*

愛犬の入手経路別で注意するポイントはこれ!

【この記事の所要時間:約 4 分】

犬を飼おうと決まったら、どこから入手するのか?

が問題になってくると思います。

ペットショップ?ブリーダー?里親?保護?

それぞれの入手する際の注意するポイントをご紹介します♪

nyuusyu
赤ちゃんの髪型が斬新すぎるでしょwww視線がそっちに・・(笑)

ペットショップから入手する

ワンちゃんの入手経路を考えた時
最も身近で多いのがペットショップからの購入でしょう。

最近のペットショップは
ずいぶん色々と改善されている
と思いますが、まだまだ管理が悪いところもあります

管理が悪いペットショップだと
ワンちゃんがストレスによって
体調を壊していることもありますし
成長段階を考えていないことで
飼ったあと問題行動をおこしやすい
などの懸念があるんですね。

そこで、ペットショップに行ったら
そこのペットショップをまずしっかりチェックしましょう。

チェックポイントはここ。

  • フンの掃除はきちんとされているか?
  • 小さなケージなどに押し込められていないか?
  • 子犬同士遊びあえる展示方法をしているか?
  • スタッフは質問にきちんと答えられるか?
  • 子犬をさわらせるときに消毒をさせているか?

まずはこのあたりはしっかりチェックしましょう。

最後の「子犬をさわらせるときに
消毒をさせているか?」についてですが、
抵抗力の弱い子犬を
伝染病から予防させるための配慮になります。

 

同じ犬種でもペットショップによって
値段が違うことがあるんですが
それは血統書があるかないか?
によって変わってきます。

その子の親がドッグショーなどで
良い成績を残している場合は
値段が高くなるのが一般的なんです。

あと、予防接種を済ませているか?
ペット保険や共済会に加入する費用が
含まれている場合も値段に違いがありますので
確認しておきましょう(^^)

ブリーダーから入手する

ブリーダーから入手する
最大のメリットは・・・

その子が生まれた時から飼育しているので
健康面や精神面をしっかり理解している
という点ではないでしょうか。

また、ブリーダーさんはその犬種に
特に詳しいわけですから、
引き取ったあとでも、
気軽に相談に乗ってもらえる
という点も心強いところでしょう。

そして、ペットショップよりも
長くお世話をしてもらうことも可能です。

「せっかくなら小さくてかわいいうちから
早く育てたいんだけど・・・」

そう思うかもしれませんが
長くお世話してもらうことは
ワンちゃんにとっても
とってもいいことなんですよ(^^)

長くお世話をしてもらうことで
母親や兄弟たちと触れ合えて
犬社会のルールを教えてもらえるからです。

詳しくは子犬の社会化期をご覧ください。

引き渡す時期などは
その犬種に詳しいブリーダーさんに
相談しながら適切な時期を決めることができます。

 

ただし!

ブリーダーの中には、悪質な人もいて
無理な繁殖をさせたり、商業主義の
ブリーダーもいるのは事実です。

ですから、信頼できるブリーダーを
探すことが重要になってきます。

ペットショップでチェックした
ポイントを参考にしてもらって、
飼育環境をチェックするのもいいでしょう。

SPONSERD LINK

里親制度で入手する

動物愛護団体や民間ボランティアなどで
ペットの里親を募集しているところがあります。

動物愛護団体などで保護されている
ワンちゃんの里親になるということですね(^^)

申し込みはインターネットでも
行っていて、ホームページ上で
ワンちゃんの情報を見ることができます。

里親制度で入手する場合
理解しておいてもらいたいのは
あなたが飼い主として適正であるか?
というチェックをされるということです。

すでに不幸な経験をして保護された
動物たちが大半です。

これ以上不幸な動物を増やしたくない
という思いがあるということを理解してください。

保健所から入手する

保健所に収容されてしまった動物は
一定期間たった後に殺処分されてしまいます。

でも、その期間中に
里親として新しい飼い主が
見つかった場合に限って
殺処分を免れられるんですね。

里親のなり方は、各地区の
保健所や動物愛護センターなどに
問い合わせると色々と教えてくれます。

全国の保健所(各地区動物愛護センター)
ホームページの一覧は↑こちらをクリックしてください。

人間の勝手で、殺処分される動物を
一匹でも救いたいと思う方は
ぜひ相談してみてほしいと思います。

 

 

これから長い間一緒に生活する家族です。

あなたがきちんと納得して
ワンちゃんを飼えるように
入手する経路の注意点をご紹介しました。

是非参考にしてもらって
素敵な巡り合いをしてくださいね(^^♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬の選び方 一人暮らしの人に合う犬種は?

  「お家に帰ってきた時迎えてくれるワンちゃんが欲しい!」 疲れて帰ってきた時

記事を読む

愛犬におすすめのおもちゃはこれ!選ぶ時の3つのポイント

ワンちゃんはおもちゃで遊ぶのが大好き♪ でも、適切なおもちゃを選ばないと上手に遊んであげられま

記事を読む

犬のあまがみ対策は?やめさせるしつけ方!

「う~ん・・・けがをする程でもないからなぁ」 愛犬の甘噛みに悩んでいる飼い主さんも多いです。

記事を読む

愛犬の老化現象を見逃さないで!老化のサインは?

一般的に大型犬のほうが早く老化現象が現れます。 小型犬は体が小さいから老化のサインを見落としが

記事を読む

犬が音に怖がらないようにしつける方法

急に音にびっくりしてパニックになってしまうワンちゃん。 人間社会では当たり前の音なのに、どうし

記事を読む

犬が唸る、噛むなど攻撃的になる理由は?犬にも反抗期があるの?

犬が唸るにはたくさんの原因があります。 すぐ唸ったり攻撃的な子だったとしても、簡単に直ることも

記事を読む

愛犬をキャリーバッグやおんぶひもに入れるのは過保護?

これは犬を飼ったことがない人がよく疑問に思うことかもしれません。 愛犬をキャリーバックやおんぶ

記事を読む

犬の年齢は犬種で違う!?人間年齢を計算してみよう!

あなたの愛犬は何歳ですか? じつは犬種によって犬の年齢を計算する方法が違うんです。 今回

記事を読む

犬の選び方 子供のいる家庭に合う犬種は?

  「犬が飼いた~い!!」 子供にねだられて、情操教育の一環になるかな?と

記事を読む

犬を多頭飼いしてると喧嘩する!仲裁した方がいい?

「もう一匹犬を増やしたいなぁ♪」 すでに犬を飼っているけど、新しくもう一匹飼いたくなって多頭飼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由は性格にあった!?タイプ別吠える理由とは?

犬が吠える理由は本能と性格が関係してきます。 犬の本能として備わ

→もっと見る

PAGE TOP ↑