犬のおやつはいつからあげていい?上手なおやつのあげ方は?

【この記事の所要時間:約 4 分】

は子犬だけど、おやつはいつから与えていいの?

おやつは愛犬が喜ぶとっておきのものです。

このおやつはただあげてはいけないんですよ(`・д・´)

おやつをあげていい時期と上手なおやつのあげ方をご紹介します。

oyatu
これっておやつ?食べてみてもいい?」

おやつをあげていいのはいつから?

子犬を飼い始めるのは
だいたい3ヶ月を過ぎた頃でしょうか。

我が家にも慣れ、健康で元気に
過ごしているワンちゃんを見て、
おやつをあげたらもっと喜ぶんじゃないかな♪
と考えるかもしれませんね(^^)

そうすると実際
いつから与えていいのか?

というところが気になってきますよね。

 

子犬におやつを与えていいのはいつからか?

 

それは、

できれば1歳になるまでは
与えないほうが望ましいです。

 

というのも、子犬は1年半くらいで
人間の20才になります。

子犬は生まれてから1ヶ月位を母乳で育ち
1ヶ月から2ヶ月くらいで離乳食になります。

その後3ヶ月位から6,7ヶ月くらいまで
子犬用のパピーフードを食べ、
その後成犬用のフードになっていくんですね。

犬はわたしたちよりもずっと早く
歳をとっていきます。

犬の成長段階は5つに分けられるんですが

  • 幼犬期
  • 成長期
  • 成犬期
  • 熟犬期
  • 老犬期

それぞれで成長段階に合わせたケア
必要になります。

幼犬期から成長期にかけては
犬の体を作る大切な時期です。

骨や歯、関節や内臓などが作られる時期
ですから、その成長に必要な栄養
というのがとても重要になってきます。

パピーフードは成長期に必要な栄養が
しっかりとれるよう考えられたフードですが
もし、ここでおやつを食べてしまうと
おやつの分、フードを減らすことになるので
必要な栄養が十分とれなくなる
というおそれがあるからなんですね。

おやつは理由なくあげないで

わたしたちは子供の頃
10時のおやつとか、3時のおやつ
として、食事と食事の間に
おやつを食べていたじゃない!

と思うかもしれませんが・・・

でも、犬の場合はフードが総合栄養食で
成長に必要な栄養は全てオッケーですから
おやつを食べる必要というのはありません。

 

それに、習慣のように時間になると
おやつを与えるというのは
今後のしつけの面でもよくないことです。

というのも、わがままな犬になる可能性が大きいから。

 

そのうち、自分の要求を通そうとして
吠えたり、噛んだり、騒いだり
手がつけられないワンちゃんになる
こともありますし、
もっともっと!と要求するようにもなります。

ですから、愛犬におやつを与える時は
ただ理由もなく与えるのではなく
「おすわり!」や「伏せ!」
などの号令をかけ、それができた時に
ご褒美の声かけとともにおやつを与える
というのが良い方法になります。

 

「でも、うちの子まだ子犬だから
そんな号令できない」

1歳くらいの歳というと、
人間で18歳位になります。

このくらいの時期は反抗期である可能性もありますね(^^)

素直に言うことを聞かないかもしれません。
そんな時は、名前をよんで
「オイデ!」と言って、くるだけでも十分です。

要は、あなたが主導で命じたことを
愛犬がちゃんとできて、
そのあとにご褒美として
おやつを与える(もらえる)習慣を覚えることが大切なんです。

SPONSERD LINK

おやつもしょっちゅう見なおして

おやつをあげていい年齢になり
ちゃんといろいろと号令も覚え
食事に影響がないくらいの量で
おやつをあげられるようになったとします。

おやつにもたくさん種類がありますよね(^^)

本当に何にしたらいいか迷ってしまう
くらいたくさんの種類があります。

 

そうなってくると、おやつにも
好き嫌いが出てくることもあります。
このおやつはあんまり喜ばないとか・・(笑)

せっかくあげるんですから喜ぶおやつを
あげたいと思う気持ちはわかります。

でも、毎日同じメーカーの
同じ種類のものを与えると
どうしても偏食になりやすくなります。

 

そのおやつじゃなきゃ喜ばない
というよりも、何でも喜んで食べる
ようにしておいたほうがいいですよね(^^)

 

ですから、おやつもいろいろな種類で
日によって変えて与えるなど
偏らないようにしてください。

当然のことながら、おやつは与える量も
大切ですから、家族みんなで
おやつをあげた量というのは
情報共有しておいてくださいね!

そうしないと、みんながそれぞれ
おやつをあげたとしたら、
すぐに肥満になってしまい、
病気になりやすい体にしてしまいます(^_^;)

おやつを上げるタイミングを
家族みんなで話し合って、
ルールを決めておくといいかもしれません。

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬が畳を掘るのはなぜ?対策方法は?

せっかくきれいな畳をホリホリ・・・ 「きゃー!畳がぁ~(T_T)」なんてことありますよね。

記事を読む

犬との遊び「引っ張りっこ」の注意と正しい遊び方は?

ワンちゃんはみんな遊びが大好き♪ その中でも相手とおもちゃなどを引っ張って遊ぶ 引っ張り

記事を読む

犬種の選び方のポイントは?ここに注目!

あなたは新しく犬を飼おうとする時、どんな点に注目しますか? 今回は、犬種を選ぶ際に注目してほし

記事を読む

犬種の選び方~社交的・きずな重視の人向け犬種

  あなたの愛犬選びのお手伝いをさせてください♪ 人間の性格や行動と、犬の特性

記事を読む

犬を飼うメリットとデメリットは?高齢者や子供にこんな効能が!

現代社会の救世主?! 犬を飼うとどんなメリットとデメリットがあるのかご紹介します♪ 高齢

記事を読む

愛犬をキャリーバッグやおんぶひもに入れるのは過保護?

これは犬を飼ったことがない人がよく疑問に思うことかもしれません。 愛犬をキャリーバックやおんぶ

記事を読む

犬の尻尾を切ると感情が表せない!病気にもなりやすい?

犬の尻尾を切ることを「断尾(だんび)」といいます。 「愛犬のしっぽを切るなんてとんでもない!」

記事を読む

犬の選び方!飼育環境から飼える犬を選ぼう

一緒に住む愛犬を選ぶ時、まず大切なのが環境です。 あなたの住宅事情を考えてどんな大きさの犬を選

記事を読む

愛犬の老化現象を見逃さないで!老化のサインは?

一般的に大型犬のほうが早く老化現象が現れます。 小型犬は体が小さいから老化のサインを見落としが

記事を読む

愛犬のお留守番!留守中にいたずらをさせない工夫は?

愛犬のお留守番がうまくできないと困っている人必見! あなたが留守中に、愛犬が部屋の中をいたずら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑