うちの犬は運動不足?犬の運動量の目安とは

【この記事の所要時間:約 3 分】

なたの愛犬はその運動量で大丈夫ですか?

この場合、運動不足の心配がありますが

中には運動をさせ過ぎている場合もあるんです!

愛犬の適切な運動量とはどれくらいか目安をご紹介します♪

undouryou

あなたの愛犬の運動量は大丈夫ですか?

一口に運動量と言っても体格や犬種によって
ずいぶん異なってきます。

当サイトでも、犬種の運動量の目安はご紹介していますが
それは「あくまで一般的に」ということなんですね。

 

犬の年齢によっても違いますし
健康状態や気候など様々な条件で
適正な運動量は変わってきます。

 

ですから、今回はどのような条件であっても

  • 運動量が不足していないか?
  • 運動量が多すぎていないか?

を判断できる状態をご紹介しましょう。

 

たとえば、散歩から帰ってきても
うちの中で走り回っていたり
テンションがものすごく高いときなど
「運動量が不足しているんじゃないか?」
と思うんじゃないでしょうか?

 

しかし、この状態は運動量が不足している
と思ってしまいがちなんですが・・

逆に運動量が多すぎてハイテンションに
なっているときもこのような状態になるんです(゜o゜;

 

「それじゃ、適切な運動量はどうやって見分けるの?」

散歩から帰ってきた時の愛犬の状態を
よく観察してみてください!

 

そのお散歩が犬にとって適正量だった場合

お散歩から帰ってきた愛犬が、

ゆったりくつろいだ状態になっている時

これはその犬にとって運動が適正量だったと言えます。

 

運動量がその犬にとって不足している場合

お散歩から帰ってきたあと
イタズラをしたり、無駄吠えをして騒々しい時

逆に無気力になっている時

これはその犬にとって運動が不足している状態です。

 

犬にとってはその運動量じゃ多い場合

散歩から帰った愛犬が、

ぐったりしている時

逆にハイテンションで走り回っている時

これは運動量が多いサインです。

骨や関節を炒める原因になってしまうので
お散歩の量を減らして様子を見たほうがいいでしょう。

SPONSERD LINK

運動の量と質について

犬にとっての運動は

ただ歩くだけの散歩だけではありません。

 

例えばあまり運動量が必要ないとされる小型犬など
室内でボール遊びをしたり、隠しもの遊びをするなども
立派な運動になります。

 

また、運動量が必要な犬種は
遠くから読んで全力疾走をさせたり
遠くにボールを投げてとってこらせる遊びを取り入れるなど
も必要になってくるでしょう。

 

犬種によってはシェパードのように
自分の号令(指示)をして訓練する遊びを
取り入れると良い場合もあります。

このように、運動は量より質に重点を置いて
どんな運動が愛犬にあっているのか考えれば
短時間でも多くの運動をさせることだって可能です。

 

運動をお散歩だけと思っている飼い主さんは
愛犬にあった運動量を工夫してあげることも
大切と言えますね(^^)

 

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬との遊びは何してる?雨の日など室内での遊び方

遊びが大好きなワンちゃんと楽しく遊んでいますか? 今回は雨の日などでお外にでられない時に

記事を読む

犬との遊び「引っ張りっこ」の注意と正しい遊び方は?

ワンちゃんはみんな遊びが大好き♪ その中でも相手とおもちゃなどを引っ張って遊ぶ 引っ張り

記事を読む

犬がゴミ箱をあさったり靴泥棒・・いたずらの理由と対処法

  とてもかわいい愛犬ですが、たまにいたずらをします。 ゴミ箱をあさるとか靴や

記事を読む

犬は抱っこされるの好き?嫌い?

犬を抱っこしてあげたい♪ かわいい愛犬を抱っこしたいと思う飼い主さんは多いでしょう(^^)

記事を読む

犬に友だちができない!子犬の成長段階とは?

  犬って社会性が豊かだっていうけど、うちの子は友だちができない・・ やっぱり

記事を読む

犬は首輪を嫌がらないの?首輪のつけ方の注意点!

首輪はずっとつけていないといけないのか? 愛犬につけておく首輪ですがつけておくべきか、室内では

記事を読む

愛犬をペットショップに連れて行く時にしてはいけない3つのこと!

最近では愛犬を連れていけるショップもあります。 ドッググッズなどを売っているペットショップなど

記事を読む

子犬の簡単な性格の見分け方!選ぶときに見るポイント

犬を飼おうと思ったら、まずはペットショップを見ることが多いでしょう。 犬種が決まっている時はブ

記事を読む

犬種の選び方のポイントは?ここに注目!

あなたは新しく犬を飼おうとする時、どんな点に注目しますか? 今回は、犬種を選ぶ際に注目してほし

記事を読む

愛犬の老化現象を見逃さないで!老化のサインは?

一般的に大型犬のほうが早く老化現象が現れます。 小型犬は体が小さいから老化のサインを見落としが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑