臆病でおとなしい愛犬を落ち着いた性格にするほめ方と叱り方!

【この記事の所要時間:約 5 分】

病でおとなしい愛犬を、落ち着いた性格に変えていきましょう(^^)

たくさんのストレスを抱え込まずにちょっとのことでは動じない。

そんな落ち着いた性格に変えていくことは可能です♪

臆病犬と暮らす生活のコツをご紹介していきます。

okubyoukotu
「ねぇ。。もう大丈夫??怖いのなくなった?出ていい感じ??」

臆病犬との生活は?

何もなければ優等生な愛犬ですが
初めて見るおもちゃや、耳慣れない音には
敏感に反応して怖がってしまう。

 

たとえば・・・

お散歩途中に逃げて帰ろうとしたり
クレートやハウスの中、机の下や
ソファの裏など、自分の居場所にひきこもる。

また、体を触られるのを嫌がるなど
何かにおびえていることが多い
という生活になっていないでしょうか?

 

これは、愛犬が何か怖いものに遭遇した時
とってしまう行動です。

ここで大切なのは、あなたが愛犬を観察し
おびえているのか、警戒しているだけなのか
見極めてあげることです。

もし、おびえているのなら
その怖いものをなるべく排除してあげましょう。
排除ができない場合は、愛犬が落ち着くまで
しばらく待ってあげるようにします。

また、体を障られるのを嫌がるのは
人間の手にトラウマがある可能性があります。

特に叩かれた経験のある子は
人間の手が近づいただけで恐怖を感じる
ということがあります。

まずは、あなたの手からおいしいものを
食べさせるなど、人間の手は怖くない
ということを教えていってあげてください。

それでは今度は、ほめ方と叱り方を見ていきます。

上手にしつけて愛犬を喜ばせよう!

おとなしくて臆病な性格の子には
ほめ方や叱り方にも注意が必要です。

ほめ方

あなたが望む行動を犬がした時には
わかりやすいほめ方をしていきます。

わかりやすいほめ方というのはおやつを与える
という方法です。

「食べ物でしつけるのはいやだわ!」
と思う人も中にはいるかもしれませんが
臆病なタイプの子は、言葉だけで褒められても
半信半疑で疑ってしまうんですね。

「・・・いいのかな?・・」
こんな感じでほめられた実感を持ちにくい
のが臆病な性格の子の特徴です。

ずーっとじゃなく、あなたと愛犬の
信頼関係がもっと深くなれば
言葉だけのほめで大丈夫になるので
最初のうちはおやつを使ってみてください。

もちろん、あなたの笑顔と言葉かけも
一緒に行ってあげましょう(*^^*)

よく、犬に伝わるようにオーバーアクションで
わかりやすいようにスキンシップをとりながら
ほめるという方法もあるんですが、
実は臆病なタイプの子にオーバーアクションで
ほめてしまうと、愛犬がビビッてしまうんですね(^^;)

できるだけ静かに、だけどほめられたという
実感が得られるように気を付けてほめてください。

SPONSERD LINK

叱り方

いけないことをしたときは叱りますよね?

もちろん臆病な子でもいけないことをしたら
叱るんですが・・・

臆病な子を叱るときは、ちょっと注意が必要なんです。

基本的に、犬は信頼している人から
叱られたとしても、その人を嫌いにはなりません。

でも、残念なことに臆病な性格の子は
厳しく叱ってしまうと、傷ついて
心を閉ざしてしまうことがあります(´・ω・`)

ですから、体罰は厳禁ですし
叩くふりというのも絶対にやめてください。

あなたの怒っている態度を見るだけで
きっと怯えてしまうと思います。。。

ということで、とても難しいとは思いますが
基本的に憶病な子に対しては
叱らないほうがいいでしょう。

いけないことができないように
あなたが対策を練るようにしてください。

臆病な子ですから、拾い食いをすることも
ゴミ箱をひっくり返すことも、
カーテンを噛んでびりびりにしてしまうことも
ほかの性格のわんちゃんからすると少ないと思います。

ですから、叱らないといけないことも
少ないと考えられますから、
もし、いけないことをしてしまったら
なるべく穏やかに「ダメ」と注意して
以降いけないことができないように対処します。

とにかく、もっと深く信頼関係を築く
ということに集中していきましょう!

最後に

あなたが叩いたことがあるわけじゃなくても
人間の手を怖がることはあります。

たとえば、あなたの家に来る前に(ペットショップなど)
叩かれたことがあることもあります。

人間の手を怖がることを「ハンドシャイ」
といいますが、ハンドシャイの子は
開いた手が近づいてきただけで
逃げ出してしまったり、逆に威嚇したりします。

怖さのあまり噛みつくこともあるんですね(´・ω・`)

かわいがっている愛犬にかまれると
あなたとしてはショックが大きく
精神的にブルーになってしまうかもしれません。

でも、愛犬のほうはすでにトラウマなこと
を経験してしまっているためなので
どうかその恐怖感を理解して接していくようにし
恐怖を感じないで過ごせるよう
気を配ってあげてください。

 

ほかの犬に対してもフレンドリーに
接することが少ないですが、
何度も接して安心していくと
その中の相性があった犬となら
フレンドリーに遊ぶこともあるかもしれません。

とにかく気長に、長~い目で見てあげる

ここにポイントを置いて生活していってくださいね♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬がくるくる回る理由は?室内と屋外で違う回る意味!

何故か愛犬がくるくる回ってる! 犬の不思議な行動の1つですが、どうしてくるくる回るんでしょう?

記事を読む

愛犬の興奮をおさえるには?具体例と対処法!

愛犬が興奮してしまって大変(TдT) 特に元気すぎるワンちゃんだと、しょっちゅう興奮しているか

記事を読む

犬がコマンドを聞かない理由は?しつけの際の注意点

待てやおすわり、伏せなどのコマンドを教えているのに いうことを聞いてくれないと困っていませんか

記事を読む

犬の耳は形によって病気になりやすい?聴覚の違いは?

ピンと立っている耳や垂れている耳。 耳の形によって、なりやすい病気はあるんでしょうか?

記事を読む

愛犬のおとなしさを性格診断!どんなタイプのおとなしさ?

おとなしい性格のワンちゃんを性格診断しましょう。 やんちゃやわがままなのも困るけど、おとなしす

記事を読む

犬の気持ち | 名前を呼んでも無視する!反抗期なの?

名前を読んだら飼い主の方に走ってくる。 あたりまえのことのように思えますが・・・ 最近、

記事を読む

犬の気持ち | 散歩が好きな理由

  多くの犬がご主人とお散歩するのが大好き! 自分からリードを持ってきたりする

記事を読む

犬の性格は飼い主に似る?それとも遺伝?何で決まるの?

犬の性格は遺伝なの?それとも飼い主次第?育て方? 犬の性格はどうやって作られていくのかをご紹介

記事を読む

愛犬のしつけができない原因?!犬のボス意識は?優位だと思っているときのしぐさ

あなたの愛犬のボス意識を表しているしぐさをご紹介します。 知らなければ、私たちは「甘えてるのね

記事を読む

おとなしくてテンションの低い落ち着きすぎる愛犬の育て方は?

おとなしい性格の中でも、テンションが低いタイプの育て方をご紹介します。 なんでもすぐあきらめて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑