犬がコマンドを聞かない理由は?しつけの際の注意点

【この記事の所要時間:約 4 分】

てやおすわり、伏せなどのコマンドを教えているのに

いうことを聞いてくれないと困っていませんか?

わたしたちはちゃんとしつけをしたら、犬はいつでもコマンドを聞くものだと思っています。

わたしたちの号令は絶対なんでしょうか?

ote
「えっ!おすわりってコレでしょ?えっ!違うの?!」(笑)

コマンドを聞かない理由は?

前回、待てやおすわり、伏せなどが
できない理由についてご紹介しました。

それは、

覚えられていない

わかっているけどやりたくない

の2種類の理由がありました。

今回は、わかっているけどやりたくない
のではなく、犬の習性を理解して、
コマンドを聞かない理由を見ていきたいと思います。

 

わたしたちがコマンドを言う時は
わたしたちの都合によるものですよね?

今、おすわりをしていてほしいから
「おすわり」と号令をかけると思います。

でも、愛犬の方にしたら
愛犬なりの理由があって
コマンドが聞けない状態の時があります。

 

たとえば、

ヒート中のメス犬がそばを通った時は
オス犬であれば頭のなかは
そのフェロモンの臭いのことでいっぱいになります。

また、たとえば猫が目の前を通ったら
追いかけたい衝動で頭がいっぱいになります。

また、ボールがコロコロと転がっていたら
拾いに行きたいという気持ちでいっぱいになります。

また、たくさんの犬がいるところに行ったら
興奮して頭がいっぱいになります。

また、急に大きな雷がなったら
恐怖心でパニックになってしまいます。

これらはほんの一例なんですが
このように愛犬がほかのことで
頭がいっぱいになってしまう状況って
結構たくさんあるんですね。

犬には大昔からの習性があり、
犬種ごとにも作られた目的から
特徴や特性があります。

どんなにしっかりしつけをして
訓練をした犬であったとしても
本能や習性というのは消すことができません。

号令をかけてはいけない時がある?

犬は頭がいっぱいになっている時は
わたしたちの号令やコマンドを聞ける
余裕がありません。

でも、わたしたちはどんな状況であっても
愛犬には号令に従って欲しいと思っています。

ここに、わたしたちと愛犬の間に
ちょっとしたギャップがあるのは覚えておきましょう。

愛犬が本能や習性に基づく行動
をしている時は号令をかけても
聞けないかもしれません。

もしも、いつでも号令に従って欲しい
と思うのならば、愛犬にいろいろな体験をさせ
多くの状況に慣れさせてあげる必要があります。

犬は一度では覚えることができないので
少し面倒でも、何度もあらゆる状況に慣れるよう
トレーニングをしてあげるようにしてください。

 

ただ、このようなトレーニングをしていても
本能の強い欲求があったり
多くのストレスがたまっているときなどは
号令を出しても聞けないこともあるでしょう。

犬はロボットではありませんからね(^_^;)

わたしたちの号令やコマンドは
絶対ではないということを
理解しておかないといけません。

SPONSERD LINK

最後に

警察犬の訓練では
試験の中で、待てをした状態で
目の前を猫に歩かせるというものがあります。

それでも、犬が猫を追わないで
待ての姿勢を保っていないといけないんですが
これは何度も何度も訓練されたものです。

最初からできるものではありません。

プロの訓練士が訓練した犬でも
これに合格できない子もいるわけです。

わたしたちはプロではないですよね(^_^;)

ですから、いくら賢い子でも
いつでもちゃんと号令を聞くはず
とは思わないでいましょう。

そうじゃないと、あなたも腹が立ちますし
あなたが怒りながら号令をかけていると
その号令が嫌なものとして、愛犬にインプットされます。

そうなると余計号令を聞かない子に
なってしまいますからね。

愛犬の状況を的確に判断し
愛犬をコントロールしてあげられるように
わたしたちも気をつけていきましょう(^^)

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の気持ち | しつけはストレスにならないか?

「しつけ」というと、人間のかってを犬に押し付け 犬にとってはストレスになるんじゃないか?

記事を読む

愛犬が室内でマーキングをする!原因と対処法は?

マーキングといえばお散歩中に電柱などへおしっこをかける行動です。 でもそのマーキングを室内でし

記事を読む

おとなしい犬は飼いやすい犬?育て方次第でこんな犬に!

おとなしい犬なら飼いやすいと思いがちです。 でも、おとなしい犬にも2つのタイプがあるんです。

記事を読む

興奮しやすい愛犬をいい子にした実例!その方法とは?

どうも興奮しやすくてやんちゃで困ってしまう(´・ω・`) そんな愛犬を聞き分けのいい子にした実

記事を読む

おとなしくてテンションの低い落ち着きすぎる愛犬の育て方は?

おとなしい性格の中でも、テンションが低いタイプの育て方をご紹介します。 なんでもすぐあきらめて

記事を読む

テンションの低い愛犬をおっとり犬にする方法は?

いつも寝てばかりのテンションの低い愛犬。 もう少し元気になって欲しいけどおとなしい所はそのまま

記事を読む

犬の気持ち | 排泄を我慢する?!散歩と排泄のしつけ

  「愛犬の排泄はお散歩をする時」 そんな生活サイクルにしている飼い主さんもい

記事を読む

犬の気持ち | 同じ食事ばかりで飽きないの?

大切な愛犬の食事について疑問に感じることはありませんか? いつも同じドッグフードじゃ飽きるんじ

記事を読む

臆病なおとなしい愛犬との付き合い方は?怖がりな性格対処法

おとなしい性格の中でも、とても臆病な子の育て方をご紹介します。 何もなければとてもおとなしくて

記事を読む

犬の気持ち | 犬は人の言葉がわかるの?

  「ごはんだよ~」と声をかけると、うれしそうな顔で寄ってきます。 その他にも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑