犬のマイクロチップのメリットと価格は?義務化への賛否意見!

【この記事の所要時間:約 14 分】

のマイクロチップとは?メリットやデメリットが知りたい!費用は?

などなど犬へのマイクロチップの入れる場所や、入れ方から登録、年齢、安全性、痛み…etc

これを読んでもらえば犬のマイクロチップに関してかなり理解が深まるようご紹介しています!

愛犬にマイクロチップを入れようかご検討をされている方はぜひご覧になってみてください(^^)

犬の識別判定「マイクロチップ」とは?

まず、マイクロチップについてどんなものかご紹介します。

micro1
大きさは長さ約12mm、直径約2.1mm
上の画像は極細の油性ペンの先と
比較できるようになっています。

米粒を2つ並べたほどの大きさとも言えます。

それを、インジェクターという注射器のようなもの
で犬に埋め込みます。
micro2
上の画像がインジェクターですね。

micro3
このような読み取り装置(リーダー)で
マイクロチップの情報を読み取れるようになっています。

このマイクロチップの中に15桁の
その犬だけの数字が記入されているICが
入っています。

そしてあなたが動物ID普及推進会議(AIPO)
のデータベースに

  • 飼い主の名前
  • 住所
  • 連絡先
  • ペットの情報

などの必要情報を登録するような形になっています。
※これについてはあとで詳しくご紹介します。

まずはマイクロチップというのが
どんなものかをご紹介しました。

日本では動物愛護管理法で
ペットを飼う場合にはそのペットが
自分の所有であることを明らかにする必要があるとされています。

動物愛護管理法 第一節 総則の第七条
6 動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置として環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない。

これを満たすために、飼い主は
首輪に名札や迷子札をつけていると思います。

例えば、愛犬と一緒に旅行に行き
急にパニックを起こして犬が逃げ出したとか
ヒート中のメス犬の臭いを嗅いで
興奮した愛犬が脱走してしまったとか…

このように、想定できない状況で
犬があなたの元からいなくなった場合
犬が誰のものだかわからないと
あなたに連絡の取りようがありませんので
保健所に連れて行かれる可能性が高くなります。

ですから名札や迷子札が絶対に必要なわけですが…

首輪が切れてしまったなどで
名札や迷子札がなくなる恐れもあります。

また、愛犬を外で飼っていて盗まれたとか
買い物で待たせておいた間に
誰かに連れて行かれた場合には
盗んだ人が名札や迷子札を
着け変えてしまったら自分の愛犬だと
証明できないことも考えられます。

犬にマイクロチップを入れておけば
確実に自分の犬だと証明することができるので
動物愛護管理法を管理する環境省では
マイクロチップを推奨していますし
賛否両論はありますが義務化も視野に入れているんですね。

愛犬を識別する方法というと
お住まいの役所に届け出て登録し
鑑札をもらうのが一般的でした。

今でも、その方法が多いんですが、
でも数年前に比べるとすごい勢いで
マイクロチップが普及してきています。

micro4
これは動物ID普及推進会議(AIPO)のデータですが
犬、猫、その他あわせて45万頭が
マイクロチップの登録をしているようです。

犬にマイクロチップを入れるメリット・デメリットとは?

先ほどもご紹介したように
マイクロチップのメリットというのは
確実に自分の愛犬だと証明できることが
一番大きなメリットになります。

日本は地震が多い国です。
災害時などは首輪だって外れてしまうかもしれません。

やはり東日本大震災の時は
マイクロチップを入れてあった子は
早く飼い主さんのところに帰ることができたそうです。

天災はいつ起こるかわかりませんからね・・・

環境省の調査によると、マイクロチップに対し
58%が施術に賛成をしています。

その賛成の意見を見てみると

1位 飼い主の責任がはっきりするから

2位 迷子や事故にあった時、飼い主の発見に役立つから

3位 盗難にあった時飼い主の証明になるから

4位 名札のように脱落したり書き換えたりできないから

という、やはりメリットがあると
考えている意見になっています。

SPONSERD LINK

逆に、反対意見ですが、
犬にマイクロチップを入れることに
デメリットがあると感じる方の意見として

1位 埋め込みが痛そうでかわいそうだから

2位 動物の健康に悪そうだから

3位 名札や鑑札をしっかりつければ問題ないから

4位 費用が高そうだから

5位 マイクロチップの信頼性が低いから

とこのような意見になっているようです。

資料:環境省www.env.go.jp/council/14animal/y143-19/mat05.pdf

デメリットと考える意見からは
犬の苦痛やマイクロチップの安全性
健康被害があるのでは?といった
愛犬を心配しての意見だということが分かります。

犬のマイクロチップは安全?Q&A集!

昨今は急増しているとはいえ
まだまだマイクロチップに関して
ちょっとよくわからないと思われている方が多いようです。

なので、マイクロチップQ&Aとして

  • マイクロチップの歴史
  • マイクロチップの安全性
  • マイクロチップを装着する場所
  • マイクロチップの費用
  • マイクロチップのメーカー
  • マイクロチップの登録は?(注意点あり)
  • 一度登録した情報は変更できるか
  • 犬が何歳から装着することができるか
  • 犬のどこに装着するか
  • 犬にマイクロチップを入れる時に痛くないか
  • 犬への健康被害はないか

を1つ1つご紹介していきますΣb( `・ω・´)

マイクロチップの歴史

日本で最初に動物用のマイクロチップを
販売したのは1997年、
デジタルエンジェル社のライフチップでした。

その後2004年に輸出入検疫規則が改正され
日本に動物を輸入する場合は
マイクロチップの埋め込みが義務化されました。

2006年に環境省の動物愛護管理法で
マイクロチップを推奨されるようになり
それまで民間ベースでのデータ管理から
全国一律の方法でデータが管理されるようになりました。

全国の動物保護センターや保健所
動物病院などにリーダーが配備されています。

迷子犬などはリーダーをかざして
マイクロチップを読み取れたら
AIPOなどの登録を参照して
飼い主であるあなたに連絡がいくというシステムになっています。

マイクロチップの安全性

マイクロチップは、生体適合ガラスや
ポリマーで覆われています。

生体適合ガラスというのは、
骨充填の材料や人工歯根として
私たちの医療でも使われているものです。

特徴として

  • 体内に入れても毒性・発がん性がない
  • 生体親和性に優れている
  • 体内に入れても長期間劣化しない

という特性を持っています。

周囲の骨や組織と自然に結合するそうです。

体内での安全性は高い素材が使われているんですね(^^)

そしてマイクロチップは通信機器ですが
レントゲンやCTを撮ることに関しても
問題は無いとのことです。

MRIに関しては一般動物病院の
MRIでは影響はほとんどありませんが
高性能のMRIになると
画像のゆがみが認められましたが
動物の体内における影響は認められず
MRI使用後のマイクロチップ番号の
読み取りにも支障がなかったそうです。
※マイクロチップによる動物個体識別普及推進の手引きのP33安全性より

そして一度埋め込むと
半永久的に使うことができます。

マイクロチップを装着できるところ

マイクロチップはインジェクターという
注射器のようなものを犬に刺すため
獣医療行為になります。

ですので、犬にマイクロチップを
埋め込む場所は動物病院で
獣医師に行ってもらいます。

犬にマイクロチップを埋め込んだだけでは
データベース上に反映されないので
必ずAIPOに登録を行う必要があります。

このAIPOに登録するときに
施術した獣医師が記入する欄があるので
一般の人がマイクロチップを入手して
勝手に埋め込むことはできません。

獣医師から申込用紙を渡されますので
忘れずに申し込みをしてください。

マイクロチップの費用

マイクロチップの埋め込み施術は
医療行為ですので、動物病院によって
施術費用は変わってきます。

多い金額としては3000円~5000円です。

これに麻酔をするとなると
10000円を超える金額になるようです。
※麻酔も局所麻酔と全身麻酔で費用が変わってきます。

何件か動物病院に問い合わせて
費用を聞いておくと、納得する費用で
施術してくれる病院が見つかると思います。

上記の金額は施術費用であって
別でデータベースに登録するための費用が
1000円かかります。(この費用は一律です)

秋の動物愛護習慣になると
無料でマイクロチップを装着してくれる
イベントがあったりしますので
ネットなどでチェックしておくと良いですね(^^)

また地域によりますが、自治体で
マイクロチップ装着の助成金を
補助してくれるところもあるようです。

こちらの補助については
地域の保健所に問い合わせると
教えてくれますのでチェックしてみてください。

マイクロチップのメーカー

現在、日本でISO規格で準拠している
マイクロチップの製品は4製品(4メーカー)あります。
※ISO規格:11784/動物用電子識別コード体系と11785/動物用電子識別技術要件

  • ライフチップ : デジタルエンジェル社(アメリカ)
  • アイディール : データマース社(スイス)
  • AVIDマイクロチップⅡ : アビッド社(アメリカ)
  • AGEトロンID-162 : トローバン社(アメリカ)

独自の移動防止キャップでマイクロチップを
埋め込んだ場所にとどまるようにしていたり
生体適合性ガラスを使用して、周囲に
結合組織であるコラーゲンの膜が
作られることによる移動を防止するなど
それぞれ特色があります。

マイクロチップを埋め込むときは
どのメーカーのマイクロチップが良いか
事前に獣医師と相談すると良いでしょう。

マイクロチップの登録は?(注意点あり)

識別データの登録先なんですが
4つのメーカーとも動物ID普及推進会議(AIPO)
に登録するようになります。

※AIPOとは、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(社)日本愛玩動物協会と(社)日本獣医師会により構成されている組織です。

ライフチップは以前は
独自の登録システムを開発し
日立システムアンドサービス(株)が
管理していましたが現在はAIPOに統一されています。

マイクロチップを装着した際、獣医師から
登録申込み用紙と返信用封筒が渡されます。

獣医師記入欄にはマイクロチップを
埋め込んだ獣医師による記入が必要な場所があります。

登録する内容としては、飼い主情報として

  • 氏名・フリガナ
  • 住所・電話番号・ファックス番号
  • 緊急連絡先
  • Eメールアドレス

そして動物情報として

  • 名前・生年月日
  • 性別
  • 動物種・毛色

を登録することになります。

申込用紙をAIPOが受領してから
2~3週間で登録が完了し、登録完了通知
というはがきが郵送されてきます。

ただ気をつけたいのが、AIPOのほかに
現在ではFAM(ファミリーID管理機構)
というところに登録されることがある点です。

獣医師にマイクロチップを装着してもらい
ご自分で登録する場合はAIPOに
登録するので問題ありませんが
ペットショップで購入した時に
既に装着してあった場合は
FAMに登録してあることもあるそうです。

AIPOの方が、認知度が全然高いですし
動物病院ではAIPOでしか検索しない
くらいマクロチップの登録といえばAIPOです。

もしAIPOに登録していない場合は
ご自分でAIPOにも登録しておきましょう。
※この場合、マイクロチップの番号を登録するだけです!マイクロチップを埋め直す必要はありません!

AIPOへの登録料として1000円の費用がかかります。

一度登録した情報は変更できるか

飼い主の変更や連絡先の変更など
一度登録した情報を変更することができます。

変更事項を記入して送付する方法と
オンラインで入力を変更する方法の2種類があります。

 

<送付する方法>

「登録完了通知のハガキ」又は
「申込書の飼主控」のどちらかをコピーし
変更する場所を二重線で訂正して
余白に変更事項を記入します。
※元ではなくコピーした方に記入。

郵送でAIPOに送付してください。

<オンラインで変更する方法>

https://www.aipo.jp/apply/

上記のURLにアクセスして、
動物ID情報データベースシステムの
登録情報変更申請フォームより変更します。

申請者、変更理由、対象のマイクロチップ番号
変更内容、動物情報を記入していきますが
本人確認として「登録完了通知のハガキ」
「申込書の飼主控」「公的機関発行の身分証」
のいずれかが必要になります。

データの変更については費用がかかりません!

犬が何歳から装着することができるか

犬にマイクロチップを埋め込む処置は
生後2週目からできると言われています。

しかし、これには個体差や健康状態
体の大きさなどがありますので
獣医師に見てもらって判断する必要があります

最近ではペットショップで
子犬を買うときに、すでにマイクロチップを
埋め込み済みのところも増えてきています。

犬のどこに装着するか

犬にマイクロチップを埋め込む場所は
首の後ろの皮下に埋め込むのが一般的です。

犬にマイクロチップを入れる時に痛くないか

犬にマイクロチップを入れる時に
犬が痛い思いをしないか?ということを
多くの飼い主さんが心配すると思います。

マイクロチップを埋め込むときの
インジェクションは普通の注射針より
少し太めになっています。

日本獣医師会によると、痛みは
普通の注射と同じくらいということです。

マイクロチップの埋め込み自体は
瞬時に終わるため過度な痛みや負担は与えません。

ですから、
通常は麻酔などの処置は行わないですが
お願いすると局所麻酔などの
麻酔を使ってもらうこともできるようです。
※麻酔を使うとその分の費用がかかります。

子犬の頃は皮も柔らかいですし
首の後ろは痛みも感じにくくなっています。

母犬が子犬を運ぶときは
首の後ろをくわえて運びますよね?

あまり痛みを感じない部分だから
くわえて運ぶことができるわけです。

ですからマイクロチップを入れる時は
なるべく子犬の時の方が痛みを感じにくいと言われています。

犬への健康被害はないか

埋め込み施術が獣医師による
医療行為として適切に行われていれば
問題ないとのことです。

日本国内では副作用やショック症状
などの報告は今までに1件も寄せられていないそうです。

マイクロチップは電子標識器具ですが
電池は使いません。

読込用のリーダーを近づけると
リーダーの電波に反応して番号を
送り返すシステムなので、磁界による
体への影響も報告されていません。

またマイクロチップを埋め込むところは
皮下部分ですので、筋肉組織に入ったり
血管や内臓に入ることもないようになっています。

欧米では、すでに何千万頭もの動物に
マイクロチップを埋め込んでいる実績もあり
その中では動物への副作用は
ほとんど報告されていません。

何千万頭のうち腫瘍が認められた
という症例はたったの2件だそうです。

犬にとって必須であるワクチン接種より
副作用の報告は少なく、安全性が高いといえます。

犬のマイクロチップ海外と日本

犬のマイクロチップ装着は世界的に見ても
大きく普及をしてきています。

特に、マイクロチップの導入が早かった
ヨーロッパでは2千5百万頭が装着されているそうです(゜o゜;!!

ヨーロッパやオセアニア、日本では
マイクロチップの規格がISO規格を
採用しています。

ISO規格同士であれば、チップとリーダーに
互換性がありますが規格が違うと
読み取りができないそうです。

またアメリカなどはISO規格ではない
独自の規格のマイクロチップが普及していて
台湾やアジアでも色々な規格が
混在している国も多いということです。

海外に愛犬を連れて行くときは注意が必要ですね。

また、日本では登録先が基本的に
日本獣医師会によるAIPOなので
AIPOで検索をかければ必要データが
すぐにわかるようになっていますが
海外では民間の機関やメーカー、
ケネルクラブなど複数あるところもあり
データの検索が大変な国もあるそうです。

やはりデータは一元管理されていないと
せっかくマイクロチップを埋め込んでも心配ですよね(´・ω・`)

日本ではまだマイクロチップは
義務化されていませんが、
北欧諸国、フランス、シンガポール、
台湾などはマイクロチップを義務化した国です。

そして、犬を連れて海外に行ったり
帰ってきた時はその国の動物検疫の
規則に従わないといけません。

日本では海外から動物を輸入するときは
マイクロチップの装着が義務づけられています。

海外旅行に犬を連れて行くときは
マイクロチップの装着は必須なんですね。

犬にマイクロチップを埋め込むのは必要?

さて今回、犬にマイクロチップを
埋め込むことについてみてきました。

私個人としては、マイクロチップを
犬に装着させることは賛成です。

日本ではちゃんとデータがAIPOで
一元管理されているので
何かあったときに自分の犬だと
公式で証明することができます。

以前はマイクロチップはお守り程度
という時代もあったようですが、
現在は普及を推進しているだけあって
最も確実に証明できる手段となっています。

以前、可愛がっていた愛犬を、
近所の人に盗まれてしまって、
名前にも反応するし絶対に間違いなく
自分の子なのに証明ができないせいで
取り返せないという話も聞いたことがあります。

また災害時のことも忘れてはいけません。

考え方はそれぞれですし、
もちろん飼い主であるあなた次第ですが
良い機会なので、愛犬にマイクロチップを
装着することを前向きに検討してみてはいかがでしょうか(^^)

マイクロチップを装着したら
名札にも一応マイクロチップを装着している
ということを記入しておいた方が良いと思います。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬を飼うと人間の生活パターンを変える必要がある?

  これから犬を飼おうと思っているあなたにとって 犬を飼ったら人間の生活パター

記事を読む

愛犬との旅行でやってはいけない3つのこと!忘れやすい持ち物とは?

愛犬との旅行でやってはいけない3つのことをご紹介します。 持ち物で忘れやすいものってなに?出か

記事を読む

犬は首輪を嫌がらないの?首輪のつけ方の注意点!

首輪はずっとつけていないといけないのか? 愛犬につけておく首輪ですがつけておくべきか、室内では

記事を読む

犬種の選び方~活動的・おとなしい人にはこの犬種

  犬種を選ぶ際に人間のタイプに比較的似た特徴を持った犬種を 選ぶことが好まし

記事を読む

犬が唸る、噛むなど攻撃的になる理由は?犬にも反抗期があるの?

犬が唸るにはたくさんの原因があります。 すぐ唸ったり攻撃的な子だったとしても、簡単に直ることも

記事を読む

犬を飼う費用は?月、年間、生涯でどれくらいかかる?

少子化や高齢化が進む中、子どもや高齢者にとって 精神的な成長や心の癒やしを助けてくれる

記事を読む

小型犬は飼いやすい?ルーツと性格から見る飼いやすい犬種

小型犬と言っても、性格はさまざまです。 「体が小さいから飼いやすい」と思われがちですが

記事を読む

犬同士を仲良くさせる方法は?犬に会話をさせる?!

  お互いの愛犬を仲良くさせて一緒に遊ばせたい! 初対面の犬同士を仲良くさせる

記事を読む

犬がゴミ箱をあさったり靴泥棒・・いたずらの理由と対処法

  とてもかわいい愛犬ですが、たまにいたずらをします。 ゴミ箱をあさるとか靴や

記事を読む

愛犬の入手経路別で注意するポイントはこれ!

愛犬を飼おうと決まったら、どこから入手するのか? が問題になってくると思います。 ペット

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑