愛犬の老化からくる認知症の症状は?改善方法はある?

犬には長生きしてもらいたい!

だれでもそう思っていますが、確実に年はとってしまいます。

犬の寿命が伸びたことで現れるようになった認知症

認知症の症状や認知症の症状を改善する方法をご紹介します。

nintisyou
「なんか足腰が重いけど・・・(´Д`)ハァ…歳のせいかねぇ」

認知症になりやすい犬とは?

犬の年齢が5歳になったら
老化を意識し初めて
犬の年齢が7歳になったら
老化が始まる事を気にしてあげます。

そして、犬の年齢が13歳になるころから
認知症の症状がではじめます。

具体的な症状については
のちほどご紹介しますね。

認知症は老化のひとつであるんですが・・・

認知症になりやすい犬

というのがあります。

これは犬種ということではありません。
愛犬がこれまでに送ってきた生活から
認知症にかかりやすいかどうか
が判断できるんですね。

 

認知症にかかりやすい犬とは・・・

室内で飼われていて、
一匹でお留守番することが多かった犬
認知症にかかりやすいと言われています。

これは考えたらわたしたちも同じですよね。

人とよくコミュニケーションを取る人は
認知症になりにくいと言われていますから。

 

現在では愛犬の認知症について
さまざまな治療法が開発されていますが
具体的に認知症になったら
どんな症状があるのかを見てみましょう(^^)

認知症の具体的な症状は?

愛犬の年齢が13歳を過ぎて
こんな症状が出始めたら
認知症にかかっているかもしれません。

認知症チェック

1.ぼんやりしていることが多くなった

2.夜中に大きく単調な声で鳴き始める

3.狭いところに入っていき、後退できない

4.飼い主の識別ができない

5.表情が無表情になる

6.トレーニングをしたことができなくなる(失禁もする)

7.とぼとぼと前だけに進み、円を描くように歩く

8.よく寝てよく食べるが、下痢をしていないのに痩せてくる

認知症は予防できるの?

さて、あなたの大切な愛犬が
認知症にならないためにも
予防方法をいくつかご紹介しましょう(^^)

まず、認知症の予防には
適度な運動が効果的です。

老犬になると早くは歩けないので
ワンちゃんのペースに合わせて
お散歩をしてください。
老犬のお散歩を参考にどうぞ♪

 

あと、認知症の予防に
サプリメントを使うことも有効です。

青魚等に多く含まれるDHAやEPAが
認知症の症状改善に効果があることが
実証されています!

DHAは脳を活性化させますし
EPAは血をサラサラにしてくれますからね(^^♪

また、抗酸化作用のある
フェルラ酸を主成分としたサプリも
注目されているようです。

治療ようとしても使われるサプリメントは
認知症の予防としても効果があるので
早めに飲ませ始めるのもいいでしょう。

 

あと、認知症が疑われる時は
早めに動物病院に連れて行くのも
大切な方法です。

症状の悪化を防ぐ事ができれば
その後の生活の質が向上します。

早めに獣医さんに相談してみてください。

認知症になってしまったら

認知症は老化によるものですから
完全に治すということは難しいです。

飼い主の識別ができないとか
ぼんやりするだけならまだいいですが
症状の中でも夜に鳴くようになると
飼い主さんも寝られませんし
近所の迷惑にもなってしまいますよね(´・ω・`)

もちろん可愛い愛犬を
一生懸命自宅介護したいという
あなたの気持ちも分かるんですが、
ご近所とのトラブルになる
可能性もありますし、
あなた自身が寝不足で
精神的にボロボロになってしまっては
あなたのワンちゃんにとってもよくありません。

ですから、無理の無い範囲でお世話をして
週に何日か獣医さんや老犬ホームに
預かってもらうという選択肢も考えてみてください。

常にあなたの心に余裕がある
状態を保つことが、あなたと愛犬の
幸せにつながります。

「犬 介護施設」で検索すると
老犬ホームや老犬介護施設の情報が
たくさん見られますので
介護に疲れきらない前に
ちょっとご覧になるといいかもしれません(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です