犬がよだれを出す原因は?大量に出るけど病気?

【この記事の所要時間:約 4 分】

つもよだれを出しているけどどうして?

よだれを出しているのには原因があります。

また、大量のよだれがでたら病気のサインかもしれません!

今回は犬のよだれにつてご紹介します。

yodare

犬がよだれを出す原因は?

犬はよくよだれを出していますよね?
あれはどうしてなんでしょうか?

 

食べ物を見たり、そのにおいを嗅いだ時に
よだれが出てしまうのは人間と一緒で
自律神経からの命令です。

唾液は消化液の1つですから
食べ物を連想させることがあると
唾液をたくさん分泌して
のどを通りやすくしようとする反応になります。

 

健康な状態で、食べ物を連想して
よだれを出してしまうのは問題ないんですね(^^)

 

 

あと、体温や水分量を調節する時にも
よだれをだします。

これは、私達と違って犬は汗をかきません。

私達は汗をかくことで体内の温度を
調節しているんですが、
犬は皮膚から汗をかけないので
唾液を出して体温を調節しているためです。

 

ですから、犬がよだれを出しているのは
よく見る光景なんですが・・・

 

いつも口によだれがたまっている

大量によだれがでている

という時には異常なので
病気を疑ったほうがいいでしょう。

よだれが出ている時にチェックすること

  • 歯や歯茎を状態
  • におい
  • よだれが大量に出るタイミング

を細かくチェックしてみてください。

あと、他の症状はないか?とか
普段と様子が違わないか?という
ところもよく観察してくださいね!

口の中に異変はない?

まずにおいのチェックですo(`・д・´)o

においがひどくて、歯に歯垢がたまり
歯茎が腫れているようであれば

  • 口腔の腫瘍
  • 歯周病
  • 歯根膿瘍(しこんのうよう)
  • 口内炎

などの口腔の病気が考えられます。

他に症状はある?

食欲が無いとか、せきが出る
という場合は、

  • ジステンパー
  • 食道梗塞(しょくどうこうそく)
  • レプトスピラ症

などの感染症や消化器の病気が考えられます。

食道梗塞は、誤って異物を飲んでしまい
食道をつまらせている状態です。
大量のよだれの他に、血液を含んだ粘液
を吐いたりもします。

動物病院では、異物の場所によって
麻酔をかけて鉗子で取り出すか
手術をして取り出すなどの方法で
異物を取り除いてくれるので
早く連れて行ってあげてくださいね(´・ω・`)

いつよだれが多くなる?

食後に大量のよだれがでるのであれば

  • 胃捻転

の危険があります。

胃捻転はいがねじれた状態
になってしまっています。
大型犬がなりやすいんですが
食後にすぐ運動すると胃捻転の危険
がありますので要注意!!
胃捻転が疑われる時も
急いで動物病院に行ってください。

SPONSERD LINK

犬って乗り物酔いするの?!

その他によだれがでる原因としては

  • 中毒
  • 熱中症

が考えられます。

中毒については中毒の対処法
ご紹介しているのでご覧になってみてください。

 

あと、

犬も車酔いをします!

個体差はあるんですが
車酔いをしている時も
大量のよだれが出るんですね。

車酔いってつらいですもんね(T_T)

最近はサービスエリアにドッグランが
ついているところも多くなっています。

このような施設も利用して
車酔い対策などを考えてあげるのも
いいかもしれませんね♪

まとめ

よだれが大量に出る時は
暑さなどの体温調節も考えられますが
口腔内の病気や、感染症、誤飲
の可能性が考えられます。

なかには、命にかかわるような
一刻を争う場合や病気もありますから
気がついた時は早く動物病院に
連れて行ってあげたほうがいいでしょう。

 

 

レプトスピラ症は細菌感染の病気です。

レプトスピラという細菌は、
人間にもうつる人獣共通の細菌なので
うつらないように注意が必要です!

愛犬の尿やよだれが手についたりして
口や傷口から体内に入ると感染しますので
気をつけてくださいね。

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の目(眼球)の病気 | 白内障、緑内障、ブドウ膜炎ほか

犬の目のうち、眼球の病気についてご紹介します。 眼球の病気というと白内障、緑内障、ブドウ膜炎、

記事を読む

愛犬の口臭・出血の原因は?!口腔の癌(がん)や病気について

愛犬の口臭がとても強くて気になる・・・ 口臭の原因ですぐ考えられるのは口の中の病気ですよね?

記事を読む

犬の癌(がん)の症状と発見方法は?部位別のご紹介

大切な愛犬の命を脅かす病気である癌(がん)。 あなたの愛犬に対する愛情と、犬の医療の進歩により

記事を読む

犬の皮膚にできるがん(腫瘍)の症状は?悪性・良性どっち?

現代病として犬も気をつけたいがん(腫瘍)。 今回は皮膚にできるがん(腫瘍)についてご紹介します

記事を読む

愛犬の病気予防!体型や特徴別のかかりやすい病気は?

あなたの愛犬がどんな病気にかかりやすいか? これを知っておくことで病気の予防もできますよね(^

記事を読む

犬の目の病気 | 結膜炎と角膜炎の症状と治療は?

目は角膜、強膜、結膜でおおわれています。 その角膜と結膜に起こる炎症が角膜炎と結膜炎です。

記事を読む

食べ物を飛ばすように吐くのは?犬の食道拡張や詰まる病気

食べ物を飛ばすように吐く病気は危険!? 犬の食道が拡張(肥大)したり、詰まったりする病気をご紹

記事を読む

愛犬が突然攻撃的になった!襲うようになった理由は?

愛犬が突然、他の動物や人間に対して激しく攻撃的になった場合 たぶんあなたはものすごくびっくりす

記事を読む

愛犬を動物病院に連れて行く時、持っていく物と伝えるべきこと

犬を動物病院で診察してもらう時に持っていくものと 最低限伝えるべきことをご紹介します。

記事を読む

犬の痙攣の原因は?考えられる病気とてんかんの症状

急に愛犬が痙攣をおこした時慌ててしまいますよね?! どうして痙攣をおこしたのか、考えられる病気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑