*

テンションの低い愛犬をおっとり犬にする方法は?

【この記事の所要時間:約 5 分】

つも寝てばかりのテンションの低い愛犬。

もう少し元気になって欲しいけどおとなしい所はそのままでいて欲しい。

そんなあなたの希望をかなえて、愛犬をおっとり犬にする方法をご紹介します。

今までの寝てばかりがウソのように元気でおっとりした性格になりますよ(^^♪

ottoriinu
「・・わたしも昔は無気力だった事があったわ(回想中)」

テンションが低いおとなしい性格

おとなしい性格の中でも
テンションが低くて何事もあきらめやすい
まだ若いのにいつも寝てばかりいる愛犬。

確かに手がかからなくていい子
なのかもしれませんが・・・

多少問題が出てくることがある
ということは過去2回にわたって
ご紹介してきました。

 

せっかく一緒に生活をしているんですから
愛犬ともコミュニケーションが取りたいですよね?

いつか急に愛犬のストレスが爆発して
手がつけられない暴走犬になってしまわないよう
いいところはそのまま残して
精神的に健康なおっとりとした性格の
ワンちゃんに変えていってあげましょう。

現在、こんなことになっていませんか?

テンションが低い愛犬とあなたは
こんな生活になっていないですか?

  • 愛犬がちっとも目を合わせようとしない
  • 愛犬の気持ちがわからない
  • 遊んであげてもすぐにやめる
  • 病気やケガに気が付かなかったことがある

もし、思い当たることがあったら
少し注意が必要です。

 

確かに、犬は真正面から目を合わす
というのが苦手な動物です。

初対面の相手や、慣れていない人には
自分から目をそむけるしぐさをします。

ただ、何年も一緒にいるあなたに対して
全く目を合わせないようにするのは
自分に自信がない証拠ですし
もしかしたら怖いと感じているのかもしれません。

それに、このタイプの性格は自己主張を
あまりしないので、愛犬の気持ちや
状態をわかってあげにくいんですね(´・ω・`)

そうすると、愛犬がしてほしいこと
に気がついてあげることもできないので
愛犬にどんどん精神的ストレスが
溜まっていってしまいます。

また、犬はケガや病気を隠す傾向にあるので
「寝てるのね」と思っていたら
いつの間にかケガをしていたとか
病気で苦しんでいたことに気づかず
重症化してしまうこともあります。

このように、心も体も
トラブルを起こしていることを
気づいてあげられずに大事に至ってしまう
危険性があります。

スポンサーリンク

元気なおっとり犬にするためのほめ方と叱り方

愛犬との信頼度を高めて、心も体も
とてもすこやかな子になって欲しいですよね♪

元気なおっとり犬にするための
ほめ方と叱り方を見ていきたいと思います。

このタイプの子に対しては
はっきりリアクションをしてあげてください。

ほめ方

あなたの指示に従った時はもちろんですが
おりこうに過ごしているのを見つけた時は
しっかりほめてあげてください!

この時ですが、おりこうに過ごしている時は
毛並みにそってゆっくりとなでながら
満面の笑顔で「いい子だね」などと
声をかけてほめていきます。

逆に、あなたの指示に従った時は
毛並みと逆方向に少し早いテンポで
なで上げながら声をかけてほめるようにしてみてください。

場所は首まわりの毛を下から上に
持ち上げるようになであげるといいでしょう(^^)

 

どうしてなで方まで意識するのかというと
毛並みと同じ方向になでられると
犬は安心してリラックスします。
逆に毛並みにさからってなでると
犬の気持ちが高まります。

ここを使い分けることによって
愛犬の気持ちをコントロールしながら
しっかり褒めていることを伝えられるんですね( ´∀`)bグッ!

そして、褒めている時の目標は
愛犬が喜びのリアクションをとることです。

たとえば、しっぽを振るとか
うれしそうな顔をするなどです。

激しくオーバーリアクションなくらいで
わかりやすくほめるようにしてください。

叱り方

犬の叱り方にはいくつかの方法があります。

「無視する」「激しく叱る」などありますが
テンションが低くておとなしい性格
のワンちゃんにはどちらも逆効果になります。

無視すると、「怒られていないんだ」
と理解してしまいますし、
激しく叱ると萎縮して怖がるようになります。

特に、激しく叱るのはNG!

あなたのことを怖がってしまい、
あなたを「危険な存在」として
見るようになるので、距離を置こうとします。

これでは信頼関係は築けませんよね(´・ω・`)

ですから、いけないことをして
叱る時は、ビシッと一言だけ
「ダメ!」「イケナイ!」
などの声をかけて注意してください。

最後に

テンションが低くておとなしい性格は
犬自身に自信が持てていない状態です。

とても消極的で、喜怒哀楽を表現せず
ただじっと時を過ごしている・・・

せっかく一緒に暮らしているんですから
この世にはたくさん楽しいことがあるんだよ!
ということを教えてあげたいですよねo(`・ω・´)o

あなたが愛犬の気持ちを理解して
愛犬の存在を喜んでいるということを
伝えることができれば
ただ何事も諦めたような性格ではなく
自信を持ってあなたを信頼し
絆を深めていくパートナーに変えてあげられます。

ぜひ、はっきりとしたリアクションで
愛犬に接してみてくださいね(^^)

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬の気持ち | お散歩を嫌がる

  飼い主さんとの楽しいおでかけであるはずの散歩。 でもどうしてかお散歩を嫌が

記事を読む

犬の気持ち | 緊張を和らげるカーミングシグナル

  犬を叱っているのに大あくびをされた・・ 「これはシカトされたってこと?!」

記事を読む

愛犬のしつけやトレーニングのご褒美は何がいい?

愛犬のしつけやトレーニングにご褒美を使っていますよね? 愛犬にとってご褒美ってどんなものが最適

記事を読む

犬が泣く理由は?涙をながすのは悲しいから?

今回は犬が泣く理由についてです。 ワンワン!と「鳴く」のではなく、涙を流して「泣く」ほうですね

記事を読む

愛犬は甘えん坊?飼い主への依存心をチェックする10の項目!

うちの愛犬は甘えん坊な気がする方はチェックしてみましょう! 飼い主であるあなたに対する依存心の

記事を読む

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです。 何かあると、すごい勢

記事を読む

愛犬が散歩中にリードを引っ張る!しつけ方は?

大好きなあなたとのお散歩♪ ワンちゃんにしたら嬉しくて興奮する時間です。 ずっと室内にい

記事を読む

犬の寄生虫による皮膚の病気と治療薬は?副作用や予防について

犬の皮膚病で多いのが寄生虫や細菌、カビ等による皮膚病です。 それぞれどんな寄生虫や細菌がいるの

記事を読む

犬のしつけで怒るのはダメ?犬も反抗するの?

愛犬をしつけるとき怒ることもあるでしょう。 でも、上手に怒らないと反抗的な犬になっちゃうかも!

記事を読む

犬がくるくる回る理由は?室内と屋外で違う回る意味!

何故か愛犬がくるくる回ってる! 犬の不思議な行動の1つですが、どうしてくるくる回るんでしょう?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑