犬との遊び「引っ張りっこ」の注意と正しい遊び方は?

【この記事の所要時間:約 4 分】

ンちゃんはみんな遊びが大好き♪

その中でも相手とおもちゃなどを引っ張って遊ぶ

引っ張りっこ遊びはとてもエキサイティングで楽しい遊びです。

でも、引っ張りっこ遊びをするには注意が必要なんです!

hipparikko
「ここにボクのおもちゃ置いてなかった??あれ?」

引っ張りっこ遊びはしちゃダメ?!

太い綱を引っ張り合ったり、
おもちゃを引っ張り合ったり・・・

特に物をくわえるのが好きな
レトリバー系など、猟犬がルーツの犬種は
引っ張りっこを始めたら夢中になります。

 

遊びで始めたものですが・・
ついつい熱中してしまって
相手との勝ち負けを競う気持ちが
どうしても出てきてしまうんですね。

 

すると・・・

 

しまいには、くわえているものを
意地でも離さなくなってしまったり
うなり声をあげるようになってしまいます。

こうなってしまうと、ワンちゃんにも
あなたや家族にとってもよくありません!

 

それはなぜか??

 

引っ張りっこで勝った!という気持ちから
遊びの主導権をあなたではなく
愛犬がとってしまうからです。

そうすると、主導権を握ったことで
家庭内の上下関係が崩れ
家族の言うことに従わなくなる
ということがよくあるんですね。

 

それに、「自分のおもちゃ」に関して
執着してしまうこともあります。

遊びのルールでご紹介したように
ワンちゃんのおもちゃもリーダーである
あなたが管理をしないと
おもちゃにさわっただけで怒るような
危険なワンちゃんになる可能性があるんです。

 

せっかく頑張ってしつけをしたのに
これではいけませんね(´・ω・`)

 

愛犬の興奮状態を見極めろ!

引っ張りっこ遊びは一番興奮しやすい遊びです。

でも、その他の遊びも
あまりワンちゃんが興奮してくるようなら
引っ張りっこと同じことが言えます。

 

吠えたり、騒々しくなったり
手にあまるような興奮をするようなら
遊びはストップしてください!

 

とはいえ、ワンちゃんと遊ぶのは
コミュニケーションを取る上でも
愛情を伝える上でも大切なことです。

正しい方法で、落ち着いて遊んであげましょ♪

正しい引っ張りっこ遊びとは?

順番に引っ張りっこ遊びの
正しい方法をご紹介したいと思います(^^)

1,おもちゃを見せる

  • 引っ張りっこをするおもちゃを見せます。その時、吠えたり飛びついてくるなど、興奮するようでしたら落ち着くまで待ちましょう。

2,動きに変化をつけてみよう

  • 落ち着いたら遊びスタート!おもちゃをくわえたら、左右に動かしたり小刻みに動かすなど動きをつけてあげましょう。

3,興奮したらストップ!

  • ワンちゃんが興奮してきたら、そのおもちゃを自分の胸に押し当てて動きを止めます。

4,「ちょうだい!」と声をかける

  • 動きが止まってしまうと興味が薄れます。それを見逃さないで落ち着いた声で「ちょうだい」と声をかけ、おもちゃを離させます。

5,立ち上がって落ち着くのを待つ

  • おもちゃは胸に押し当てたまま立ち上がります。ワンちゃんが興奮していたら落ち着くまで何も声をかけないで待ちましょう。

 

SPONSERD LINK

最後に

愛犬と遊んでいる時も、あなたは
ワンちゃんの興奮状態を冷静に見ていてください。

興奮しだしたら、1回その遊びはストップです。

 

もともと、犬は作業意欲がありますから
ものを噛んでひっぱるあそびは
欲求が満たされる楽しいものなんですね(^^)

子犬でしたら、甘咬みの防止にもなります。

 

引っ張りっこ以外の、ほかの遊びでも
ワンちゃんが興奮してきたら
一度その遊びをストップさせて
落ち着かせるようにしてください。

 

遊びも飼い主であるあなたがコントロールし
主導権を握っているリーダーを教えることで
愛犬もいうことを聞きますし安心できます。

楽しい遊びを通して、信頼関係や
愛犬との愛情を育んでいってくださいね(^^♪
 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬のシャンプー、人間用はダメ!顔の洗い方は?

愛犬をシャンプーするときにどんなシャンプーを使っていますか? 「顔を洗う方法がわからないから、

記事を読む

犬の選び方 子供のいる家庭に合う犬種は?

  「犬が飼いた~い!!」 子供にねだられて、情操教育の一環になるかな?と

記事を読む

犬種の選び方~訓練したい・命令したくない人向け犬種

  大切な犬種選び。 前回は「活動的な人」「おとなしい人」にあった犬種をご紹介

記事を読む

愛犬をキャリーバッグやおんぶひもに入れるのは過保護?

これは犬を飼ったことがない人がよく疑問に思うことかもしれません。 愛犬をキャリーバックやおんぶ

記事を読む

愛犬の運動量多くない?運動の仕方を間違ってるかも!?

うちの犬、運動不足じゃないかしら? 運動不足を心配するあまり、運動の仕方を間違えていませんか?

記事を読む

犬の尻尾を切ると感情が表せない!病気にもなりやすい?

犬の尻尾を切ることを「断尾(だんび)」といいます。 「愛犬のしっぽを切るなんてとんでもない!」

記事を読む

犬が音に怖がらないようにしつける方法

急に音にびっくりしてパニックになってしまうワンちゃん。 人間社会では当たり前の音なのに、どうし

記事を読む

老犬の散歩の仕方は?時間や速度

昔と比べて、犬の寿命も伸びてきたようです。 しかし、やはり犬は人間と比べてはやく年をとってしま

記事を読む

犬を屋外で飼育するのはいけない?理由と対応策は?

犬と暮らしたい・・・ 最近では、屋外で飼っている姿をあまり見かけませんが 犬は屋外で飼育

記事を読む

愛犬の待てをしつけよう!教え方と注意したいところ

「お手」「おすわり」「待て」 飼い主として愛犬にさせたいものですよね♪ この中で、「待て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑