犬が地面やソファーや飼い主さんに顔や体をこすりつける7つの理由とは?

犬が地面に顔や体をこすりつける「7つの理由」とは?

ゴロゴロゴロ・・・犬が顔や体を地面にこすりつける。

飼い主としたら、「わぁ~!そんな汚れちゃうことして(T_T)

特に室内飼いのワンちゃんだったら困った行動でしょう。

「ちょーっと待ったぁ!シャンプーしたばっかりなのに!」

せっかく手間ひまかけてシャンプーした後にちょっと目を離したすきに地面にゴロゴロ。。。

もう飼い主さんは泣くしかありませんよね?(笑)

その他にもお散歩中やドッグランなどで急に仰向けに寝転んでゴロゴロゴロ。

「どうしたの?体がかゆいの?」と心配になってしまう謎の行動です。

どうして犬は体や顔を地面などにこすりつけるんでしょう?

犬の気持ちをみてみたいと思います(^^)

あなたの愛犬が地面やソファーなど、顔や体をこすりつけるのはどんな時が多いですか?

inunioi1

シャワーの後?
食後?
お散歩中?
お家で遊んでいるとき?

犬が顔や体をこすりつけるのは「本能」に従っていると言えます。

大昔の野生だったころに見につけた習性だったり本能が働いているんですね。

犬が地面に顔や体をこすりつけている理由は簡単に言うと

  • 自分の体についた臭いを消そうとしている
  • 自分の好みの匂いをつけようとしている

と言えるんですが、実はその下に…

所有権

伝言

変装

身分証明

関心を引く

満足

感覚的な刺激

この7つの理由があるんです。

犬が顔や体をこすりつける7つの理由をそれぞれを詳しく見ていきましょう♪

【所有権】

犬は関心の向いたものに自分の臭いをつけて「これは自分のもの!」と主張して顔や体をこすりつけているいう説があります。

犬の頭部には臭いの分泌腺があるので、人間の衣服や持ち物に顔や体をこすりつけている場合は、「これはボクのもの」と主張しているのかもしれません。

これは飼育されているオオカミも同じ行動をするということから犬も所有権を示すために顔や体をこすりつけて自分のにおいをつけていると考えられます。

【伝言】

野生時代の名残で、獲物のにおいをつけて群れに戻ることで仲間に狩りの情報を知らせることができるからという説もあります。

例えば、動物の糞に体をこすりつけてしまうというのは、獲物の情報を仲間に効率よく伝える(伝言できる)ためだとも考えられています。

【変装】

犬の祖先であるオオカミ時代は、狩りをする時自分の匂いが獲物にしれてしまうのを防ぐため木や草の匂いを体につけて臭いをカモフラージュする知恵をつけていました。

狩りをするために変装していたんですね。

その名残が残っているという説もあります。

【身分証明】

犬にとって体臭は自己アピールであり犬同士の好ききらいの判断材料にもなる大切な情報そのものです(^^)

ですから、犬が地面に体や顔をこすりつけるのは体についた別の臭いをとり自分のにおいを取り戻すための行為なんです。

犬にとって体臭はとても大切な情報源。

自己アピールするために必要な「臭い」が薄れてしまうことは非常に困ることなんです。

シャンプー後に犬が床や絨毯、庭などで体をこすりつけているのは自分の臭いを早く取り戻したいと思っている行動だと考えられます。

また、犬は嗅覚が優れているため、シャンプーのにおいは、人間にはほのかに良い香りだと思っていても、犬にとっては臭くてかなわないと思っていることもあります。

【関心を引く】

犬は動物性の臭いでなくても、レモンの皮や香水、たばこや腐ったキャベツなど、強い臭いのするいろいろなものの上で体をこすりつけます。

なんでも、犬社会でモテ犬になるためにはミミズの臭いが最強とか・・・(^_^;)

犬は刺激的な臭いを身にまとうことで、仲間の関心を集めているという説もあります。

【満足】

食後やお散歩後など犬にとって楽しい出来事のあとに仰向けに寝っ転がって背中をこすりつけたり顔(鼻のあたりなど)をこすりつけていることもあります。

これは、犬が「満足して幸せ~♪」と思っている時に行う行動です。

満足気な表情を浮かべてゴロゴロしている時は幸せを実感している時かもしれませんので優しく見守ってあげましょう(^^)

【感覚的な刺激】

お風呂あとや強い臭いがするものがあるという訳じゃなくても、犬は体を地面に顔や体をこすりつけることがあります。

雪の上で、夢中で体をこすりつけたり。

犬が顔や体をこすりつけるのはにおいが原因なのではなく、感覚的な刺激を求めるしぐさだと考えられます。

なので、とても困ってしまう糞の上で体をこすりつけるのも仲間の関心を集めるという理由もあると思いますがが、感覚的な刺激を求めているとも考えられています。

犬が飼い主さんに顔や体をこすりつける理由は?

犬が地面や床などに体をこすりつける理由は本能や野生時代の名残、感覚などがありました。

でも地面だけでなく飼い主であるあなたに顔や体をこすりつけることはありませんか?

これには別の理由があります。

しかもこすりつける場所によって意味が違うんです。

犬が顔や体をこすりつけてきた時

あなたの頭などに体をこすりつけてきた時

犬がお尻をこすりつけてきた時

この3つのパターンをそれぞれ見ていきます。

【犬が体をこすりつけてきた時】

これはズバリ!

犬の愛情表現です!

「大好きなあなたのにおいを体につけておきたい」

「あなたに撫でたりかまったりしてほしい」

「スキンシップをとりたい」

これらのようにあなたに甘えたいという気持ちがあるときに犬は体をあなたにこすりつけてきます。

体をこすりつけるほかに顔や鼻をあなたに押し付けてきた時も遊びたい!かまってほしい!という気持ちの表れです。

犬に愛情表現をされたらできるだけその気持ちに答えてあげると良いですね♪

【あなたの頭などに体をこすりつけてきた時】

あなたがゴロゴロ寝そべっているときあなたの頭の上に乗ってきて顔や体をこすりつけたとしたら…

それは愛情表現ではなく自分の優位性を主張しています。

俺の方が偉いんだぞ!とあなたのアピールしているんですね。

これは放っておいてはいけない態度です。

ちゃんと犬とあなたの間に主従関係が構築できていない証拠ですので普段の生活を見直す必要がありそうです。

【犬がお尻をこすりつけてきた時】

犬が安心しているときのしぐさは?で詳しくご紹介しているんですが、犬があなたにお尻をくっつけてきた時はあなたをとても信頼し、安心しているときです。

犬は後足にケガをしてしまうと走れなくなるため大昔群れで生活をしていた時は急所である後足やお尻をくっつけあって寝ていました。

なので、犬があなたに対してお尻をくっつけてきたら強いリーダー(あなた)がいるのでとてもリラックスできている状態です。

信頼できる人に対してだけ見せるしぐさなので犬にお尻をこすりつけられたら信頼されているんだと思ってください。

犬が犬に顔や体をこすりつける理由は?

犬同士で顔や体をこすりつける時は挨拶をしている場合です。

通常、犬同士の挨拶といえばお尻のにおいを嗅ぎ合って相手の情報を得ることが多いですが仲が良い相手や、気の合う犬同士の時は体をこすりつけ合って

「元気だった~?」「久しぶりだね~」といった挨拶をしています。

また初対面でも自分の耳などを相手の体にこすりつけるなどして「こんにちは!はじめまして~」と挨拶をすることもあります。

犬同志の挨拶の仕方って、鼻をすり寄せたり、伏せをしたりと色々とバリエーションがあるので体をこすりつけるのもその挨拶の1つになります。

犬が顔や体をこすりつけるのは病気が原因かも!?

例えば犬がお尻を床にこすりつけていたら…

肛門の周囲がムズムズしているからかもしれません。

お尻を地面につけて、ズリズリと前に進むようなしぐさを見せていたらおしりに痛みや痒みを感じているというサインです。

お尻を地面にこすりつけるしぐさをするんですが、このような動作を見かけたらおしりに何か異常がないかチェックしてみてください。

一番考えられるのは肛門嚢炎(こうもんのうえん)です。

通常、排便とともに分泌される分泌物の出入口が詰まってしまうと起こるものです。

特に便の小さい小型犬でよくみられるので小型犬の場合は注意が必要です!

これは愛犬のお手入れとして定期的に絞り出してあげると予防することができるので週に一度はお手入れしてあげましょう(^^)

あと、寄生虫がいておしりに不快感があるときや、下痢が続いている時にも、お尻を地面につけてズリズリします。

おしりが痛かったりかゆいってわたしたちでも辛いですからね(T_T)

動物病院で獣医さんに相談したほうがいいでしょう。

咳やくしゃみ、発熱といった病気のサインと違ってしぐさの場合は見分けるのも難しいところがあるかもしれません。

ここらへんは、その前後の生活やあなたの「ちょっと違う?」という直感力が大切になってきます。

まずは、何かあるか症状をチェックしてみましょう。

特に皮膚に関することは被毛をかき分けてみないと見えないので気づきにくいかもしれません。

毎日のブラッシングの時にいやがる場所はないか?他と違うところはないか?常にチェックしておいてください。

そして、なるべく一年に一度は定期的に健康診断を受けさせると病気の予防につながります。いつまでも、愛犬に元気でいてもらうためにぜひ、健康診断を受けるようにしてくださいね(^^)

あと、下痢が続いているときもお尻を床にこすりつけるようなしぐさをします。

他にも、犬が壁や床、ソファーなどに体をこすりつけていたらかゆさからくる行動かもしれません。

犬が顔や体をこすりつける原因となる病気は?

  • アレルギーによる皮膚の病気
  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • ニキビダニ症
  • 疥癬症
  • ツメダニ症
  • 膿皮症
  • 皮膚糸状菌症
  • 内分泌性皮膚炎
  • 脂漏症

といった皮膚病の可能性があります。

こすりつけている部位の被毛をかき分けて皮膚の様子を観察してください。

脱毛している

赤くなっている

腫れている

などの症状があったら皮膚病の可能性が高いです。

目立った皮膚の症状が無いのに犬がしきりに体をこすりつけていたら心臓や肝臓、腎臓などの病気も疑えます。

一見関係なさそうですが、心臓や肝臓、腎臓の病気になると犬は皮膚が過敏になり、かゆみが出やすくなるためです。

その他、特に目をこすりつけている時は

  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • ブドウ膜炎

などの目の病気が考えられるほか

  • 眼瞼炎(がんけんえん)
  • 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

といった眼瞼(まぶたのこと)の病気の可能性もあります。

耳をこすりつけている時は

  • 耳垢がたまっている
  • 細菌やダニが繁殖している

可能性があります。

主な病気としては

  • 外耳炎
  • 中耳炎
  • 耳疥癬

などがありますが、耳に虫や種などの異物が入ったときも耳をこすりつけたり首を振るなどのしぐさが見られます。

皮膚の症状がない場合もある!?

皮膚に目立った症状がないのに体をしきりに掻いている場合は心臓や肝臓、腎臓などの病気になっている可能性もあります!

内臓なのにかゆがるというのもわたしたちから考えれば不思議なんですが、これらの病気になっていると皮膚が過敏になり、かゆみが出ることもあるようです。

ただ、かゆみの原因はこれらの病気だけとは限らないんですね(´・ω・`)

というのも、シャンプーがワンちゃんに合っていないという場合もあります。

ですから、生活で変化がなかったか?ほかに気になるしぐさをしていないか?ほかになんかの症状がないか?など、よく振り返って見る必要があります。

病気を疑うのと一緒にシャンプーを変えてみるのも良いかもしれません。

他にも皮膚のかゆみやフケ脱毛や乾燥肌などの肌トラブルに犬の皮膚用化粧水というのもあります。

かゆみは犬にとっても大きなストレスですからね(´・ω・`)

こういったグッズも上手に使ってケアをしてあげると良いでしょう。

>>驚くほど犬の肌トラブルがなくなる化粧水とは?

犬が顔や体をこすりつけるのをやめさせる方法は?

犬が地面に顔や体をこすりつけるのには犬なりの理由がありました。

これは犬の習性や本能の部分ですからしつけでやめさせるというのはむずかしいです。

ですが全く方法が無いという訳ではありません。

例えば、シャンプー後に顔や体をこすりつけるのは犬が自分の個人情報を取り戻すためとシャンプーのくさいにおい(犬的に)を取るためという理由がありました。

だからシャンプーをがっつり使ってしっかり体を洗えば洗うほどゴロゴロして顔や体をこすりつける行動が激しくなってしまいます。

被毛の長さやライフスタイルによっても異なってしまいますが、頻繁にシャンプーをする必要はありません。

たまに、人間のお風呂感覚でしょっちゅうシャンプーをしようとする人もいますがそれはかえって犬の皮脂が減ってしまうのでバリア機能が低下し、皮膚病を招く恐れもあります。

シャンプーをたっぷり使って犬の臭いが消えるほど洗うのではなくブラッシングをこまめにして汚れやフケを取り除き軽くお湯で洗ってあげる程度にしてにおいを残しておいてあげると顔や体をこすりつける行動は減ります。

洗った後は直ちにタオルドライをしてしっかりドライヤーで乾かし、庭などに出れないようにしておいてください。

また、ドッグランなどで離しているときや散歩中に他の犬や動物の糞を見つけて体をこすりつける時には…

正直ドッグランなどの場合はある程度監視しきれないので仕方ないと思うしかないでしょう(^^;)

しかし散歩中であれば、飼い主さんが先に発見することで犬の注意を引きながら通り過ぎたり犬が糞の方に行こうとしたらリードを使って「いけない」ということを伝えることで制止することができます。

犬と主従関係ができていればあなたがいけないと指示を出せばちゃんということを聞けるんですね(^^)

犬には「しつけをする」んですが主従関係を構築することができると問題行動を無くすほかにも困った行動を阻止する力があることを覚えておいてください(^^)

犬が顔や体をこすりつける理由のまとめ

犬が顔や体を地面などにこすりつける理由は簡単に分けると

自分の体についた臭いを消そうとしている

自分の好みの匂いをつけようとしている

の2点が大きな理由なんですが、そこをすこし掘り下げてみると

  1. 所有権を主張している
  2. 仲間への伝言
  3. 変装するため
  4. 身分証明している
  5. 仲間の関心を引くため
  6. 満足の証
  7. 感覚的な刺激を得るため

という7つの本能や習慣から来ていることが分かりました。

また、人に対して犬が顔や体をこすりつける理由としては

  1. 愛情表現をしている
  2. 相手より優位性を主張している

という意味がありましたね(^^)

犬同士で体や顔をこすりつけている時は

  1. 犬同士の挨拶をしている

という理由からです。

ただ…それだけじゃなく、体をこすりつける症状のある病気もありました。

  • 皮膚病
  • 心臓などの内臓疾患
  • 目の病気
  • 耳の病気
  • 肛門の病気
  • 寄生虫の病気

は、体や疾患部分のかゆみから顔や体をこすりつけるという行動をします。

頻繁にこすりつけている部分を良くチェックし何か異常があったらすぐに動物病院で診てもらうようにしてください。

私たちから見ると不思議だった犬が顔や体をこすりつける理由がわかりましたね♪

あなたの愛犬が何かに顔や体をこすりつけている時はどんな理由からなのかよく観察してみると愛犬の気持ちがわかりさらにきずなを深めてくれることでしょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です