犬の気持ち | ボール遊び好き?きらい?

びの中でポピュラーなものといえばボール遊びです。

でも、ボール遊びを大喜びでやる犬と無反応な犬がいます。

「犬ってみんなボール遊びが好きなんじゃないの?」

犬とボール遊びについて犬の気持ちをご紹介します♪

ballsuki

犬にとってボール遊びとは?

広い公園や土手などで犬と遊ぶ時
投げたボールを取ってこらせるボール遊び。

飼い主さんはそんなに動かなくても
たくさん犬を走らせてあげるボール遊びは
とても便利な遊びとも言えるでしょう(笑)

 

しかも何回でも繰り返しボールを投げるよう催促する姿に
「飽きないの?」と思ってしまうこともあるかもしれません。

 

犬にとってボール遊びとは、

作業欲が満たされる遊びです。

犬の祖先であるオオカミの頃は、獲物を追いかけて
捕まえることで生活していました。

そして人間とともに暮らすようになってからも
猟の手伝いをする狩猟犬として活躍した犬種も多いです。

 

ですから、小さいボールを追いかけて、探して
主人のところに持ってくるボール遊びは
犬の持っている狩猟本能をかきたてて
満足させる遊びなんですね♪

そして、ボールを持ってくるとご主人であるあなたに
いっぱい褒めてもらえるんですから、
犬にとってはとても楽しい遊びといえるんです。

いわば、犬のハンターの血が騒ぐ遊び

ということです(^^)

 

「犬にとってそんなに楽しい遊びなのに
うちの子はボールに興味がないの(´・ω・`)」

それでは、ボール遊びがきらいなワンちゃんのために
その気持ものぞいてみましょう。

 

ボール遊びが嫌いな理由

確かに、一般的に犬はボール遊びが好きといえますが
中にはボール遊びがきらいだったり苦手な犬もいます。

 

先ほどボール遊びが好きな理由として

ハンターとしての血が騒ぐから

とご紹介しました。

レトリーバー種など、撃ち落とされた鳥を回収する猟犬は
ボールを追いかけて、それを回収してくるボール遊びが
得意な犬種といえます。

しかし、テリア種やダックスフンドは猟犬でしたが
獲物の巣穴を探して追い立てる猟をしていました。

ですから、テリア種やダックスフンドは
ボールを取ってくるより、穴を掘る方が得意でしょう。

 

この犬種による違いは、昔から犬を改良する時点で
改良する側の人間が望んだものです。

当然、ボール遊びが得意な犬種と不得意な犬種
というのが存在するのは仕方ないことなんですね。

 

 

あともうひとつ!

 

ボール遊びを喜ばない犬の気持ちとして
視力など、犬の目に関係する可能性もあります。

この犬の視力については、次回ご紹介したいと思います(^^)

まとめ

犬のボール遊びが好きな理由は

獲物をかっていたハンターの血が騒ぐから

ということがわかりました。

そして、犬種によってボール遊びが得意な犬と
穴を掘るなどのほうが得意な犬がいましたね(^^)

 

また、牧羊犬出身の犬などは
フリスビーやアジリティーのような
ダイナミックで更に運動量が豊富になる
遊びを好む犬種もいます。

 

ボール遊びが得意な子もいれば
不得意な子もいるので、犬ならばボール遊びが好き
とも言い切れません。

愛犬が好む遊びは何なのか?
ということをしっかり見極めて遊んであげてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です