トイレのしつけの盲点だった!?掃除の姿は見せちゃダメ!

犬のトイレのしつけと粗相の掃除に要注意!

プードル
「あれ?僕どうしてここにいないといけないんだろう?」

愛犬のトイレのしつけをしているとき、
気を長く持って、おおらかにしつけをしないといけません。

しかも、トイレの失敗を見つけても
決して怒ってはいけないんですが…
これに関しては後ほど詳しく理由をご紹介します。

いろいろと気をつけて
トイレのしつけを頑張っているのに
なかなか覚えてくれない場合もあります。

何度も繰り返される粗相に
黙って掃除をしながら
涙目になっている飼い主さんも多いでしょう(^^;)

「うちの犬はバカ犬なのかしら」

そう思ってしまうことも仕方ありませんが
実はあなたのある行動を見せているから
愛犬のトイレのしつけができない可能性があります。

ある行動とは?・・・・

あなたのお掃除をしている姿です!

おしっこなどの失敗を見つけたら、
愛犬を無視して無言でお掃除をしてください
と、当サイトでも申し上げてきました。

この行動は間違えていませんので
やはり粗相をしたところを見つけたら
無言でお掃除してほしいんですが、
その掃除している姿を愛犬が見ていると
トイレのしつけが進まないことがあるんです。

これはなぜかというと、
あなたが粗相を見つけたあと、
すぐに雑巾をとりに行き、
せっせと床を拭いたり、
じゅうたんをトントン叩いて
水分を吸い取ったり、
消臭剤でシュッシュッと消臭している姿を見ると
実は「ママがかまってくれている♪」
と勘違いしてしまうかもしれないからなんですね(゜o゜;!!

あなたの愛犬の目には
自分がしたおしっこで、ママが一生懸命何かをしている
と映ってしまう可能性があります。

わたしたちとしては臭いもつけたくないし
シミになるのも嫌だということもあり
少しでも早くきれいにしようと
一心不乱に掃除をしてしまうことが多いです。

この姿を見ると、愛犬の方では
ママが自分にかまってくれてる
と思ってしまうことがあります。

それでは、どうしたらいいのか
対策を見ていきたいと思いますΣb( `・ω・´)グッ

愛犬のおしっこの失敗を発見した時の対策は?

もちろんこちらは、かまってるつもりもないし
うんざりしながらお掃除をしているのに
「かまってくれてる」と思うなんて、
困ってしまいますよね(^^;)

これは、普段忙しくて
一緒に遊んでくれる時間が少ない犬が
勘違いしがちなことです。

毎日、必ず愛犬としっかり遊び
スキンシップをとったり、
心を通わせる時間を作るようにしてください。

そして、おしっこの掃除ですが
おしっこの失敗を発見したら、
まずほかの部屋に犬を移動させます。

もしくは、サークル内に入れて
上から大きなバスタオルなどでおおって
サークルの外が見えない状況にします。

要するに、なるべく早く
愛犬を掃除の姿が見えない場所に連れていき
そのあとでお掃除をするようにしてください。

こうすることで、愛犬に掃除の姿を
見せないことができる上、
犬としては急に一人ぼっちにさせられるので
楽しくなくなります。

おしっこを失敗する=楽しくなくなる

ということも教えることができるので
一石二鳥なんですね(^^)

今まで、なかなかトイレのしつけができず、
そういえば掃除の姿を見せていたわ!
という場合は、まず愛犬をほかの部屋に
連れて行ってから掃除をするようにしてみてください。

愛犬のおしっこ掃除のやりがちな間違いとは

おしっこを同じ場所で失敗する場合、
そこをトイレだと勘違いしてしまっている可能性があります。

それは、おしっこのニオイが
そこに残ってしまっているからなんですね。

消臭については、
カーペットの掃除方法
家の緊急臭い消しなどでも
ご紹介しているので参考にしてください。

わたしたちが、やってしまいがちな間違いとは
トイレ掃除用の雑巾を作ってしまうことなんです。

おしっこの粗相をするたびに
その雑巾を使って掃除するとなると
雑巾自体におしっこのニオイが
バッチリついているので、臭いを
なすり付けているという状態になってしまいます。

おしっこを掃除するときの手軽な方法としては
トイレシーツなどをつかって、
まずおしっこの水分をしっかり吸収して
消臭スプレーで消臭するという方法があります。

万全ではありませんが、トイレ用の雑巾で
掃除するよりは全然臭いが落とせます。

もし、もうすでにどうしても臭いがついて
匂いが落とせない床があるという場合には
そこにブロックタイプのマットをひいてしまうのも
1つの方法です。

↑↑

こういうやつです。

汚れた場所を隠してしまうので
手っ取り早くおしっこのにおいがする場所を
なくすことができます。

良かったら参考にしてみてください(^^)

犬のトイレのしつけで失敗を怒ってはいけない科学的な理由とは?

愛犬にトイレのしつけをしていると
何度もされてしまうのがトイレの失敗です。

失敗は仕方ないと思いつつも、
何度も何度も失敗されるとイライラしちゃうでしょう。

「いったいいつになったらトイレを覚えられるの!?」
と怒りの感情が起きてしまうかもしれません。

トイレではない、間違えた場所に
おしっこをしてしまったら
「ちゃんと叱りましょう」と書いてある本も見受けられます。

ただ、犬を叱るタイミングは
現行犯の時以外は意味がないので
叱るとしても、後から叱るのはやめてください。

犬は大変頭がいい動物ですが
過去のことを今に結び付けることは困難です。

だいたい言葉が通じませんからね(^^;)

わたしたち人間だって、
全く言葉がわからない外国に行ったとき、
知らずに何かをしでかしていて、
後から現地の人に怒られても
怒っていることがわかるだけで
何がいけなかったのかわかりませんよね?

しかも、自分より体が大きくて
いかつい風貌の人から激しく怒られてしまったら・・・

「う・・なんかめっちゃ怒られてる・・orz」

こうなると、何をしても怒られるような気になり
委縮してしまうんじゃないでしょうか。

あなたが怒ると、あなたの愛犬はこれと同じ気持ちになります。

犬を叱るときは現行犯だけ!

トイレの失敗の場合、おしっこを発見してから
「ダメでしょ!」「いけない」
と叱ったとします。

すると、
「おしっこ」=「いけない」
と理解してしまう可能性が高くなります。

それでは現行犯で叱れた場合はどうでしょう。

「ここでおしっこ」=「いけない」⇒トイレでおしっこしよう

こう思えるでしょうか?

実際は、前の場合と一緒で
「おしっこ」=「いけない」
と思ってしまう可能性の方が高いんですね(´・ω・`)

「ボクがおしっこをするとママに叱られるんだ」

こう愛犬が受け取ってしまったら
あなたの前でおしっこをしないようにします。

トイレの場所はあなたから見えるところですから
トイレでおしっこをしようとは思わないでしょう。

物陰や、ソファーの下、タンスの裏側など
あなたから隠れておしっこをできる場所を探すようになります。

これではトイレのしつけどころではありませんよね!

おしっこをしたいという「排泄」は
自律神経によってコントロールされています。

自律神経は心理的なストレスに
大きく影響を受けやすいものなので
どんどんおしっこのリズムが乱れ
所構わずおしっこをしてしまうという
問題行動に発展することもあります。

問題行動にならないためにも
トイレを失敗してしまったとしても
叱らないほうがいいということです。

そして、トイレでおしっこができた場合は
3秒以内にしっかりほめて
トイレでおしっこをするとママが喜ぶ
ということを教えてあげましょう(^^)

トイレのしつけができないのはほめ方と叱り方が原因かも?

ほめるというと、どんなほめ言葉がいいか?
と悩んでしまうことがありますが、
統一することが大切です。

ほめるときはいつも決まったほめ言葉を使う

まずこれを徹底してください。

サークル内ではトイレをトイレの場所で
できるようになったけど、
サークルから外に出して遊んでいるときは
トイレじゃないところで粗相をしてしまう
ということがあります。

トイレがしたくなるタイミング
ご紹介したように、遊んだあとや
興奮したあとというのは
トイレをしやすいタイミングなんですね。

だから、サークルから出して
遊んであげた後はおしっこをしたくなる
場合が多いので、粗相をする可能性も上がります。

「サークル内ではちゃんとできるのに
サークルから出したら床やカーペットに
おしっこをしちゃうんだから(`・д・´)」

こうなってくると・・・

だんだんあなたのストレスも溜まって
ついイライラしたり、
怒鳴ってしまうこともあるかもしれません(´・ω・`)

でも、ここで一度
あなたの愛犬をよく観察してみてください。

  • あなたの愛犬は、ほめてもらった時嬉しそうですか?

またあなたの行動も見直してみてください。

  • サークル内でおしっこができたときにあなたはほめていますか?
  • 叱るタイミングは間違っていませんか?

もし、愛犬がほめられてもうれしそうじゃない
という場合は、あなたのほめ方と叱り方で
愛犬に伝わっていない可能性があります。

トイレのしつけはほめるタイミングが大切!

愛犬があなたにほめられても
嬉しそうじゃないのは
あなたのほめるタイミングがずれているからかもしれません。

犬は、あなたにほめられたことがわかると
それをいいことと経験しますから
同じことをやって褒められようと思います。

トイレも同じです。

「なんかこの場所でおしっこをすると
ママにほめてもらえるみたい・・・
ほめてもらうにはここでおしっこをすればいいんだ」

このように、犬は「トイレで用を足すもの」
とおぼえていくのではなく
「ほめてもらうことをする」=トイレでおしっこをする
という考え方をしています。

ですから、わたしたちがほめるタイミングが
ずれてしまうと愛犬に伝わらないんです。

ほめるタイミングはすぐ!

3秒以内にほめることが重要です。

大きな声を出す必要はありませんが
いつもよりワントーン高い声で
わかりやすい短い単語でほめてください。

最初のうちはおやつなどをあげて
わかりやすくしてあげるのもいいでしょう(^^)

もちろん、サークルの中にいるときも
トイレシーツの上でトイレができたら
ほめてあげてください。

そして、ちょっと難しいのは
叱るタイミングです。

叱るタイミングも間違えてしまうと
なぜ叱られているのかが分からないです。

してはいけないところでおしっこをしたら
0.5秒以内に叱ってください。

0.5秒ですから、粗相をし終わった後に
叱るのでは完全にタイミングが遅いんですね。

叱るときは粗相をしている間に
叱らないと意味がないので
そのタイミングを逃してしまった時は
叱らないでください。

この叱るときも声のトーンに注意します。

いつもより低い声で短い言葉で叱りましょう。

犬が「叱られた!」と認識したときは

  • 動きが止まる
  • 耳が下がる
  • 鼻を舐める
  • あくびをする
  • お腹を出す
  • 姿勢を低くする

このようなしぐさや行動が見られます。

もしこのようなしぐさが見られたら
理解したんだなと思ってください。

叱る場合は0.5秒以内でないと叱る意味がないんですが、
トイレの失敗は、基本的に叱らないほうがいいです。

愛犬のトイレのしつけはおおらかに

犬はトイレのしつけが完璧な子でも
興奮した時とか、甘えたい時、
服従の態度を示す時などにトイレ以外でおしっこをします。

ですから、
「トイレのしつけをちゃんとしないと」
と神経質に考えすぎたり、
粗相をすることに対してイライラしないよう
おおらかな気持ちで接していくようにしましょう。

人間もそうですが、犬も叱られるのは嫌いです。

あまり叱り過ぎると、委縮してしまうので
その後の性格が臆病になったり
神経質になったり、逆に凶暴になったり
と素直な性格じゃなくなることもあります。

また、もし家族で飼っている場合は
人によって対応を変えてしまうと
犬も混乱してしまいます。

パパは許してくれるし
ママは無言で片づけるし
お姉ちゃんは怒るし
弟は騒いでいるし・・・

このように家族みんながばらばらだと
いいことといけないことの区別を
つけられないので混乱するんです。

  • 叱っていいのは粗相をしているときだけ
  • 粗相のあとを見つけたら怒らないで片づける
  • ちゃんとトイレでしているのを見たらすぐほめる
  • ほめるとき叱るときの声のトーンに気をつける
  • ほめる時と叱るときの言葉を決めておく

これらのことを家族で話し合っておくといいでしょう(^^)

トイレのしつけがうまくいくには
愛犬だけでなくあなたの努力も大切です。

ほめ上手、叱り上手になって
頑張ってみてくださいΣb( `・ω・´)グッ

もしも、一生懸命頑張っているのに
トイレを全く覚えない場合は
もしかしたら病気の可能性も疑ってみましょう。

2 COMMENTS

キヨシ

こんにちわ。チワワ 9歳 ♂を飼っています。
10月末に引越し、11月中旬に隣が改築工事開始、年末から車で帰省約4時間といった状況でした。
現在、急にキャンキャン泣く、散歩は行くが家に帰ってきたら尻尾を下げて部屋の隅っこ。餌も私が居ない時にこっそり食べてる様子。獣医行きましたが原因不明だか首辺りが痛そうな仕草があり少量の痛み止めもらいました。
声をかけて数時間後には普通に戻る感じです。
どんな対応すれば良いのかわかりません。よろしくお願いします。

返信する
yabuki1

はじめまして。

管理人の神楽と申します。

コメントをいただきましてありがとうございました。
状況を詳しくお教えいただいたので助かります。

ご質問についてですが・・・

お引越しや、改装工事、帰省など、ワンちゃんの環境が色々と変わったご様子ですね。

キヨシ様も、お気づきになられている感じがしますが、最初はストレスによるものかな?と思いましたが、ストレスによる行動だとしたら、トイレができなくなり、あちこちにおしっこをしてしまうとか、いつもはしなかったいたずらをするようになるという行動が見られます。

そういったご様子はないのでしょうか?
いただいたご質問を見る限りはお書きいただいていませんが、このページをご覧になっているということは、おしっこを失敗するようになった可能性もありますね。。。

ワンちゃんの行動を見ますと、

急にキャンキャン泣く⇒キャンキャン高い声でなくときは痛みやおそれを感じているとき

であり、

尻尾を下げて部屋の隅っこに行く⇒やはり恐れを感じているとき

の行動ですので、環境の変化によって、ストレスよりも不安感が強いのではないかと思います。(おしっこを失敗しているとしたら、ストレスもかかっているでしょう。)

9歳というと完全に大人になっていますので、子犬よりも環境の変化に対応するのが難しかったのかもしれません。

ワンちゃんが不安を感じているときは、あまりこちらからアプローチはせずに、そっとしておいてあげる方がいいです。(放置ではなく、あくまで見守りモードで接するという意味です)

また、不安を感じている間は、怒ったり叱ったりするのは控えるようにしてください。
おしっこを失敗しても、怒るのはダメ(乂・д・`)無言でちゃちゃっと片づけてくださいね(^^)

声をかけて数時間後に普通に戻る感じでしたら、普通に戻ったときに笑顔で優しく接してあげると、不安感やストレスが消えるのが早いです。

また、お食事もキヨシ様がいないときに食べているのなら大丈夫、問題ありません。

不安感が消えて、落ち着きを取り戻せば、以前のように食べるようになると思います。

ただ、10月のお引越しから考えて、3か月くらいの間、落ち着かない状況が続いていたようなので、焦らないで長い目で優しく見守ってあげたほうが良いのではないかと思います。

その子の性格にもよりますので、期間は何とも言えませんが、「戻るまでに数か月かかる」という気持ちでいたほうがいいでしょう。

とにかく、笑顔で接してあげることが大切です。

獣医さんにみていただいていたとのことなので、病気や怪我ではないという判断でお話しさせていただきますが、首のあたりを痛そうな仕草をするという点が気になりますね。。。

最近、首輪を変えたとか、帰省中にいつもとは違う人が散歩をさせたということはありませんでしたか?

チワワなどの小型犬は、高いところから飛び降りただけで足を骨折することがあるくらいですから・・・

とりあえず、痛そうにしている間は首に負担をかけないように考えてあげるといいんじゃないでしょうか。

首輪にリードをつけるのではなく、ハーネスタイプにしてみるというのも一つの方法かもしれません。

私の考えつくことをご提案させていただきましたが、参考にしてもらえることはあったでしょうか。。。

少しでも早く、キヨシ様と、ワンちゃんが以前のように楽しく生活できるようになるといいですね♪

ワンちゃんが早く不安が消えて、元気に復活できるようお祈りしています(*^人^*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です