【小型犬】ヨークシャー・テリアの性格と飼い方

【この記事の所要時間:約 4 分】

yorkshire00

美しく輝くヨークシャー・テリアは

「動く宝石」と呼ばれています。

「ヨーキー」の愛称で親しまれている

世界的に人気のある犬種です♪

 

もとはネズミ捕り犬だった!

19世紀のイギリスで、ヨークシャー地方の
労働者がネズミを捕るために作った犬種
といわれています。

もとは今より大きかったんですよ♪

利口で用心深い性格で冒険好き。
エネルギッシュによく動きまわるなど
とても活発です。

yorkshire0

さすがネズミ捕り用だっただけあって
急で小さな動きに敏感に反応するそうです。

 

一人でも室内をしょっちゅう動きまわって
遊んでいますので、それだけでも
結構な運動量になりますから、
軽い散歩を加えるくらいで大丈夫♪

 

お外で激しく遊ぶというタイプではないので
お部屋の中で遊ぶくらいで十分です。

 

美しい姿とは逆に、性格は
自己主張が激しく、負けん気が強い
ところがあるんですね。

 

物事に勇敢に立ち向かいます。

よく吠えて精一杯のアピールを繰り広げますが
本人としては番犬として働いているつもりなんです。

 

頑張っているんですが、そこが扱いにくいって
思われちゃう部分になります。

性格が悪いんじゃなくて
飼い方によっては頑固な子に育ってしまう
おそれがあるようです。

 

小さくてカワイイですからね。。。
過保護にしたり、甘やかせてしまう気持ちは
わかるんですが、ちゃんとコントロールできるよう
信頼関係を築くようにしたいですね(^^)

yorkshire1

犬種上、小さな動きに敏感に反応しますから
小さなお子さんがいるご家庭には
オススメができません。

お子さんを攻撃してしまうおそれがある

ということは覚えておいてくださいね。

 

なるべく、

大人の家庭でゆったり飼える人向きです

 

ゆったりした環境で飼われると
ヨークシャー・テリア自体も落ち着いた
扱いやすい犬に成長していきます。

 

負けん気が強いくせに、甘えん坊で
寂しがりやさんなんですね。

 

だから、長い時間一人で留守番させたり
見知らぬところに預けられたりすると
ストレスで体調を壊してしまうほど
繊細さを持ち合わせています。

 

飼い主さんのことが大好きですから、
わがままな子にならないように
飼い主さんがしっかりコントロールしましょうね♪

SPONSERD LINK

子犬時代の健康管理はここに注意!

生後6ヶ月くらいまでは

低血糖症

になりやすいです。

食が細い子犬の場合は、注意が必要!

 

食べないと、つい心配で

「ほら~いっぱい食べようね~」

って食べるまで姿をみちゃいますよね?

 

でも、見られているとその目が気になって
食べられなくなっちゃうという繊細さなんです。

そんな時は、ヨークシャー・テリアの習性を利用しましょう。

小さな動きに敏感に反応する
ってごしょうかいしましたよね。

 

これを利用して、いったん食事を出すふりをして
スッとこちらに引いてしまったり
出しても食べなさそうだったら
急に引き上げたりと、注意を向けてみましょう。

 

何度か繰り返していくうちに
あまり食べない子でも、競争心が高まって
食べるようになるようです(^^)

 

飼いやすさの目安

体高 23cm前後
体重 3kg以内
価格 12~25万円
原産国 イギリス
運動量 10分×2回

状況判断がよい⇒☆☆

社会性・協調性がある⇒☆☆☆

健康管理がしやすい⇒☆☆

訓練されるのが好き⇒☆☆

友好的⇒☆☆☆

 

大人の家庭で飼ってあげられるのであれば
比較的飼いやすい犬です。

初心者さんでも大丈夫。

甘やかせ過ぎないことに注意して

  • 信頼関係を築くこと
  • 神経質にならないこと
  • 毎日ブラッシングすること

に気をつけてあげましょう♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

【小型犬】シェットランド・シープドッグの性格と飼い方

過酷な環境で誕生した牧羊犬である シェットランド・シープドッグ。 通称シェルティ

記事を読む

【小型犬】ジャック・ラッセル・テリアの性格と飼い方

ジャック・ラッセル・テリアは、テリア種の猟犬です。 タフでスピード感あふれる犬なんです

記事を読む

【小型犬】キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格と飼い方

外交的なトイ・ドッグである キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。 優雅で

記事を読む

【小型犬】ミニチュア・ピンシャーの性格と飼い方

「ミニピン」の愛称で親しまれている ミニチュア・ピンシャー。 ドーベルマンを小型

記事を読む

【小型犬】ミニチュア・ダックスフンドの性格と飼い方

明るく、賢く、好奇心旺盛な狩猟犬 ドイツ原産の、中世から知られる狩猟犬です。 理

記事を読む

【小型犬】日本スピッツの性格と飼い方

人気が復活しつつある日本人好みの家庭犬です。 一時、よく吠える犬とされてしまいましたが

記事を読む

【小型犬】ビーグルの性格と飼い方

世界中で愛されているビーグル。 タフで大きな鳴き声、遊び大好き♪ 超有名人気漫画

記事を読む

小型犬と中型犬の区別はどうなってる?

犬種によって「小型犬」とか「中型犬」って 分けられていますよね? どこまでが小型

記事を読む

【小型犬】狆(チン)の性格と飼い方

日本初の世界公認犬種である狆(チン)。 利口でおとなしくだれにでも飼いやすいんですよ♪

記事を読む

【小型犬】パグの性格と飼い方

パグの名前の由来は「握りこぶし」。 中国からヨーロッパに渡った愛玩犬です。 特徴

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑