*

愛犬の口臭・出血の原因は?!口腔の癌(がん)や病気について

【この記事の所要時間:約 4 分】

犬の口臭がとても強くて気になる・・・

口臭原因ですぐ考えられるのは口の中の病気ですよね?

歯磨きはちゃんとして、歯周病のケアはしているのに

口臭が強くなったら・・・腫瘍ができている可能性もあります。

kutigan
「ほら!見て見て!見やすいで・・・・あ、あごがはずれる(>_<)」(笑)

口臭の原因になる口の腫瘍

愛犬の口から口臭がする場合は
口の中の病気にかかっている可能性が高いです。

口の中の病気というと、
歯周病などの歯の病気と
口内炎などの口腔の病気、
そして腫瘍などの癌(がん)です。

歯周病や虫歯などの歯の病気は
歯磨きで対策をしないといけないこと
なので、今回は外して考えますね。

 

口臭の原因になる口腔の病気というと

口内炎(こうないえん)

舌炎(ぜつえん)

口唇炎(こうしんえん)

口腔の腫瘍

が考えられます。
まず、腫瘍以外の病気について
原因と症状を見ていきましょう。

口内炎の原因と症状

口内炎は口の中にできる炎症の総称です。

原因は細菌による感染や体の病気など
さまざまです。
糖尿病やビタミンの欠乏などが
口内炎の原因になる場合もあります。

主な症状はよだれや悪臭、
食欲不振などがあります。

口を開けて確認してみると
赤い発疹や白い水疱など
タイプはありますが炎症している箇所があります。

舌炎の原因と症状

舌に炎症性のできものが現れます。

原因は異物の刺激や細菌による感染で
舌に赤や白の炎症が起こります。

主な症状はよだれや口臭ですが
痛みがあるため、食べ方が変わったり
口の周りを足でひっかいたりするしぐさをします。

口唇炎の原因と症状

唇の炎症でシェパードによく見られます。
また、コッカー・スパニエルやバグ
狆など下唇が垂れ下がった犬種は
歳を取ると炎症が起こりやすくなります。

原因は異物の刺激や細菌の感染などで
アレルギーなども原因となります。

主な症状は唇のひび割れや
ただれで、口臭もひどくなります。
痛みがありますので唇をひっかく
仕草が見られるようになります。

こわい口腔の腫瘍

ご紹介してきたのは口周りや
口の中にできる炎症ですので
抗炎症薬などを使うことで
症状がおさまっていきます。

でも、やはりこわいのが口腔の腫瘍。

歯茎や舌、口腔の上部などに
しこりができてしまうのが腫瘍です。

若いうちだと多くは良性なんですって♪

ただ、高齢になるほど悪性の腫瘍に
なりますし、口の癌は転移する危険性が
高いという怖い部分があります。

ここで、口の中にできる腫瘍には
どんなものがあるのかを見ておこうと思います。

悪性黒色腫(悪性)

色素に関わる細胞が腫瘍化したものです。

口腔の粘膜や舌に黒いしこり(かたまり)
がある場合は要注意で、
悪性黒色腫は皮膚がんの1つなんですね。

口の中にできるものは悪性度が高い
という特徴があり、急速に大きくなります。

転移するのも早いので、口の中に
黒いものを見つけたら直ぐに動物病院に連れて行きましょう。

線維肉腫(悪性)

歯茎の部分にできる腫瘍です。

こぶのように盛り上がった形をしていますが
これもとてもハイスピードで
大きくなっていきます。
1ヶ月で2倍の早さなんですって(゜o゜;

線維肉腫の場合は口腔のがんといっても
他の臓器に転移する危険性は
それほど高くはないそうですが
やはり、早く動物病院で受診する必要があります。

エプリス(良性)

線維肉腫と同じように歯茎にできます。

こちらは良性で、大きくなるスピードが
ゆっくりなんですね。

でも、スピードを点検しているよりも
やはり発見したら早く動物病院で
検査を行ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

最後に

口臭の原因になる口腔の病気を
みてきました。

このように、口臭がきつくなったり
悪臭がするということは、
何らかの病気にかかっている可能性が
大きいということです。

口臭をおさえるグッズも売っていますが
まずは口臭の原因が、病気や腫瘍に
よるものではないということを確認しましょう。

犬は大きく口を開けることが多いので
比較的しこりや炎症などの異常を
発見しやすいと言えます。

愛犬の口の中もしっかり見て
常日頃から点検してあげるようにしてください。

 

ここでちょっと怖い話なんですが・・・

口腔にできる癌は、転移する危険が高い
ということをご紹介しましたが、
発見したらほかへの転移を避けるため
あごの骨を含めて大きく切除するんですね。

これはできた部位や大きさにもよりますが
口腔の癌は大きくなるスピードも早いです。

ですから、小さいうちに発見する。
発見したら早く動物病院に連れて行く。
という早期発見・早期治療をしないと
とても危険な腫瘍です。

毎日のチェックが肝心になりますから
口の中、隅々まで確認するようにしてください。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

愛犬を動物病院に連れて行く時、持っていく物と伝えるべきこと

犬を動物病院で診察してもらう時に持っていくものと 最低限伝えるべきことをご紹介します。

記事を読む

食べ物を飛ばすように吐くのは?犬の食道拡張や詰まる病気

食べ物を飛ばすように吐く病気は危険!? 犬の食道が拡張(肥大)したり、詰まったりする病気をご紹

記事を読む

犬の鼻(鼻腔)と肝臓など腹腔にできる癌の症状は?

犬にできる癌(腫瘍)についてご紹介します。 癌はいろいろな場所にできてしまいますが、その中でも

記事を読む

犬の去勢・避妊のメリット!唯一予防できる癌(がん)について

癌(がん)は体のあらゆるところにできます。 愛犬の健康を維持してあげたいですから 毎日運動や

記事を読む

犬の目(眼球)の病気 | 白内障、緑内障、ブドウ膜炎ほか

犬の目のうち、眼球の病気についてご紹介します。 眼球の病気というと白内障、緑内障、ブドウ膜炎、

記事を読む

犬の食欲不振の原因は?嘔吐したけど病気?

どうも最近食欲が無いとか、急に嘔吐すると心配になりますよね(´・ω・`) その食欲不振の原因は

記事を読む

犬の咳の原因は?どんな病気?咳の種類別対処法!

犬が咳をしているけど、風邪かな?と軽く見過ごしていませんか? その咳の原因はもしかしたら病気が

記事を読む

愛犬が突然攻撃的になった!襲うようになった理由は?

愛犬が突然、他の動物や人間に対して激しく攻撃的になった場合 たぶんあなたはものすごくびっくりす

記事を読む

子犬の病気は?下痢、咳で死の危険?!注意したい病気と症状

小型や中型犬では8ヶ月、大型犬で12ヶ月になるとようやく成犬になります。 子犬は未発達なため体

記事を読む

犬がよだれを出す原因は?大量に出るけど病気?

いつもよだれを出しているけどどうして? よだれを出しているのには原因があります。 また、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑