*

犬の去勢・避妊のメリット!唯一予防できる癌(がん)について

【この記事の所要時間:約 4 分】

(がん)は体のあらゆるところにできます。

愛犬の健康を維持してあげたいですから
毎日運動や食事に気を使って
愛情をいっぱい注いでいると思いますが
すべての癌(がん)を予防することは
今のところできません。

でも・・・

唯一予防してあげられる癌があります。

それが生殖器にできる腫瘍です。

seisyokuki
「やっほーい!元気に走り回れるのが幸せ~」

去勢と避妊について

去勢と避妊については、
賛否両論あると思います。

確かに健康な臓器を摘出してしまうことに
抵抗があるという人もいるでしょう。

去勢や避妊については
飼い主であるあなたが決めることなので
獣医さんに相談にのってもらい
納得できる方法を選んでいただきたいと思います。

 

ただ・・・

犬にできる腫瘍の中で
最も多いのが乳腺にできる乳腺腫瘍です。

乳腺腫瘍には良性もありますが
半数以上が悪性であり、いわゆる乳がんなんです。

この後、乳腺腫瘍についてもご紹介しますが・・・

去勢・避妊手術のデメリットとして
全身麻酔をかけるので、そのリスクがあります。

でも、もし腫瘍ができてしまって
手術をするとなると、もちろん全身麻酔ですし
病気によって体力も弱っている状態で
全身麻酔をかけないといけなくなりますよね?

 

癌(がん)になってしまうと
手術や治療で、愛犬の体に
本当に大きな負担を与えてしまいます。

辛い治療をしながら、苦しい思いをする
愛犬の姿を見たくないもの。
今回、生殖器にできる腫瘍について
種類や症状などをご紹介するので
判断する参考にしていただければと思います。

生殖器にできる腫瘍は?

これから生殖器にできる腫瘍をご紹介します。
検査の結果、良性である場合もありますが
今回ご紹介するのは悪性だった場合になります。

乳腺腫瘍(悪性)

腫瘍の中で最も多い腫瘍で
半数以上が乳がんです。

メスだけではなく、オスにもできることがあります。

でも、やはり多いのはメスなので
5歳以上になったらよく注意をしてください。

一般的に乳房は左右に5個ずつあります。
この乳房の部分にしこりができます。

症状と治療

多くの場合は、複数個のしこりができ
さわったりつまんだりしても痛む反応はありません。

そして、そのしこりは押すと動きます。

乳腺腫瘍には悪性と良性があり、
見ただけでは区別はつきにくいんですが
悪性の場合は急速にしこりが大きくなる
という特徴があります。

しこりが大きくなるのが早いなど
悪性が疑われる場合は
そのしこりと中心として
健康な部分を含めて大きく切除します。
(ただし、広範囲にわたっていたり
高齢などの場合は手術ができません)

子宮がん(悪性)

比較的飼い主が発見しやすい癌です。

症状と治療

膣から茶色っぽいおりものが見られることがあります。
治療は、早期であれば
子宮を摘出する手術を行います。

精巣腫瘍(悪性)

精巣(睾丸)にできる腫瘍です。
オスによく見られる腫瘍ですが
良性の場合も多いです。

精巣が体内にとどまっている
停留精巣(ていりゅうせいそう)があると
精巣腫瘍にかかる可能性が高くなります。

症状と治療

停留精巣の場合、精巣腫瘍になっても
最初はあまり症状がありません

食欲がなくなり、元気がなくなり
精巣が大きくなるのでお腹が膨れて見えることもあります。

精巣の位置が足の付け根辺りの場合
足の付け根辺りが丸く硬いしこりになります。

腫瘍のタイプにもよるんですが
脱毛が見られたり、乳腺が大きくなる場合もあります。

治療は、大きく腫れた精巣を
摘出する手術を行います。

 

ご紹介した他に、オスですと前立腺、
メスだと卵巣に腫瘍ができることがあります。

スポンサーリンク

最後に

オスの去勢手術では、肛門近くの
陰嚢に入っている2つの精巣を
両方とも摘出します。

メスの避妊手術では
卵巣と子宮を療法摘出することが多いです。

たしかに、去勢・避妊手術を受けたから
と言って腫瘍に絶対ならないか?
と言われればそうではありません。

でも、メスの場合は癌だけでなく
子宮が細菌に感染して炎症を起こす
子宮蓄膿症の予防もできますし、
オスでしたら停留精巣から
高い確率でできてしまう腫瘍(精巣腫瘍)を
予防することができます。

 

かといって、実際に去勢・避妊手術を行う
という段階になると、迷いが生じても
決しておかしいことではありません。

そんな時は、やはり獣医さんと
よく話し合って決めるのが一番でしょう(^^)

何度も話し合って、あなたの愛犬にとって
一番いい方法を選択してあげてください。

そして、もし手術をすると決めた時は
あまりに安すぎる価格で手術をする
動物病院は避けて、信頼できる獣医さんに
お願いしてくださいね(^^)

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬の骨折や骨肉腫など骨の病気の症状は?

小型犬は特に骨折しやすいです。 愛犬が骨折してしまった時の症状や治療法、 また、骨の病気

記事を読む

愛犬の老化からくる認知症の症状は?改善方法はある?

愛犬には長生きしてもらいたい! だれでもそう思っていますが、確実に年はとってしまいます。

記事を読む

犬が体をしきりに掻くのは?お尻をこする理由は?病気?

前回、愛犬が頭(顔)を掻く理由をご紹介しました。 気持ちの理由と病気の理由がありましたね。

記事を読む

犬の食欲不振の原因は?嘔吐したけど病気?

どうも最近食欲が無いとか、急に嘔吐すると心配になりますよね(´・ω・`) その食欲不振の原因は

記事を読む

犬の痙攣の原因は?考えられる病気とてんかんの症状

急に愛犬が痙攣をおこした時慌ててしまいますよね?! どうして痙攣をおこしたのか、考えられる病気

記事を読む

犬の鼻(鼻腔)と肝臓など腹腔にできる癌の症状は?

犬にできる癌(腫瘍)についてご紹介します。 癌はいろいろな場所にできてしまいますが、その中でも

記事を読む

犬の目(眼球)の病気 | 白内障、緑内障、ブドウ膜炎ほか

犬の目のうち、眼球の病気についてご紹介します。 眼球の病気というと白内障、緑内障、ブドウ膜炎、

記事を読む

犬がよだれを出す原因は?大量に出るけど病気?

いつもよだれを出しているけどどうして? よだれを出しているのには原因があります。 また、

記事を読む

犬の歯の病気は?歯周病と虫歯について

歯と口はものを食べる器官ですから、大変重要な部分です。 しかし、近年、歯周病や虫歯になる犬がと

記事を読む

犬の咳の原因は?どんな病気?咳の種類別対処法!

犬が咳をしているけど、風邪かな?と軽く見過ごしていませんか? その咳の原因はもしかしたら病気が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑