犬も日焼けをするの?日焼け止めはするべき?

【この記事の所要時間:約 4 分】

い夏の間は、お散歩の時間も気を使って

太陽がさんさんと降り注いでいる時間には行かないようにしますよね(^^)

でも、家族でお出かけした時などに気になってくるのは犬も日焼けをするのか?

シミはできるの?日焼け止めは塗ってあげた方がいい?

hiyake
「うふ♪おしゃれな私はサングラスも決まってるでしょ♡」

犬って日焼けする??

犬はとても暑がりな犬種が多いので
暑い夏にはお散歩の時間も
太陽が出ていない時間帯に行ったり
室内の空調管理に気を使ったりしていると思います。

でも、夏休み中には家族でお出かけに
愛犬も連れて行ってあげたいとか
ドッグランで走らせてあげたいなど
太陽のもとにでることはありますよね?

 

やはり強い紫外線はお肌にとって有害です。

わたしたちだったら、日焼け止めを塗ったり
日傘をさしたり帽子をかぶるなど
色々と対策ができますけど
愛犬はなにもしないでも大丈夫なんでしょうか?

 

 

じつは、

犬も日焼けをします!

 

超短毛種やヘアレス(毛が無い)だと
皮膚の病気になりやすいということもあり
気をつけると思います。

でも、それ以外の長毛種なども
日焼けの心配をしないといけないんですね(゜o゜;

 

確かに基本的に被毛が、
わたしたちの洋服と同じで犬の肌を守っています。

ですから、被毛のお陰で日差しが
直接皮膚に当たるのを防いでいますが
犬の体で一か所だけ、どんな犬でも
日焼けしてしまうところがあります。

それは

鼻の頭!

犬も鼻の頭だけは日焼けをしてしまうんですね。

ですから、もし屋外で遊ぶときなど
日差しが当たる場所に出かける時は
鼻の頭にだけは日焼け対策をしてあげてください。

SPONSERD LINK

被毛は日焼けしないの?

犬の被毛もわたしたちの髪の毛も
基本的な構造は同じです。

被毛にはキューティクルがあって、
健康な被毛はキューティクルが整って
きれいなつやがあるんですね(^^)

もし、栄養の状態が悪いなどで
被毛に栄養が行かないと、髪の毛のように
枝毛にだってなってしまうそうです。

あ!あと、洗い過ぎや人間のシャンプーを使う
というのも被毛を痛める原因になります。

 

そして、わたしたちの髪の毛が日焼けする
のと同じで、犬の被毛も日焼けをします

もし、夏休みなどに海や山に
一緒に連れて行こうという場合は
被毛にも日焼け止め対策をした方がいいかもしれません。

せっかく毎日お手入れをしていても、
日焼けでパサパサの被毛になってしまいますからね(^_^;)

 

「さっきから日焼け対策しろって言うけど
人間用の日焼け止めクリームを塗るの?」

 

そうですね(^^)

わたしたちの日焼け止めクリームでも
大丈夫のようです。
鼻の頭に塗る時は無香料のものを
選んであげるようにしてください。

被毛の日焼け止め対策は、
スプレー式の日焼け止めがいいでしょう。

 

でも、ちゃんと犬用の日焼け止めグッズもあります。

被毛の日焼けによる退色を防ぐ
サンスクリーンの日焼け止めもありますが、
スプレータイプの「日焼け止め」商品です。

紫外線が強い場所(海とか山など)に
愛犬を連れて行く時は
日焼けのケアも気を使ってあげてください。

ちなみに・・・

愛犬の舌を見ると、斑点ができたりします。

これはわたしたちのお肌にできる
シミと同じものなんですよ(^^)

犬は体温調節を行う場所が「舌」ですよね?

ですから、舌はどうしても日光に当たりやすい場所なんです。
ですから、斑点の正体はメラニン色素で、
シミとして定着してしまったものです。

このシミも、毛の色が濃い犬ほど
色素が多いということですから
斑点ができやすい傾向にあるようです。

 

ただ、急に斑点が出てきたとか
盛り上がっているという場合は
腫瘍の疑いもあるので、急いで病院に
連れて行くようにしてください。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬はマッサージしてもらうのが好き?治癒力を高める代替療法

うちの子マッサージしてあげると本当に気持ちよさそう♪ マッサージが気持ちいいって、犬も肩こりな

記事を読む

犬が中毒を起こすとどんな症状がでる?対処法は?

  中毒とは、愛犬の体に毒になるものが体内に入って起こります。 犬が中毒を起こ

記事を読む

薬や殺虫剤、鉛による犬の中毒 | 症状と原因と治療は?

なんか愛犬の様子がおかしい・・ その原因は中毒をおこしているからかもしれません。 人間の

記事を読む

犬の肉球のしくみと役割は?ケア・匂い・病気など肉球大特集!

犬の肉球はどんな仕組みなの?役割はある? 健康な肉球でいるためのケアの方法から病気やケガの見つ

記事を読む

犬の病院によって料金が違うのはなぜ?選ぶ基準は?

  動物病院に連れて行ったとき料金で困ったことはありませんか? 「他の病院で同

記事を読む

愛犬の健康診断の頻度は?検査項目や検査の流れは?

愛犬の健康のために定期的に病院に連れて行く 犬の健康診断(ドッグドック)はとても大切です。

記事を読む

愛犬の健康管理!気をつけたい季節に合わせた病気対策は?

愛犬の健康をまもるのは飼い主であるあなたです。 毎日の健康チェックに加えて、季節ごとの健康管理

記事を読む

犬の風邪の症状と対策法!【完全版】人間にうつるの?

犬の風邪って人間の風邪と同じような症状なの? 風邪みたいだけど…もしかしたら怖い病気ってことはある

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

愛犬へ手作り食をあげるメリットは?カルシウムを不足させない方法

あなたの愛犬はドライフードですか? 獣医さんの中にはドライフードを推奨する方もいますが・・・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑