犬の食事の量は?体重別必要カロリーと意外と危険な食品

【この記事の所要時間:約 4 分】

めて犬を飼い始めた人にとって、戸惑うのが食事の量です。

あげ過ぎたら肥満になるし、少ないと可愛そうだし・・

今回は、体重別の必要カロリーをご紹介します。

あと、与えちゃいけない意外と危険な食品ってなんでしょう?

ryou
白「なぁ・・・・・さっきお前オレのご飯食ってね?」
黒「・・・・・・」

体重別、愛犬の必要カロリーは?

わたしたちはごはんを食べる時
「何グラム食べる」とかって食べ方じゃありませんよね?

だいたいお腹いっぱいまでとか、
腹八分目(←コッチが正解!)にするとか
アバウトな決め方をしています。

 

でも、愛犬にこのようなあげ方をすると・・・

とんでもないことになります!

犬は昔からの習性で
食べられるときに食べられるだけ食べる
という食べ方をするんですね。

ですから、愛犬には
年齢や犬種、運動量によって
一日に必要な摂取カロリー
というのがあります。

体重別で必要なカロリーをミてみると

体重が

5kg前後・・・350キロカロリー

10kg前後・・・600キロカロリー

20kg前後・・・1000キロカロリー

30kg前後・・・1400キロカロリー

というのが一般的な目安になります。

これは、運動量で見ると
一日に2回のお散歩をして
あなたが30分以上遊んであげられた時

犬種によっては、もっと豊富な運動量を
必要とする子もいますし
あなたの都合によっては
散歩にあまり時間がとれなかった
という場合もあると思います。

運動量が変わったら
どれくらい必要なカロリーが違うんでしょう(*・ω・*)?

運動量によって必要カロリーが変わる

「うちの子はちゃんと運動をさせられているかしら?」

それって疑問になりますよね?

当サイトで犬種別のご紹介のところで
その犬種の必要な運動量について
ご紹介していますので参考にしてください。

また、うちの子は運動できてる?
の記事で、実際の愛犬の行動から
その子に運動量が足りているか?
ということもご紹介しているので
一度ご覧になってみてください。

 

さて、たくさんの運動量が必要な
ボーダーコリーやビーグルなど
とにかくたくさん走らせてあげる犬種
ですと、食事の量も変わってきます。

たくさん走らせてあげられた場合
さきほどご紹介した必要カロリーより
150%までなら増やしてあげて問題ありません。

体重が10kgのワンちゃんだったら
600kcal×1.5=900kcal
ですので、しっかり運動できれば
900kcalまであげられるんですね(^^)

 

逆に散歩の時間があまりとれなかったり
遊んであげられなかった場合には
先ほどの必要カロリーの85%に減らします

体重が10kgのワンちゃんで
600kcal×0.85=510kcal
だから、510kcalまで減らすのがいいんですね。

 

ん~・・・

運動したいのに走れないわ、
食事は減らされるわ・・・
わたしたちでもストレスになりそうです(´;ω;`)

これは肥満を防止するために
しかたないことなんですが・・・

でも、愛犬のストレスになると思うと、
ぜひ運動の時間をたっぷりと
とってあげたいと思いますね(^^)

ちなみに、これは食事だけじゃありませんよ!

おやつとしてあげるもの(しつけ含む)
もカロリーとして入りますから要注意です。

犬にとって意外と危険な食品

犬は中毒を起こす食品がある
というのはあなたもご存知だと思います。

当サイトでもご紹介していますが
その他にもある、身近だけど
意外と危険な食品をご紹介しましょう。

生卵 卵白に含まれているアビジンという物質が食欲不振や脱毛、皮膚炎を起こします。ただし、加熱すれば大丈夫!
生魚 魚の内臓にビタミンB1を壊す酵素が含まれています。元気がなくなったり脚気(かっけ)をおこすことも。ただし、加熱すれば大丈夫
レバー 時々なら問題ありませんが、頻繁にあげているとビタミンA中毒になり、毛が抜けたり関節の痛みを起こします。
カフェイン 甘いので喜びますが、カフェインは下痢や嘔吐、けいれんを引き起こして、最悪の場合は命を失います。
アボカド ペルジンという物質が有害で、胃腸にダメージを与えて嘔吐や下痢を起こします。最悪は命を失うこともあります。

このほかにも、マカデミアナッツや
にんにくも中毒を起こす食品になります。

 

また、これは中毒ではないんですが
ソフトタイプのドッグフードをあげている場合
痛むのが心配で冷蔵保存を
しているかもしれませんが、
冷蔵庫から出してすぐにあげると
お腹を壊してしまうことがあるので
常温に戻してからあげてください。

 

愛犬が肥満にならないで、
健康的に過ごすためには
運動と食事の管理が重要です!

普段から、色々と気をつけて
愛犬の体調管理をしてあげてくださいね(^^)

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬に牛乳をあげちゃダメなの?!下痢や肥満になる?

栄養補給として牛乳をあげていませんか? 確かに、大喜びで飲みますしカルシウムもとれて 最

記事を読む

犬も日焼けをするの?日焼け止めはするべき?

暑い夏の間は、お散歩の時間も気を使って 太陽がさんさんと降り注いでいる時間には行かないようにし

記事を読む

犬はマッサージしてもらうのが好き?治癒力を高める代替療法

うちの子マッサージしてあげると本当に気持ちよさそう♪ マッサージが気持ちいいって、犬も肩こりな

記事を読む

愛犬の健康管理!気をつけたい季節に合わせた病気対策は?

愛犬の健康をまもるのは飼い主であるあなたです。 毎日の健康チェックに加えて、季節ごとの健康管理

記事を読む

愛犬が怪我ややけどをした時の応急処置の方法!

たいへん!!愛犬が怪我をした!! やけどをしたり、怪我をして出血などがあったら慌ててしまいます

記事を読む

犬も車酔いをする!?酔い止めの薬は?車に慣れさせる方法は?

長いお休みになると、旅行に行こうという計画もあると思います。 最近では愛犬と一緒に泊まれるホテ

記事を読む

犬の病院によって料金が違うのはなぜ?選ぶ基準は?

  動物病院に連れて行ったとき料金で困ったことはありませんか? 「他の病院で同

記事を読む

愛犬の健康を守る代替療法で治癒力を高めよう!

今回は日本で行われている主な代替療法についてご紹介します。 代替療法にはどんな種類があるか?メ

記事を読む

薬や殺虫剤、鉛による犬の中毒 | 症状と原因と治療は?

なんか愛犬の様子がおかしい・・ その原因は中毒をおこしているからかもしれません。 人間の

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑