愛犬におすすめのおもちゃはこれ!選ぶ時の3つのポイント

【この記事の所要時間:約 5 分】

ンちゃんはおもちゃで遊ぶのが大好き♪

でも、適切なおもちゃを選ばないと上手に遊んであげられませんよね?

愛犬へのオススメおもちゃを選ぶポイント3つをご紹介します♪

おもちゃの種類や素材のメリットとデメリットも合わせてご覧ください。

omotya0
「この噛み心地がたまらん♪変な顔って言わないでね」(笑)

ズバリ!愛犬におすすめするおもちゃとは?

おもちゃは、一緒に遊んでコミュニケーションをとったり、
トレーニングのご褒美など
愛犬の心と体の発達に欠かせないものです。

ネットショップやペットショップで
おもちゃを購入する時
あまりにたくさんの種類があって
どれにしようか迷ってしまうということはありませんか?

あなたの愛犬に良いおもちゃとは?

愛犬におもちゃを与える時に
おすすめしたい選び方のポイントをご紹介します。

用途に合わせて

おもちゃの与え方でもご紹介しましたが・・・

おもちゃには大きく分けて2つの用途があります。

それは、

与えっぱなしで良いおもちゃ

飼い主が管理するおもちゃ

この2つになります。

与えっぱなしで良いおもちゃは
お留守番の時などに、
あなたが管理していない時にも
与えておいて安全なおもちゃです。

飼い主が管理するおもちゃは
あなたが愛犬と遊ぶときに与える
音が出るものやぬいぐるみなどの
壊れてしまうおもちゃになります。

この用途をしっかり使い分けて
どんな時に遊ぶおもちゃなのか?
ということを念頭に置いて選んでください。

体型と力にあっているもの

小型犬と大型犬では体型も力も
大きく違いますよね?

おもちゃを選ぶときには、
愛犬の体のサイズも考慮に入れてください。

小型犬のワンちゃんに
大きなおもちゃを与えてもうまく遊べませんし
大型犬に壊れやすいおもちゃを与えても
あっという間に壊されてしまうでしょう。

壊れたおもちゃで遊んでいると
その破片等をご飲してしまうこともあるので
十分注意をしてください。

年齢に合わせて

子犬の頃に硬いおもちゃを与えると
刃がかけたり折れたりすることがあります。

また、小さい頃は喜んで遊んでいたのに
大きくなるに連れ喜ばなくなるということもあります。

これは、年齢が上がってくると
おもちゃに対する気持ちが変化するんですね。

執着心や興味というのが
薄れてくる傾向にあります。

だから、おもちゃに対する反応が
鈍くなったり喜ばなくなってしまうわけです。

そんな場合は知育玩具などに
切り替えるとまた違った遊び方になり
興味をもつようになるでしょう(^^)

おもちゃの素材のメリットとデメリット

さて、まずおもちゃを選ぶ時の
ポイントを頭に入れておいてもらって、
今度は素材や種類による
メリットとデメリットをご紹介します。

4つの系統にわけましたので
用途や体型や年齢にあった素材の
おもちゃを選んであげるといいと思います。

SPONSERD LINK

布製・ぬいぐるみ系

 

<メリット>

肌触りがよく噛んだ感触もやわらかいので
比較的よく喜ばれるおもちゃです。
おっとりした性格の子や子犬でも
遊ぶことができ、歯にも傷がつきません。

<デメリット>

耐久性はありません。
ですから、遊び方にもよりますが
すぐ壊れてしまうことは覚悟した方がいいです。
パーツだけ取れてしまうこともあり
誤飲に注意したいおもちゃです。

ラテックス系

<メリット>

布製よりもさらにワンちゃんが執着し
喜んで遊ぶおもちゃです。
日頃あまりおもちゃに興味を持たない
というワンちゃんでも、比較的興味を持ちます。
洗えるのでお手入れもしやすいです。

<デメリット>

ワンちゃんが夢中になるので、壊れやすいです。
耐久性があまりないので
壊れやすいのは覚悟しないといけないでしょう。
また、音が鳴るものも多いので
壊れた時に部品をご飲してしまうと危険です。

デンタル系

<メリット>

噛んで遊びながら口の中をケア
してくれるおもちゃになります。
固さも選べますし、耐久性に優れているので
与えっぱなしにしても安心です。

<デメリット>

ワンちゃんのサイズや年齢に
あった硬さのものにしないと、
歯がかけてしまったり、折れる可能性が
あるので、考慮する必要があります。

知育系

<メリット>

考えて遊ぶため、愛犬の学習能力を
向上させてくれるおもちゃです。
飼い主と一緒に遊ぶことができ
コミュニケーションも深めることができます。

<デメリット>

飼い主が遊び方をマスターしてから
与えるようにしないと、どうやって遊ぶかわかりません。
遊び方を教えてから遊ばせないと
興味が持てなくなることがあります。

 

いかがでしたか?

あなたの愛犬におすすめのおもちゃを
選ぶヒントに慣れば幸いです(^^)

たくさんおもちゃで遊んで、
あなたのワンちゃんとコミュニケーションを取り
より一層絆を深めてくださいね♪

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬種の選び方~訓練したい・命令したくない人向け犬種

  大切な犬種選び。 前回は「活動的な人」「おとなしい人」にあった犬種をご紹介

記事を読む

犬の選び方!飼育環境から飼える犬を選ぼう

一緒に住む愛犬を選ぶ時、まず大切なのが環境です。 あなたの住宅事情を考えてどんな大きさの犬を選

記事を読む

愛犬の無駄吠えを防止する方法!色々な無駄吠え対処法

愛犬が無駄吠えして困る!という方に無駄吠えを防止する方法をご紹介します。 来客があったときや、

記事を読む

犬を飼う費用は?月、年間、生涯でどれくらいかかる?

少子化や高齢化が進む中、子どもや高齢者にとって 精神的な成長や心の癒やしを助けてくれる

記事を読む

犬の尻尾を切ると感情が表せない!病気にもなりやすい?

犬の尻尾を切ることを「断尾(だんび)」といいます。 「愛犬のしっぽを切るなんてとんでもない!」

記事を読む

犬の寝床の場所は?最適な寝床を作ってあげよう

  あなたの愛犬は犬専用の寝床がありますか? 愛犬が寝る場所を犬にまかせている

記事を読む

愛犬にリーダーと認めさせるには?リーダーシップはどうとる?

愛犬が言うことを聞かない(T_T) こうなると、「うちの犬はバカ犬かしら?」 そう考えて

記事を読む

犬は行方不明になるの?迷子になっても帰れる?

犬といえば帰巣本能があるので迷子になっても帰れると思われています。 でももし、あなたの愛犬が行

記事を読む

犬がお留守番中に吠えるのはなぜ?やめさせる方法!

愛犬がお留守番中に吠えてしまう。 一人暮らしで犬を飼っている場合など、昼間にお留守番させますよ

記事を読む

愛犬の待てをしつけよう!教え方と注意したいところ

「お手」「おすわり」「待て」 飼い主として愛犬にさせたいものですよね♪ この中で、「待て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑