おとなしくてテンションの低い落ち着きすぎる愛犬の育て方は?

【この記事の所要時間:約 5 分】

となしい性格の中でも、テンションが低いタイプの育て方をご紹介します。

なんでもすぐあきらめてしまい、つねにテンションが低い。。。

どうしてそんなに悟ったような態度をしていられるんでしょう?

落ち着きすぎるテンションが低い愛犬の心理や育て方を見ていきましょう。

otitukisugiru
「ハフ~・・・どーせ起きててもワクワクする事なんてないしね」

おとなしいのはいいんだけど・・・

「テンションが高くないほうが
落ち着きがあって手がかからなくて
いいじゃない?」

もしも、そう思われた場合は
前回のおとなしい犬は飼いやすい犬?
に一度目を通していただけると嬉しいです♪

 

いっぱい抱え込んでいたストレスが
大爆発して豹変しないように
愛犬の様子を観察していきましょう。

テンションが低いというのは
何に対してもあきらめモードってことなんですね。

どうしてこんなにあきらめモードなのか?

 

それは・・・
あなたと愛犬の間に気持ちのズレ
ができているからかもしれません。

落ち着きすぎる愛犬の心理は?

我慢強くて自己主張が少ないため
自分の欲求を表現しないタイプですから
誰かに迷惑をかける事もしないし
わたしたちから見たらおとなしくて
手がかからなくていい子だと思うかもしれません。

平気で一人で留守番をさせることもあるでしょう。

だって、騒がないで寝ていることが多いから
お留守番だってへっちゃらに見えますもんね(^^)

「きっと寝ていることが大好きなんだね」
と思うんじゃないでしょうか?

 

でも、本当にそうなんでしょうか?

 

じつは、愛犬の方としたら

  • 「期待をしてもいいことなんかないんだろうなぁ」
  • 「ってゆーか、自分も期待されていないもんなぁ」
  • 「みんな僕のことは気にしてないみたいだし」
  • 「散歩と食事以外は寝てればいいんだよな」
  • 「どうせ、みんなボクの気持ちなんて考えてくれないだろうから」

こんなふうに考えているんです(´・ω・`)

飼い主に対する依存度が低く
あなたにも自分にも期待をしないから
あきらめモードでテンションも低く
落ち着きすぎるおとなしい性格になっています。

これは愛犬のこころの健康状態として
良好な状態といえるでしょうか?

わたしたち人間でもそうですよね。
自分に自信のない人ほど
おとなしいというより覇気(はき)がなく
元気がない状態になると思います。

 

落ち着きすぎる犬も、この性格のままだと
何でもやる前から避けてしまう
覇気のない犬にしてしまうかもしれません!

SPONSERD LINK

落ち着きすぎる犬に対する対処法は?

あなたにも自分にも期待をしないで
つねにあきらめている落ち着きすぎる愛犬。

どうして「あきらめてしまう」のか・・・

それは犬自身に自信がないのが原因です!

 

自分に自信が持てない性格の愛犬に対しては

飼い主に愛されているという実感

これが不可欠です!!

もう一度言います。

飼い主に愛されているという実感です!

超大切な部分なので2回言いました(`・д・´)

ここを覚えておきながら、まずは
どうして自信を失ってしまったのか?
見ていきますからあなたも今までを
ちょっとだけ振り返ってみてください。

どうして自信を失ったの?

自信を失ってしまう原因として
考えられるのは

  • 過去に叱られた経験がとても多い
  • 叱られる時、たまに体罰などもあった
  • 力で従うよう強制されてきた
  • 家族から疎外される環境が多かった
  • あまり一緒に遊んであげられなかった

これがすべてではありませんが
このような環境だった場合は
自信を失ってしまうことが多いです。

叱り方も、一言ビシッと注意するのではなく
叱る時間が長いというのも原因になります。

 

もちろん、愛犬の元々の性格というのは
大きく影響します。

だから、後天的な原因だけじゃなく
先天的な性格ということも考えられます。

おとなしい性格というのは
消極的な性格ということですからね。

もともと自信を持ちにくい子だったのかもしれません。

元気な犬にするための対策

落ち着きすぎる愛犬の

原因は、自分に自信が持てていないからで
対策は、飼い主に愛されていると実感させる

ここがポイントになります。

あなたが今までよりもより深い愛情
を持って接することで、飼い主の愛を
実感することができます。

また、愛犬のモチベーションをあげると
だんだん愛犬が「楽しい」と思うことが
増えてくるんですね♪

 

自分に自信がついてきて、楽しいことがいっぱいある

こうなってきたら、イキイキとした
元気な犬になってくるでしょう(^^)

 

さて、そうするための方法ですが
そんなに難しいことはありません。

あなたがなにか指示を出すときに
愛犬のやりがいとなる励ましや
ほめる動作(表情も含め)を
しっかりやってあげてみてください。

最初のうちはご褒美のおやつを使っても
いいかもしれませんね。

指示に従ったら、いっぱいほめられた!
指示に従ったら、いいことがあった!
指示に従うのって楽しい♪

このように、少しでもたくさん
愛犬が楽しいと思うことを経験させてあげてください。

きっと、徐々にやる気が出てきて
表情にも変化が現れてくるでしょう(^^)

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

愛犬が散歩中にリードを引っ張る!しつけ方は?

大好きなあなたとのお散歩♪ ワンちゃんにしたら嬉しくて興奮する時間です。 ずっと室内にい

記事を読む

犬が吠える・噛むなど問題行動の原因(理由)と対処法!

無駄に吠える、噛み付くなど飼い主が容認出来ない行動や 自分に有害な行動をとることを問題行動とい

記事を読む

サインに気づいて!犬が服従心を表すポーズや姿勢は?

犬は自分の気持を色々なポーズや姿勢で表現しています。 サインに気づいてあげないと信頼関係にヒビ

記事を読む

犬の細菌やカビによる皮膚病の治療は?人にもうつる?!

皮膚の病気の中には、細菌やカビによるものがあります。 このような皮膚病になるとどんな治療をする

記事を読む

犬が唸る、噛むなど攻撃的になる理由は?犬にも反抗期があるの?

犬が唸るにはたくさんの原因があります。 すぐ唸ったり攻撃的な子だったとしても、簡単に直ることも

記事を読む

ドッグフードによる食物アレルギーの治療!除去食ってなに?

愛犬が食物アレルギーであるという診断をする際にフードを除去食にする期間があります。 この除去食

記事を読む

犬が合図を覚えない!?理由と教え方は?

愛犬を飼ったらしっかりしつけをしなきゃ!と思うと思います。 その他にも「お手」や「おかわり」な

記事を読む

おとなしい犬は飼いやすい犬?育て方次第でこんな犬に!

おとなしい犬なら飼いやすいと思いがちです。 でも、おとなしい犬にも2つのタイプがあるんです。

記事を読む

愛犬のハウスの大きさはどれくらい?ハウスとはクレート?ケージ?ベッド?

愛犬のハウスの適切な大きさについてご紹介します。 また、「ハウス」というのはクレートのこと?ケ

記事を読む

犬が怖がる!何が怖いの?どう対処したらいい?

今までここでおとなしくしていたのに・・・ 気がつくとどこかに隠れてしまっている。 でも何

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑