*

耳の病気になりやすい犬種と特徴は?予防と注意点

【この記事の所要時間:約 4 分】

種によって、耳の病気になりやすい子がいます。

どんな犬種が注意したほうがいいんでしょうか?

耳の病気の予防のしかたと注意点をご紹介します。

犬の耳(聴覚)の能力もすごいんですよ♪

tyoukaku
「ピーン!あ・・またあそこの家で夫婦げんかしてる。。」(笑)

犬の耳を知ってみよう

犬は鼻がいい(嗅覚が優れている)
ことは有名ですが、耳(聴覚)も
とても優れています。

犬にとって聴覚は、周囲の情報を得る
ためのとても重要な間隔の1つなんですね(^^)

その聴覚の情報を得る器官が耳です。

犬の耳はわたしたちと同じよう

  • 音を集める耳介(いわゆる耳)
  • 入り口から鼓膜までの外耳道
  • 鼓膜の奥の中耳
  • 脳への伝達部分である内耳

になっていて、バランスを保つ半規管や
かたつむりのような形の蝸牛が内耳にあります。

耳の仕組み自体はわたしたちとそれほど
変わらないんですが・・・

犬の聴覚はわたしたち人間の
4~5倍もあるんですよ(゜o゜;

しかもどの方向で音がしたのかを聞き分ける
能力もかなり優秀です。
立ち耳の場合だと、32方向の判別を
瞬時にできるそうです。

聞こえる周波数帯も2万ヘルツ以上の
超音波を聞くことができるんですね!

詳しくは犬の聴覚をご覧くださいm(__)m

 

さて、耳から入った音ですが
耳の仕組みの何処かに異常が起きると
聴覚に影響してしまいます。

そして耳の特徴次第では
この異常が起きやすい犬種
というのがあります。

耳の病気になりやすい犬種は?

耳には耳垢がたまったり、
細菌が繁殖することで
耳が炎症を起こしたり、病気になる
ということがよく起こります。

犬の耳は犬種によって
いろいろな形をしていますよね?

耳の病気になりやすい犬種と
その特徴をご紹介します。

耳が垂れている

耳が垂れていると通気性が悪くなります。
それが原因で耳の中に細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

<犬種>

  • コッカー・スパニエル
  • ペキニーズ
  • シー・ズー など

毛が生えている

耳の中に毛が生えている犬種です。
通気性が悪いことによる細菌の繁殖が起こりやすいです。

<犬種>

  • マルチーズ
  • ヨークシャー・テリア など

耳の中にしわがある

耳の中にしわがあると、耳垢がたまりやすいです。
耳垢が刺激となって皮膚が炎症を起こします。

<犬種>

  • パグ
  • ブルドッグ など

耳垢が多い

耳垢が多く出やすいと、炎症が起きやすいです。
耳垢に細菌が繁殖することも。

<犬種>

  • ダックスフンド
  • ジャーマン・シェパード など

SPONSERD LINK

耳の病気の予防と注意点

耳の病気を予防するには
耳のお手入れ(ケア)が重要になります。

耳のチェックの仕方
まず、耳を根元から触ってください。
熱を持っていたり、腫れたりしていないか?
を入念にチェックします。

次に、耳の中をのぞいて
耳垢がたまっていないかチェックをします。

その時、異臭がしないかも
合わせてチェックしてください。

健康な耳は、耳の皮膚がなめらかで
においも傷もありません。
清潔で乾いていて、腫れなどもない状態です。

 

耳のチェックで耳垢が見つかったら
耳のケアをしましょう。

耳の中はとてもデリケートなので
よく気をつけて行ってください。

注意点は?

ケアの時は、絶対に見える範囲だけで行うこと!

これは耳を傷つけて痛みを与えると
耳のケアを嫌がる子にしてしまいます。

また、汚れを奥に押し込んでしまう可能性もあります。

 

イヤーローションなどを使う時は
コットンや綿棒に含ませて使ってください。

直接、イヤーローションを耳に入れると
トラブルの原因になります。

 

そして、病気の予防でもある耳のケアですが
たしかに普段から清潔にしておくこと
が大切なんですが・・・

あまり頻繁に耳掃除を行うと
かえって炎症を招きやすくしてしまう
ということがあります。

耳垢も、あまり神経質に取り除こう
としないで、取れる範囲で行ってください。

 

その他、アトピーの子や
耳の病気になりやすい子は
定期的に動物病院でチェックしてもらうようにしましょう。

こんな症状にも注意!

急に耳を振ったり傾けたりしたら
耳に異物が入ったのかもしれません。

耳に入る異物というと
虫や植物の種などがあります。

こんな場合は、無理にとってあげよう
とすると、たいへん危険です。

というのも、奥に押し込まれてしまい
取り出しにくくなってしまうんですね(´・ω・`)

愛犬が急に耳を振ったり傾けたりしたら
急いで動物病院に行って
獣医さんに処置をしてもらうようにしてください。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬の肉球のしくみと役割は?ケア・匂い・病気など肉球大特集!

犬の肉球はどんな仕組みなの?役割はある? 健康な肉球でいるためのケアの方法から病気やケガの見つ

記事を読む

犬の食事の量は?体重別必要カロリーと意外と危険な食品

初めて犬を飼い始めた人にとって、戸惑うのが食事の量です。 あげ過ぎたら肥満になるし、少ないと可

記事を読む

愛犬が怪我ややけどをした時の応急処置の方法!

たいへん!!愛犬が怪我をした!! やけどをしたり、怪我をして出血などがあったら慌ててしまいます

記事を読む

愛犬のワクチンの回数は?1年に1回じゃ多い!?

いくつかの感染症から愛犬を守るワクチン接種。 どれくらいの回数行えばいいのでしょうか?

記事を読む

犬はキャットフードが大好物!?あげてもいい?

犬と猫を多頭飼いしている場合などで 愛犬が猫のご飯であるキャットフードを食べたがったりします。

記事を読む

犬の関節、視力など老化予防に効果があるサプリメントは?

愛犬の老化を予防したい! 特に関節や視力の低下、肝機能改善や老化全般の予防に 効果がある

記事を読む

愛犬にあげたいサプリメントは?関節、心臓などに効くサプリ!

わたしたち人間と同じく、サプリメントは食品に分類されています。 薬と違って厳しい規制がないので

記事を読む

犬の薬の飲ませ方は?薬を与える時のルール

薬を飲ませたいんだけど飲ませ方が分からない! 犬の薬には錠剤、液剤、点眼薬、軟膏などがあります

記事を読む

犬を安楽死させてもいい?方法や薬は?法的に許される?

愛犬の安楽死について考えたいと思います。 安楽死をさせる場合の方法は?どんな薬を使うの?

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由は性格にあった!?タイプ別吠える理由とは?

犬が吠える理由は本能と性格が関係してきます。 犬の本能として備わ

→もっと見る

PAGE TOP ↑