中症との違い、夏バテにな

記事を読む

愛犬のワクチンの回数は?1年に1回じゃ多い!?

いくつかの感染症から愛犬を守るワクチン接種。 どれくらいの回数行えばいいのでしょうか?

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

犬のがん(腫瘍)の原因は?治療法のメリット・デメリット

私達人間の死亡原因でもトップを占める癌(がん)ですが じつは犬の病気による死因のトップも「がん

記事を読む

犬はキャットフードが大好物!?あげてもいい?

犬と猫を多頭飼いしている場合などで 愛犬が猫のご飯であるキャットフードを食べたがったりします。

記事を読む

愛犬の健康を守る代替療法で治癒力を高めよう!

今回は日本で行われている主な代替療法についてご紹介します。 代替療法にはどんな種類があるか?メ

記事を読む

愛犬の健康管理!気をつけたい季節に合わせた病気対策は?

愛犬の健康をまもるのは飼い主であるあなたです。 毎日の健康チェックに加えて、季節ごとの健康管理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑