*

犬に牛乳をあげちゃダメなの?!下痢や肥満になる?

【この記事の所要時間:約 4 分】

養補給として牛乳をあげていませんか?

確かに、大喜びで飲みますしカルシウムもとれて

最良の飲み物のように思えますよね?

でも、じつは愛犬に牛乳をあげるのはダメかもしれません。

milk
「え~っ!牛乳飲みたいワン~(T_T)・・・だめ?♡」

牛乳を飲ませるとなぜダメ?

ワンちゃんはカルシウムが不足しがち

だから、犬用のサプリメントで
カルシウムを補っているという
飼い主さんも多いと思います。

 

「そうだ!牛乳を飲まそう!」

あげてみたらとっても美味しそうに
大喜びで飲むからバッチリ!

数時間後・・・・

 

「ん?下痢?どこか悪いのかな?」
元気なんですが、便がゆるくて
下痢になってしまった!ということがあります。

この下痢は牛乳が原因です!

 

このように、牛乳は喜ぶんですが
愛犬の体にはちょっと困ったことがあるんです。

牛乳を飲ませるときに注意することは2つ。

下痢になる

肥満になる

この2つによく注意して飲ませないといけません

それではそれぞれ、原因を見ていきましょう。

下痢になるメカニズムは?

哺乳類はある程度まで
お母さんのお乳を飲んで成長します。

でも、わたしたち人間以外は
成長した後に「乳」を飲む
習慣も環境もありません。

乳には乳糖という成分が含まれるんですが
乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が必要なんですね。

赤ちゃんの頃はラクターゼを
体内に持っているんですが
成長とともに失われていきます。

胃で分解されないままの乳糖が
腸に送られると、それを薄めようとして
腸内の水分が増加するんですね。

これが牛乳を飲ませると下痢になる
メカニズムです。

名称を「乳糖不耐症による浸透圧性下痢」といいます。

 

体内にあるラクターゼの量によるので
牛乳を飲んでも全然大丈夫な子もいれば
ちょっとなめただけで下痢になってしまう子もいます。

ですから、全然大丈夫!という子には
牛乳をあげてもいいんですが
すぐに下痢をしてしまうようなら
体質ですので量を少なくするか
あげないほうがいいでしょう。

一般的には、体重5キロの小型犬だと
100ミリリットル以上の牛乳を飲むと
下痢をすると言われています。

全然大丈夫!という子でも
これ以上の量は飲まさないようにしてくださいね。

 

肥満になっちゃうの?

牛乳はおやつといっても
食べ物じゃないから忘れがちなんですが・・・

しっかりとカロリーがあるんです!

このカロリーを計算に入れておかないと
あっ!!というまにすぐ太ってしまいます(T_T)

意外と牛乳が原因で肥満になる
というワンちゃんも多いんですね。

ちなみに牛乳のカロリーは

牛乳100グラムあたりおよそ65キロカロリーです。

「グラムかよΣ\( ̄ー ̄;)!」

すみません!
ミリリットルに直しますね(^_^;)

水1ミリリットルは1グラムですが
水より牛乳は比重が1.032倍重いので
100×1.032=103.2グラムですので・・・(計算中)・・

 

牛乳100ミリリットルあたりのカロリーは
67キロカロリーになります。

もし、牛乳で下痢にならないワンちゃんに
おやつとして100ミリリットルの牛乳を
あげた場合は、67キロカロリー分を
食事から減らすようにしてください!

ここけっこう大切です!

一度肥満にしてしまうと
ダイエットをさせないといけなくなりますからね(´;ω;`)

SPONSERD LINK

まとめ

  • ワンちゃんは牛乳を飲むと喜ぶけど
  • 乳糖を分解する酵素がないと下痢をおこす
  • 下痢を起こすかは個体差がある
  • 下痢を起こす場合は牛乳を控える
  • 小型犬(5㎏)は100ミリリットル以上はダメ
  • 牛乳をあげるなら肥満に注意する
  • 牛乳100ミリリットルのカロリーは67キロカロリー
  • (久しぶりに掛け算とわり算をやった(笑))

本日のまとめはこんなところです。(最後は無視してください(^_^;))

そういえば、この乳糖不耐は
人間にも多いですし、
「お腹がゴロゴロする人へ」っていう
専用の牛乳もあったな・・・

ということで調べてみたら、
ちゃんと犬用の牛乳もありました!!

ご紹介しているのは成犬用ですが
楽天にはこの他にも、幼犬用とシニア用
という種類もありましたよ♪


避ければこちらから検索してみてください(^^)

牛乳をあげるんなら、やはり人間用より
犬用に作られているもののほうがいいと思います。

あなたの愛犬に合った牛乳を
探してみてあげるといいかもしれませんね(^^♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

愛犬の健康管理!気をつけたい季節に合わせた病気対策は?

愛犬の健康をまもるのは飼い主であるあなたです。 毎日の健康チェックに加えて、季節ごとの健康管理

記事を読む

犬の薬の飲ませ方は?薬を与える時のルール

薬を飲ませたいんだけど飲ませ方が分からない! 犬の薬には錠剤、液剤、点眼薬、軟膏などがあります

記事を読む

犬の肉球のしくみと役割は?ケア・匂い・病気など肉球大特集!

犬の肉球はどんな仕組みなの?役割はある? 健康な肉球でいるためのケアの方法から病気やケガの見つ

記事を読む

愛犬の健康診断の頻度は?検査項目や検査の流れは?

愛犬の健康のために定期的に病院に連れて行く 犬の健康診断(ドッグドック)はとても大切です。

記事を読む

タイプ別おすすめドッグフードは?それぞれのメリットと注意点!

ドッグフードのタイプ別おすすめ点をご紹介します。 それぞれのメリットと与える時の注意点はどんな

記事を読む

愛犬の健康を守る代替療法で治癒力を高めよう!

今回は日本で行われている主な代替療法についてご紹介します。 代替療法にはどんな種類があるか?メ

記事を読む

愛犬が噛みつくようになった!それは異食症かも?しつけ方は?

今まではそれほどひどくなかったのに(´・ω・`) 愛犬が噛み付くようになった場合、異食症の疑い

記事を読む

犬の関節、視力など老化予防に効果があるサプリメントは?

愛犬の老化を予防したい! 特に関節や視力の低下、肝機能改善や老化全般の予防に 効果がある

記事を読む

チョコレートなど食べ物での犬の中毒!症状と原因と治療法

  チョコレートを食べちゃった! 犬には犬だけに問題のある食べ物があります。

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由は性格にあった!?タイプ別吠える理由とは?

犬が吠える理由は本能と性格が関係してきます。 犬の本能として備わ

→もっと見る

PAGE TOP ↑