愛犬に甘えるペット依存症にならないためには?

【この記事の所要時間:約 4 分】

を飼ったら、その子を可愛がり愛情を持って接しますよね(^^)

よその犬を見ても「うちの子が一番♪」そう考えてしまうのも無理はありません。

そう思うことは間違っていないし問題では無いんですが・・・

犬に甘えてしまうペット症候群にならないよう気をつけていきましょう。

izon
ピクッ!「なに?ボクよりかわいい子がいるって?!」

ペット依存症って・・・なに?

つぶらな瞳と愛くるしいしぐさ。

あなたのことが大好きなワンちゃんを
あなたも大好きでかわいくて仕方ない
というのはとても素敵な関係だと思います♪

でも、もしも

あなたがさみしがりやさんだったり
ちょっとさみしい状況にいるなど
精神的、環境的に孤独感を持っていると
飼っている犬に対して
人一倍、強い愛情を感じるかもしれません。

そして、

一日中犬のことが心配でたまらない。

いつも一緒にいたい。

ずっとかまっていてあげたい。

と考えてしまう飼い主さんだと
「ペット依存症」になる危険があります。

これは、ペットである愛犬と
密接すぎる生活を送ってしまい
愛犬を客観的に見れなくなるんですね。

だんだん愛犬を擬人化してしまい
勝手な感情移入をしてしまうようになります。

そして、犬をかわいがっているつもりが
精神的に犬に甘えてしまう状態を
ペット依存症と呼ばれています。

ペット依存症で何が悪いの?

「愛犬に依存してるかもしれないけど
誰にも迷惑はかけていないじゃない?」

そう思うかもしれませんが
これはあまりよい状態とはいえないんです。

なぜかというと、こうなってしまうと
しつけをするときにも問題が出てきます。

愛犬に対して「無視をする」という
しつけの仕方があります。

お散歩に行きたがったり、
あなたが食べているものを欲しがるなど
愛犬から何かを要求してきたら
それは無視することが必要です。

でも、依存症の飼い主さんは
「愛犬を無視するなんてかわいそう!」
と考えてしまってちゃんとしつけができない
おそれがあります。

また、「この子の気持ちは
わたしが一番良くわかっている」と
思い込んでしまいかねません。

犬を擬人化してしまうので
愛犬を恋人や親友のように
扱ってしまうんですね。

そして、甘やかすことで
自分の気持が満足していますから
犬を甘やかせているというより
犬に甘えた状態になってしまうんです。

 

それに、愛犬の方もどうでしょう?

一人になれる時間がなくて
ずっとかまわれていたら
落ち着かないですよね(^_^;)

誰がリーダーなのかもわからず
混乱してしまいます。

ですから、やはり依存してしまうのは
あまりよい状態とはいえないんです(´・ω・`)

SPONSERD LINK

ペット依存症にならないためには?

愛犬にたくさんの愛情を示すことはいいことです!

もちろん、愛されているあなたの愛犬も嬉しいでしょう(^^)

でも、あくまで「相手は犬」
ということを忘れないで下さい。

そして、リーダーが自分であって
しつけをすることは犬と人間が共生するために
必要なことだから、しっかりしつけをする
ことを常に頭に入れておかないとダメです。

愛犬とべったりの生活を送っているとしたら
まず、愛犬と自分の間に
一線を引いて接するようにしましょう。

 

犬は人間より睡眠時間が長いので
ハウスでゆっくりうたた寝が出来る環境を
まずしっかり作ります。

愛犬がハウスにいる時は
かまわないで落ち着かせてあげましょう(^^)

犬だって、ぬいぐるみのように
いつも抱きかかえられていたり
いじくりまわされたいわけじゃありません。

あなたの気持ちを犬にぶつけるんじゃなく
「犬であるこの子にとって、幸せなのはなんだろう?」
と考えてあげられるとGood!です!

 

まずはあなたが自立をして、
愛犬にとって尊敬されるリーダーになる
ことを目標にしてください。

犬にとって、尊敬できるリーダーと
一緒にいれることが幸せであり
気持ちが落ち着くんです。

食事も遊びも運動も、その子にとって
適切なのかどうかよく見なおしてみて
愛するワンちゃんが犬として幸せな生活か?
というところに気を配るようにしてあげてくださいね(^^)

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬を屋外で飼育するのはいけない?理由と対応策は?

犬と暮らしたい・・・ 最近では、屋外で飼っている姿をあまり見かけませんが 犬は屋外で飼育

記事を読む

犬の選び方 子供のいる家庭に合う犬種は?

  「犬が飼いた~い!!」 子供にねだられて、情操教育の一環になるかな?と

記事を読む

愛犬をキャリーバッグやおんぶひもに入れるのは過保護?

これは犬を飼ったことがない人がよく疑問に思うことかもしれません。 愛犬をキャリーバックやおんぶ

記事を読む

犬に友だちができない!子犬の成長段階とは?

  犬って社会性が豊かだっていうけど、うちの子は友だちができない・・ やっぱり

記事を読む

犬の飼い方!毎日すべき手入れってなに?どんなケアをすればいいの?

犬の飼い方で毎日すべきお手入れについてご紹介します。 愛犬の健康と美容を保つためにも大切なお手

記事を読む

子犬の飼い方~初めてきた日の過ごし方と注意点

色々と愛犬を迎える準備が整って、いざ子犬が来る! ドキドキワクワクでとても楽しみにしていると思

記事を読む

犬種の選び方~活動的・おとなしい人にはこの犬種

  犬種を選ぶ際に人間のタイプに比較的似た特徴を持った犬種を 選ぶことが好まし

記事を読む

犬のシャンプー、人間用はダメ!顔の洗い方は?

愛犬をシャンプーするときにどんなシャンプーを使っていますか? 「顔を洗う方法がわからないから、

記事を読む

愛犬の無駄吠えを防止する方法!色々な無駄吠え対処法

愛犬が無駄吠えして困る!という方に無駄吠えを防止する方法をご紹介します。 来客があったときや、

記事を読む

犬が音に怖がらないようにしつける方法

急に音にびっくりしてパニックになってしまうワンちゃん。 人間社会では当たり前の音なのに、どうし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑