犬は抱っこされるの好き?嫌い?

【この記事の所要時間:約 4 分】

を抱っこしてあげたい♪

かわいい愛犬を抱っこしたいと思う飼い主さんは多いでしょう(^^)

あなたが愛犬を抱っこした時、うなったりされませんか?

犬は抱っこが好きなの?本当は嫌いなの?

dakko

 

犬は抱っこされるのをどう思う?

かわいい愛犬で、特に小型犬なら
抱っこする機会も多いと思います。

 

中型犬や大型犬になると
さすがに体重が10kgを超えてきますから
気楽に抱っこはできませんものね(^_^;)

でも、ブラッシングや爪切りなど
抱っこして、体を固定する必要がある時や
病院で診察台に載せるときなど
抱っこに慣れさせておくことは大切なんです。

嫌がって暴れると危険なので
抱っこをするということは
多かれ少なかれ慣れさせておきましょう。

 

 

あなたは、
犬って抱っこされて喜ぶはず
と思いますか?

甘えん坊さんな性格だったり
もともと抱っこされるのを喜ぶ
ワンちゃんもいるでしょう。

 

ですが、

抱っこされることがあまり好きではない犬

もいます。

 

犬だけではなく動物全般ですが
基本的に自分の体が思うように動かせない
という状態って苦手に思うんですね。

抱っこするときに、落とさないように
しっかり抱いていると思いますが
それは犬にとっては窮屈で、身動きできない
という状態になっています。

窮屈すぎてまったく動けない・・・

そう思うと犬は怖くて不安になってしまうんです!

 

あなたは愛犬を抱っこした時
うなったり暴れたりされたことはありませんか?

 

これは、抱かれ方が不安定なときや
逆にしっかり動けないほど抱かれている時に
不安が大きくなってしまって
「離して!おろして!」という意味で
暴れている可能性があります。

 

上手な犬の抱き方を知って抱っこをすることは
あなたと愛犬の信頼を深めるにも役立ちます。

 

それでは、どうやって上手に犬を抱っこするのか
その方法を見て行きましょう(^^)

 

犬を抱っこする方法は?

犬を抱っこしている時に、
人間の新生児を抱くように
しっかりホールドして抱いていませんか?

 

犬を抱き上げる時は
犬の横に立ち、脇の下に手を入れて
抱き上げるようにします。

 

細かい腕の回し方などに
特に決まりはないんですが、
抱っこした時のポイントはあります。

 

それは、

  1. 犬の体が普段と同じように水平の状態になっている
  2. 4本の足がどれもダラリと下がっている

この2点です。

小型犬や子犬の場合は
体が水平の状態になっていなくても大丈夫。

小脇にかかえる感じにしてください。

cocker-spaniel2

 

水平の状態にする時は
片手を胴体の下に回して
もう片方の腕で腰からおしりのあたりを
支えるようにしましょう。

上の写真で言うと、左手で
おしりを包み込むように抱き
もう少し位置を高くして上げる感じです。

 

このような抱き方をすると
自然と4本の足がダラリとしていますよね?

このように抱くことで、
足先に力が入らないので
急に飛び跳ねることがなく
安全に抱っこができます。

 

そして、犬も宙に浮いている感覚があるので
自然と抱っこしているあなたにたよって
力を抜いて身を委ねる信頼感が生まれるんですね♪

SPONSERD LINK

抱くときに気をつけたいこと

最初に抱く練習をする時は
あなたも抱き慣れていないので
不安に感じるかもしれません。

ワンちゃん側もびっくりして
嫌がってしまう可能性もありますよね?

 

ですから、落ちてケガをしないように
最初は床から近いところで練習をしてください。

 

また、抱くほうのあなたが緊張していると
犬にまで緊張が伝わって不安になります。

なるべくリラックスして行うようにしましょう。

 

足先がだらりとしている抱き方は
乱暴そうに見えるかもしれません。

でも、先ほどお伝えしたように
身動きができないほど窮屈にされるのを
犬としたらいやだと感じてしまいますし、
暴れて落としてしまう原因にもなるんですね(´・ω・`)

 

信頼関係を築く上でも
抱く時は足4本を中にだらりと浮いた状態にし、
愛犬の信頼をしっかり受け止め
責任をもって抱いて保護をする。

これこそが理想的な関係といえますし
危険のない抱き方なんです。

 

愛犬を上手に抱っこして
抱っこに慣れさせるように
トレーニングしてあげてくださいね(^^♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬のマイクロチップのメリットと価格は?義務化への賛否意見!

犬のマイクロチップとは?メリットやデメリットが知りたい!費用は? などなど犬へのマイクロチップの入

記事を読む

犬種の選び方~訓練したい・命令したくない人向け犬種

  大切な犬種選び。 前回は「活動的な人」「おとなしい人」にあった犬種をご紹介

記事を読む

犬のあまがみ対策は?やめさせるしつけ方!

「う~ん・・・けがをする程でもないからなぁ」 愛犬の甘噛みに悩んでいる飼い主さんも多いです。

記事を読む

犬の発情期とは?オスメス別の発情期の注意点と対処法!【徹底解説】

犬の発情期っていつ?時期は決まっているの?オスとメスとで違いはある? 犬を飼ったら注意をしない

記事を読む

老犬の散歩の仕方は?時間や速度

昔と比べて、犬の寿命も伸びてきたようです。 しかし、やはり犬は人間と比べてはやく年をとってしま

記事を読む

犬の尻尾を切ると感情が表せない!病気にもなりやすい?

犬の尻尾を切ることを「断尾(だんび)」といいます。 「愛犬のしっぽを切るなんてとんでもない!」

記事を読む

愛犬の運動量多くない?運動の仕方を間違ってるかも!?

うちの犬、運動不足じゃないかしら? 運動不足を心配するあまり、運動の仕方を間違えていませんか?

記事を読む

犬の爪は散歩で減る!爪切りが嫌いな犬にはどうする?

あなたは愛犬の爪切りをどうしていますか? 爪切りを嫌がってさせてくれない子もいますよね(T_T

記事を読む

犬のおやつはいつからあげていい?上手なおやつのあげ方は?

今は子犬だけど、おやつはいつから与えていいの? おやつは愛犬が喜ぶとっておきのものです。

記事を読む

犬の洋服は必要?犬に服を着せるメリットは?

かわいい洋服やおしゃれな洋服。 愛犬用の洋服ってたくさん種類がありますよね♪ でも「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑