【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

【この記事の所要時間:約 10 分】

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のある犬をお利口犬にしつけ直されています。

そんなしほ先生に、しつけ用の首輪についてお答えをしていただきました!

一般的なしつけ用の首輪であるチョークチェーンを使うときはどんな時か?また電気タイプの首輪は使っても良い?

など、私たちは知らなかった衝撃の事実も色々と解説してくださっています!愛犬家は必見!!

しほ先生のプロフィールに関しては【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?でご紹介していますのでそちらをご覧ください。

それはしつけ?体罰?

しほ先生は犬を訓練するときに
常にどうしたら一番いい結果が
引き出せるんだろう?ということを
考えながら訓練をされているそうです。

犬は動物だから教科書通りにもいかないし
一律でできるものではないので
訓練士は経験が重要だと考えていらっしゃいます。

どれだけ多くの犬を訓練してきたか?
ということろで訓練士としての腕が変わってくるそうです。

その点、しほ先生はアメリカで訓練士を
指導されていたときも、毎日20頭という
問題犬を訓練していたり
現在もワンコワークスでは繁忙期など
40頭以上の犬をお預かりして
毎日犬まみれで生活をされていらっしゃいます(^^)

そして犬を訓練するときは
体罰はいっさい使わずに犬たちをお利口犬に
大変身させてしまいます。

しほ先生はかなり、すご腕のカリスマ訓練士なんですね♪

しほ先生自体が、犬に苦痛を与えてしつける
体罰方式に疑問を感じていらっしゃいます。

「体罰の定義」は少し難しい部分でもありますが
ここで言う「体罰」というのは

  • 感情のままに怒ったり手を出すこと(殴るなど)
  • 犬に苦痛を与えることを承知し、苦痛を使ってしつけること

を指していますのでご了承ください。

私もネガティブな指導方法でしつける体罰は
犬の心身共に健やかな状態を
損なう方法であると考えています。

ただし、訓練士がみんな
しほ先生のようなお考えではありません。

実際に、体罰を使うことで訓練する
訓練士も多くおられます。

もちろんこの場合は苦痛を与えて
言うことを聞かせる訓練であることを
認識して行っています。

体罰を使うとしほ先生のように
犬のことを考えなくても
手っ取り早くその場ではいうことを聞かせる
ことが可能なんですね。

犬だって痛い思いはしたくないので
従わざるを得ないわけです。

ただ、体罰を行うことは
犬にとっては良いしつけ方法ではありません。

犬から尊敬されたり、敬われたり
大好きと思われる気持ちが削られ
犬にストレスを与えるしつけ方法になります。

 

もちろん、長い間
犬を訓練してきたプロの訓練士なら
体罰と称される方法を使ったとしても
加減や状況がわかっているので
上手にしつけを行うことができるでしょう。

しかし、訓練士でもない一般人が
体罰にあたるしつけ方法を使ってしまうと…

犬との信頼関係が崩れてしまって
正しい主従関係を築くことが困難になります。

 

ですから、当サイトでも体罰を行うことには
「やらないでください」とお伝えしていますが…

 

じゃ、しつけ用の首輪ってどうなの?
って思いませんか?

あからさまに見た目が痛そうな首輪です。

例えば…


これはチョークチェーンというものです。

そしてさらに痛そうな首輪が


これはピンチカラーというしつけ用首輪。

ピンチカラーの方が痛そうに見えますが
しほ先生曰く、チョークチェーンよりも
優しい首輪なんだそうです(゜o゜;!!

 

あと、電気タイプの首輪もありますね。

あえてこれは楽天で販売されているものにしました。
※クリックすると楽天の販売ページに飛びますが
決して購入をお勧めしているわけではありません!

電気タイプの首輪については
後ほど詳しくしほ先生が解説してくださいますので
そちらをしっかり読んでみてください。

このことを踏まえて、
犬のしつけ用として売られている
しつけ用首輪について
しほ先生のお考えをインタビューしました。

しほ先生の考えるしつけ用首輪と体罰について

管理人

しほ先生のお考えになる体罰というのをお聞かせくださいますか?

しほ先生

殴る蹴るみたいなのはもちろんダメですよね。

それ以外だと、犬を委縮させるための体罰はしてはいけないと思っています。

私の考えとしては「犬の体に刺激を与えて教えること自体が体罰」だと思っているんですよ。

もちろん私も、しつけ用の首輪(チョークチェーンとかスパイクカラー)も使うことはあります。

でもそれを使うのは必ず犬を見てからです。

犬の性格によって、それを使わないと犬に伝わらないなと判断した場合に使っています。

管理人

犬を見てからですか。なるほど…
ということは、凶暴になってしまっている犬に対しては、チョークチェーンを使うという感じですか?

しほ先生

いやいやいや。
私は凶暴になっている子には、逆にチョークチェーンは使いません。

なぜ凶暴になってしまったのかの原因を考えると、怖いから自分の身を守りたくて凶暴にならざるを得ないという場合が多いわけですね。

そういう子にまた怖い思いをさせることをすると、だいたい良い方向に行かないと思っています。

チョークとかを使う必要があるのは、超超超ハイテンションな子に対してです。
興奮MAXで喜びで脳みそ沸騰しちゃってます~(≧▽≦)みたいな子(笑)に使うことが多いかな。

基本は何をするにもしっかりと犬を見てから、この子には何をするといいかを考えています。

チョークを使うことがあったとしても、メインは褒めるで訓練をします。

犬によっては、強めに叱ったとしても「うわ?反応してもらえた♪」ってなる子もいるんですね。
だからメリハリをつけるために、ダメな時はチョークを使って教えることはしています。

あくまで、犬とのコミュニケーションをとるために、「ちょっとちょっと落ち着いてこちらを見て」というためで、犬に伝える方法の一つとして使う感じです。

管理人

なるほどですね。
まるで逆だったわけですか!
凶暴になっている子かと思ったら…
しほ先生はどうして凶暴になっているのかもお考えになるんですね。

チョークを使うシーンですが、しほ先生のお話を伺っている限りでは、そんなハイテンションな子もかわいい~と思っちゃいますね(^^)

しほ先生

かわいいですよ~( *´艸`)

ただ訓練するためにはちょっと落ち着いてもらわないといけませんからね(;^ω^)
意思疎通をはかるためのツールって感じです。

管理人

チョークなどのしつけ首輪はアナログな分、使う人の技術が必要な気がしてしまいますが、最近では電気タイプの首輪ってあるじゃないですか?
吠えるのをやめさせるなどのしつけに使うための首輪です。

しほ先生は、あれはどう思いますか?
訓練士ではない一般人でも使いやすそうなイメージですが。

しほ先生

電気タイプの首輪には2パターンあるんですよ。

自動で吠えたらビリッとするのと、飼い主さんがリモコンでビリッとさせるやつなんですが、どちらも良いところと悪いところがあるんですよね。

自動で刺激がくるものに関しては、「タイミングを逃さない」「飼い主さんがいなくなっても刺激がある」という点がメリットで、飼い主さんがやるよりもよっぽど正確で、犬に伝わるので短期間で直せるといえます。

ただし、ずーっとつけておかないと意味がないんですよ。

夜は外しておこうとすると外しているときとついているときが犬にわかってしまうので、犬もビリッとしたりしなかったりすることで混乱してしまうんですね。

「吠える=ビリッとする」だから吠えてはいけないと理解するのに時間がかかります。
結果、ついているときしかお利口にならないという問題が出てきてしまうんです。

ちなみに、これは両方のパターンに言えることだけど、びりびり来る先端がしっかり皮膚にめり込んでいないとびりびり来ないです。
ゆるくつけていると全く何の意味もないんです。

皮膚に食い込むくらいつけると、かなりギュッとしめないといけなくなります。

先端がとがっているわけじゃないけど同じものがずーっと同じところに押し付けられていると、化膿して皮膚に穴が開いて膿んできちゃうんですよ。

メリットの部分とデメリットの部分が同時に現れてしまうわけです。

でも、これをつけるんであればずーっとつけておかないと意味がないから、着ける時は皮膚にあたっている部分を少しずつ毎日ずらす必要があります。
そして、きちんと使えば比較的短期間で吠えてはいけないことを犬にわからせることはできるとは言えます。

ただし!!!

大きなデメリットとして、一番最初に吠えたときにビリッとした場合、吠えたからビリッとしたっていうことを、犬が理解できないことも多いです。

中には、ビリッとしたことに対してびっくりして「キャンキャンキャン」と吠えてしまうと、その吠えに反応してずっとびりびりし続けるので、犬がパニックを起こしてしまいます。
そうなって、あわてて外そうとした飼い主さんの手を噛むということがありますね。

ここが使いづらいところとも言えます。

また、リモコンタイプのものですが、リモコンでやれば強さも調節できるしタイミングを見て押すことができるのはメリットです。

ただデメリットとしては、人間が押さなきゃいけないので、ずーっと犬についているわけにもいかないじゃないですか。
タイミングがどうしてもずれてしまうし、押せないときもあるので正確に犬に伝わらないのがデメリットになります。

無駄吠えに関しては電気首輪を使わないで直せるに越したことは無いです。

もしも、これ以上吠えたら保健所に連れて行くしかないとなった場合、究極の選択として保健所に連れて行くんであれば多少つらい思いをしてでも電気首輪を使うという選択をするという感じですね。

管理人

えっっ!?
そんな感じなんですか?思っていた感じとかなり違ってびっくりしました!

じゃ、安易な考えで使っちゃいけないものですね!!
私はてっきり、楽して無駄吠えを無くせる便利グッズかと思いました。
だって、そういう売り方をしていませんか?

しほ先生

自分が楽をしたいからという理由で使うのは良くないものです。

まぁ~、メリットとデメリットのところを言っちゃうと売れなくなっちゃうじゃないですか。
だから実際説明書にも書かれていないですよ。

だから、訓練士以外の人で、きちんと使える人はほとんどいないと思います。
もしどうしても使うのであれば、使うときは訓練士に相談してほしいです。

しほ先生のお話を聞いて

しほ先生の訓練している状況の
一端を垣間見れたようなおはなしでした(^^)

それと同時に、しつけ用の首輪の使い方や
楽してしつけができると思われた
電気タイプの首輪のこともお伺いできました。

電気タイプの首輪って、楽してしつけができる
便利アイテムではなかったんですね(゜o゜;!!

もちろん、ちゃんと使いこなせれば
吠えなどに効果を発揮することができます。

しかし、使うタイミングや
化膿してしまうこと、犬への負担など
ちゃんと知っていないと
使いこなせないしつけ器具だったことを
教えていただきました。

もし、電気タイプの首輪を
簡単にしつけができるかも?と
思って購入しようとしている場合は
そうではないということをご理解いただけたと思います。

しほ先生は電気タイプの首輪を
訓練で使う事は滅多にないそうですが、

他の訓練士さんはお使いになって
訓練されていることもあるでしょう。

ただ、簡単にしつけられる便利グッズではない

ということはお分かりいただけたと思います(^^)

しほ先生とのお話はいつも色々と
気づきがあります!

また、機会を設けて
皆様にシェアをさせていただければと思っています!

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の気持ち | 排泄を我慢する?!散歩と排泄のしつけ

  「愛犬の排泄はお散歩をする時」 そんな生活サイクルにしている飼い主さんもい

記事を読む

犬が喜ぶことは何?しつけを上手にするための秘密!

しつけをするときに重要な事は何だと思いますか? あなたの言うことをちゃんと聞ける子にしつけるに

記事を読む

犬が匂いを嗅ぐ理由は?何を調べているの?

クンクンクン。あなたの愛犬も熱心に匂いを嗅いでいますか? お外はもちろん、室内でも一生懸命臭い

記事を読む

耳のしぐさでわかる犬の気持ちは?耳の病気やケア方法!

犬は耳の動かし方でも気持ちを表しています。 犬の耳のしぐさから、今どういう気持ちなのかを分かっ

記事を読む

愛犬の性格は?やんちゃ?おっとり?ズバリ性格診断!

あなたの愛犬の性格を診断してみましょう。 過去にワガママ度と甘えん坊度をチェックしてみました。

記事を読む

犬の気持ち | 音楽は理解できる?

「うちの犬は音楽をかけるとご機嫌になるの♪」 飼い主さんの好きな曲を一緒に聞いちゃうなど

記事を読む

犬の気持ち | 飼い主のことが嫌いになることはある?

最近良く愛犬のことを叱っているけど 犬は飼い主のことを嫌いになったりするのかな? 犬も飼

記事を読む

臆病でおとなしい愛犬を落ち着いた性格にするほめ方と叱り方!

臆病でおとなしい愛犬を、落ち着いた性格に変えていきましょう(^^) たくさんのストレスを抱え込

記事を読む

臆病なおとなしい愛犬との付き合い方は?怖がりな性格対処法

おとなしい性格の中でも、とても臆病な子の育て方をご紹介します。 何もなければとてもおとなしくて

記事を読む

犬がコマンドを聞かない理由は?しつけの際の注意点

待てやおすわり、伏せなどのコマンドを教えているのに いうことを聞いてくれないと困っていませんか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑