犬も足がつるの?病気の可能性はある?

【この記事の所要時間:約 3 分】

回は「足」について見ていきたいと思います(^^)

急に「キャン!」と鳴いたかと思うと足をぴーんとさせて足を引きずる。

でも、少しすると戻ったようで普段とかわりなく過ごしている・・・

これって犬も足がつるの?病気?

inuhone
「確かに骨はこうだけど・・・書かなくても(T_T)」

犬も足ってつるの?

わたしたちが足がつった時って
どうなっているかご存知ですか?

足がつる仕組みは
筋肉疲労が主な原因となって
筋肉が萎縮し、強烈な痛みを伴って
痙攣している状態です。

別名「こむら返り」ともいいますが
あれはかなり痛いですよね(T_T)

ピーン!!とした痛みが走って
若干パニックになってしまうこともあります。

 

コレと同じ現象が犬にも起こるんでしょうか?

 

あなたの愛犬は冒頭でお話したように
痛そうに「キャンキャン」鳴きながら
足がぴーんとした状態になって
足を地面に付けないようにしていたり
片足を上げてパニックになっていたことはありませんか?

まさに、わたしたちの足がつっている
と同じような感じですが・・・

 

じつはこれ、

足がつっている訳じゃありません(乂・д・´)

 

軽く脱臼している状態なんです!

脱臼とは、関節を構成している骨同士が
何らかの拍子に位置がずれてしまって
正常に動かせなくなっている状態です。

そしてこの場合考えられるのが
大腿骨(太ももの部分)と脛骨(すねの部分)を
つないでいる関節のところに
膝蓋骨(いわゆるひざの皿)があるんですが
これがズレてしまったためと考えられます。

じゃ、これは病気?

脱臼には2種類あるんですが
完全にズレている場合を完全脱臼といい
部分的にズレているだけの場合を
亜脱臼といいます。

この膝蓋骨が脱臼する状態も
ただちょっとズレてしまうくらいだったら
自分で治せることも多いです。

自分で治すことを覚えて、ズレた位置が
治せるようならとりあえずは大丈夫。

朝起きた時に背伸びをするように
足を伸ばすしぐさをしていたら
それは膝の位置を戻している動作だそうです。

このような膝蓋骨の亜脱臼は
よく滑るフローリングの上を歩いていると
起こりやすくなるようなので気をつけてください。

 

軽い亜脱臼だったら、痛みがなくて
自然に治ってしまうこともあるんですが、
頻繁になるようだったら、
やはり動物病院で診てもらったほうがいいです。

というのも、ごく軽い亜脱臼なら
経過観察で済む場合もあるんですが
多くは手術が必要になります。

原因として多いのは外傷もありますが
生まれつきという遺伝的要因の場合が多いです。

成長とともに脱臼した時の痛みも
強くなっていきますし、
患部をかばうあまり、他の部分に
障害が出てしまうおそれもあるものなんです(´;ω;`)

SPONSERD LINK

どんな治療になるの?

治療方法としては、その段階(グレード)によって
症状が重い場合は手術になります。

膝蓋骨は、滑車溝(かっしゃこう)と呼ばれる
溝にはまっています。
ここを滑ることによって膝の関節が
うまく動くようになっているんですが
滑車溝から膝蓋骨が外れやすくなっているんですね。

ですから、滑車溝を深くしたり、
関節を包んでいる関節包をゆるめるなどの
手術を行うようになります。

何度か外れている場合は
遺伝的な要因が考えられますから
軽い脱臼だったとしても
なるべく若くて元気なうちに
手術をうけておいたほうがいいでしょう。

それと同時に、やはり室内環境を点検し

  • 高いところに登りやすくはないか?
  • 床が滑りやすくはないか?
  • よくソファーから飛び降りていないか?

などに注意をして、改善しておくようにしてくださいね(^^)

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の病院によって料金が違うのはなぜ?選ぶ基準は?

  動物病院に連れて行ったとき料金で困ったことはありませんか? 「他の病院で同

記事を読む

愛犬の健康を守る代替療法で治癒力を高めよう!

今回は日本で行われている主な代替療法についてご紹介します。 代替療法にはどんな種類があるか?メ

記事を読む

犬の目の病気は?目やに、チェリーアイなど目の病気と症状

目の様子がおかしい!! 大切な愛犬の目にどうも異常がある気がする・・・ どんな症状があっ

記事を読む

犬の夏バテ対策は?【保存版】暑い時のケア~症状と対処法!

犬はどうして厚さが苦手で夏バテしやすいんでしょうか? 犬の夏バテの原因や熱中症との違い、夏バテにな

記事を読む

犬が雑草を食べるのはいい?毒がある植物は?

今日も元気にお散歩に行きました♪ すると、愛犬が草むらに顔を突っ込んで何やらムシャムシャ・・・

記事を読む

タイプ別おすすめドッグフードは?それぞれのメリットと注意点!

ドッグフードのタイプ別おすすめ点をご紹介します。 それぞれのメリットと与える時の注意点はどんな

記事を読む

犬の薬の飲ませ方は?薬を与える時のルール

薬を飲ませたいんだけど飲ませ方が分からない! 犬の薬には錠剤、液剤、点眼薬、軟膏などがあります

記事を読む

犬が中毒を起こすとどんな症状がでる?対処法は?

  中毒とは、愛犬の体に毒になるものが体内に入って起こります。 犬が中毒を起こ

記事を読む

犬も日焼けをするの?日焼け止めはするべき?

暑い夏の間は、お散歩の時間も気を使って 太陽がさんさんと降り注いでいる時間には行かないようにし

記事を読む

愛犬が噛みつくようになった!それは異食症かも?しつけ方は?

今まではそれほどひどくなかったのに(´・ω・`) 愛犬が噛み付くようになった場合、異食症の疑い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑