犬が中毒を起こすとどんな症状がでる?対処法は?

【この記事の所要時間:約 4 分】

 

毒とは、愛犬の体に毒になるものが体内に入って起こります。

犬が中毒を起こすってどういうこと?

これはぜひ知っておかないといけないものですよね。

中毒が起きたら出る症状やその対処法をご紹介します。

tyuudoku1

 

犬の中毒とは?その症状

犬にとって毒になるものが
体内に入ることによって
体の組織や機能が障害を起こすのが
犬の中毒です。

 

中毒を起こす原因は

  • 皮膚へ付着した
  • 吸引した
  • 誤飲した
  • 毒になると知らずに食べさせた

などの原因があげられます。

特に子犬の時は周りの物に
好奇心が旺盛ですからね。

においを嗅いだり、噛んだり
なめたりして中毒を起こしてしまいます。

 

けっこう身近にあるものも多いので
飼い主さんは十分注意をしないといけないんですね。

 

中毒を起こしてしまう種類は

  • 食べ物による中毒
  • 植物による中毒
  • 薬品による中毒
  • 重金属による中毒
  • 生き物による中毒

などたくさんあります。

そして中毒をおこした原因によって
治療や薬が変わってくるので
何で中毒を引き起こしたのか?
ということを把握する必要があります。

そうかと言って、
「ずっと見ているわけじゃないから
原因がよくわからない」
ということもあるでしょう。

その時は周りを見回して
可能性のあるものが近くにあれば
それも疑うようにしてください。

獣医にみせるときに疑わしいものを
報告すると診断に役立ちます。

 

さて、

中毒を起こすとどんな症状が出るのか?
についてですが、おこした中毒によって
症状は変わってきます。

※それぞれの中毒の詳しい症状や原因、治療法については別でくわしくご紹介しますね(^^)

例えば毒物を飲み込んでしまった場合
食道や胃などの消火器の粘膜が荒れて
嘔吐や下痢を起こします。

 

また、その毒物が血液中に入ると
脳や心臓、肝臓などの臓器が障害を受け、
命にかかわることもあります。

 

下は中毒をおこしている時の症状です。

貧血、けいれん、発熱、興奮、皮膚の炎症、せき、虚脱、大量によだれがでる、腹痛、食欲不振、ふらつく

あなたの愛犬がこのような症状を起こしていたら
中毒を疑ってすぐに病院に連れて行きましょう。

 

獣医に早く診てもらうのが一番なんですが
飼い主がすぐ対処することで
中毒を防いだり、症状を軽くできること
もあるのでそちらを紹介したいと思います。

tyuudoku
「ふむふむ・・・これは食べちゃいけないんだな」

SPONSERD LINK

中毒の対処法

ここで対処法をご紹介するんですが・・・

中毒は突然おこることが多いので
愛犬に急に異常が起きている状況は
飼い主であるあなたも混乱してしまうと思います。

対処に困ったり、
すでに何らかの症状が出ている時は
すぐ受診するか、獣医師に連絡して指示をあおいで下さい!!

 

被毛についた時の対処法

薬品などが被毛につくと
それをなめてしまうことで
中毒を起こす危険があります。

大量の温水をかけて、
刺激の少ないシャンプーで洗い流してください。

ペンキやタールなどの水で流せないものは
植物油でぬぐうように拭いてください。

ぬぐいきれない場合は、
その部分の被毛を刈り取る必要もあります。

 

吸引した時の対処法

せきや呼吸困難などの症状がなければ
新鮮な空気の場所に運んで
静かに呼吸をさせます。

息苦しそうだったり、ぐったりしていたり
呼吸器の少将が出ていたら
様子を見ていないですぐに病院へ行ってください。

 

最後に

愛犬の周りには中毒の原因になるものがたくさんあります。

次回、中毒になるものを
具体的に名前を上げてご紹介しますので
ぜひ要注意事項としてご覧になってください。
 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

愛犬のワクチンの回数は?1年に1回じゃ多い!?

いくつかの感染症から愛犬を守るワクチン接種。 どれくらいの回数行えばいいのでしょうか?

記事を読む

愛犬が怪我ややけどをした時の応急処置の方法!

たいへん!!愛犬が怪我をした!! やけどをしたり、怪我をして出血などがあったら慌ててしまいます

記事を読む

愛犬のダイエット方法!ストレスなく肥満を解消させるには?

うちの子は肥満かも?! そう感じたら、愛犬のダイエットに取り組んでみましょう。 「肥満に

記事を読む

愛犬へ手作り食をあげるメリットは?カルシウムを不足させない方法

あなたの愛犬はドライフードですか? 獣医さんの中にはドライフードを推奨する方もいますが・・・

記事を読む

犬にも血液型はあるの?輸血しても大丈夫?

犬には血液型ってあるんでしょうか? 人間みたいに血液型によって性格が違うことは? 緊急時

記事を読む

タイプ別おすすめドッグフードは?それぞれのメリットと注意点!

ドッグフードのタイプ別おすすめ点をご紹介します。 それぞれのメリットと与える時の注意点はどんな

記事を読む

犬のワクチンの種類は?感染しやすい環境を知って検討しよう!

病気から大切な愛犬を守るワクチン接種。 どんな種類があるんでしょう? どんなワクチンを選

記事を読む

愛犬の健康診断の頻度は?検査項目や検査の流れは?

愛犬の健康のために定期的に病院に連れて行く 犬の健康診断(ドッグドック)はとても大切です。

記事を読む

犬のくしゃみが止まらない原因は?くしゃみは不調のサイン!?

あなたの愛犬がくしゃみをしていたらどこか体調が悪いサインかもしれません。 いつもと様子が違うと

記事を読む

犬の夏バテ対策は?【保存版】暑い時のケア~症状と対処法!

犬はどうして厚さが苦手で夏バテしやすいんでしょうか? 犬の夏バテの原因や熱中症との違い、夏バテにな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑