犬の気持ち | 腰をふるのは恋人と間違ってるの?

く犬が飼い主の腕や足にしがみついて

腰を押し付けたり腰を振ったりする動作をしませんか?

ちょっと恥ずかしい姿になってしまうのでやめさせたい・・・

腰をふる行動の理由と対処法をご紹介します♪

kosihuri

犬の腰振りの理由は?

ほかの犬の背中に寄りかかったり
飼い主の足に抱きつくようにして腰を振る行動。

 

ちょっと飼い主としては

「やめて~!」

と思ってしまう行動なんじゃないでしょうか(^_^;)

 

この「腰をふる」という行動はマウンティングといいます。

 

犬同士の交尾の時におこなう行動と同じ動作ですよね。

本来は性的な行動です。

でも、このマウンティングは性的な行動以外にも
行なわれることがあるんです。

 

どういう時にマウンティングをするかというと・・

犬がとても興奮している時に
そのどうしようもない興奮を発散するために

マウンティングを行います。

 

飼い主の足にしがみついて腰を振っている時は
飼い主さんと一緒に入られてとっても嬉しい!
など、飼い主さんに対する愛情表現でもあるんです。

 

飼い主さんが大好きで、一緒にいられることが
興奮するほど嬉しいんですね(^^)

 

この場合、愛情表現と言っても
ほとんどが性的な意味はありません。

なぜかというと、一般的に動物は
違う種の動物に対しては性的な魅力を
感じることはないからです。

 

しかも、この人へのマウンティングは
オスだけでなく、メスにも見られるんですね。

 

「あら・・この子は私のことが好きで
恋人と思っているのかしら?」

マウンティングをされている時に
こんなことを考えてしまうかもしれませんが
犬としたら、ただ嬉しくて興奮しているだけなので
心配しないでくださいね♪

 

また、ほかの犬に対してマウンティングを
行うことがあります。

 

これは、相手に対して優位や上位であることを
示そうとする行動の場合もあるんですね。

 

ですから、自分の飼い犬がオスだとして
他のオス犬相手にマウンティングを行っていたら
自分のほうが上の立場だ!と主張しているという意味です。

 

くれぐれも、「犬の世界にも・・・」
なんて、間違った想像はしないでくださいね(笑)

 

さて、マウンティングが性的な意味を持っていない
ということはわかりましたが・・・

やはり人前でさかんに腰を振られるというのは
飼い主として恥ずかしいですよね(^_^;)

 

愛犬がマウンティングをしないようにする
対処法をご紹介していきましょう。

愛犬のマウンティングをやめさせる!

まずはほかの犬に対してマウンティングを
してしまう場合です。

 

お散歩の途中であいさつの1つとして
軽くマウンティングする程度ならいいんですが
しつこいマウンティングの場合は
持っているリードを鋭く引いて
「ダメ!!」とはっきり指示しましょう。

 

双方の飼い主が、

あいさつとしてマウンティングを行っている

ということがわかっていればいいですが
そうでない場合もありますから気をつけなければいけません。

 

 

人間に対してマウンティングを行う場合は

させないようにすること

が大切です。

犬が足にしがみつこうとした時に
その足をスッとひいて、抱きつかせないようにします。

 

座っているときなどは膝を立てるなど
拒否する姿勢をとってから、「ダメ!」と言って
教えましょう。

また、すぐに「フセ」や「スワレ」など
別の指示を出して気をそらせて
落ち着かせるようにするのもいいですね♪

 

あまり大きな声をだしたり、振りほどこうとすると
逆にかまってくれた!と勘違いさせることにもなります。

 

犬としては興奮しているんですから
落ち着かせる事を考えてください。

 

マウンティングは癖になってしまうことがあります。
普段から、足にしがみつかせないようにして
マウンティングが癖にならないように気をつけてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です