犬の気持ち | 叱ると反省してるみたい・・ホント?

う~だめでしょ!こんなに椅子をボロボロに噛んで!」

愛犬がいたずらしたのを見つけて叱ると

体を丸めて申し訳なさそうにしょんぼりしてる。

これって叱られたことを反省してるの??

hansei

犬は叱ると反省するの?

飼い主が留守中に家の中のゴミ箱を散らかしたり
家具を噛んでボロボロにしてしまったり・・・

 

可愛い愛犬なんですが、困ったイタズラを
してしまうことがありますよね。

 

そんな困ったイタズラを見つけた時
あなたは叱ると思います。

すると、シュンとして上目使いにあなたを見上げ
申し訳なさそうにしている姿を見て
「叱られたから、自分のしたことを反省してるのかな?」
と思うかもしれません。

 

さてこんな時、犬も叱られたことについて
反省をしたり落ち込んだりするんでしょうか?

 

じつは

犬は反省することはありません

ですから、しょんぼりしているように見えるのは

とまどっているから

なんです。

成犬になると、しょんぼりした態度をすると
飼い主さんの怒りがおさまるということを
学習するからしょんぼりすることもあります。

ほかにも、飼い主さんの顔色を見て
「怒られそうだぞ!」と思うと
体を小さくして怒りがおさまるのを待つ
ということをする場合もあります。

どちらにしても、叱られたことを反省しているのではなく
とまどって、困っているというのが犬の気持ちなんです。

 

犬には、どうしてそれをしてはいけないか?
という「理由」がわかりませんよね。

でも、どうしてだか怒られている・・・

困った・・・

というのが犬の気持ちなんです。

 

人間だったら、理由を説明して
◯◯だからこういうことをしちゃいけなかったんだ
ということを話せば、相手は反省してやらなくなるでしょう。

しかし、犬にはそれができませんから
反省して直すことができないんです。

それでは、どうすれば効率的に
愛犬の困った行動をやめさせることができるのか
について見ていきたいと思います。

叱るのはタイミングが大切です

外出から帰ってきた時、家の中が
ゴミだらけに・・・

疲れて帰ってきたところでゴミが散らかっていたら
あなたはどうしますか?

 

「もう!ゴミ箱で遊んじゃダメって言ってるでしょ!!」

こんなふうに叱りつけていませんか?

 

こんな時、叱られている犬は
飼い主が怒っていることだけはわかりますが
なぜ怒っているか?叱られているのか?
ということはまったくわかりません。

ただただ混乱しているだけなので
飼い主としても叱っている意味が
全くないんですね。

犬を叱っていい時は現行犯の時だけ!

飼い主から見たら、「イタズラ」と思うことを
愛犬がやっているその瞬間に
「だめ!」と言ってその行動を中断させます。

すると、

「この行動はしちゃいけないんだな」

ということを理解できるんです。

そして、ちゃんといけない行動を中断したら
やめたことを褒めてあげましょう。

 

犬を叱る時は、短い言葉で
はっきりと叱るようにしてください。

飼い主としての「不快」を表現することで
犬にもしてはいけないことが伝わります。

犬ってとても賢いと思いますが
時間がたった前の出来事を
結びつける知能はないと言われています。

 

不在中にゴミ箱で遊ぶことが困る時は
そのゴミ箱を犬の届かないところに
片付けてしまいましょう。

いたずらをされて怒るよりも
いたずらできないような環境にすることも
犬の飼育環境を整えるということです。

犬を叱っていいのは現行犯の時だけ!

賢い落ち着いた犬にするためにも
叱るタイミングは気をつけてくださいね(^^)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です