犬のワクチンの種類は?感染しやすい環境を知って検討しよう!

気から大切な愛犬を守るワクチン接種。

どんな種類があるんでしょう?

どんなワクチンを選んだらいいのか迷いますよね。

感染しやすい環境を知ることで必要なワクチンを検討しませんか?

wakutin
「どのワクチンがいいのか迷うなぁ・・・」

ワクチンによる予防接種とは?

かわいい愛犬を病気から守りたい。

 

感染症を予防する唯一の方法はワクチン接種です。

ワクチンとは、病原体を殺したり
弱めたもので、これを注射することで
愛犬の体内に抗体を作って
感染症を防ぐというものです。

ワクチンの接種が「義務付けられている」
のは狂犬病ワクチンだけです。
それ以外はあなたが選ばないといけないんですね。

 

 

ワクチンは、

  • 1種類の病気だけを予防できるもの
  • 数種類を混合して、複数の病気を予防できるもの

の2タイプがあります。

複数の病気を予防できるんですが
混合ワクチンは全ての感染症に効く
というわけではありません!

万能ではないんですね(^_^;)

予防できる病気は決まっているので
あなたの愛犬にとって
どのワクチンが必要なのか
選んでワクチンを摂取させなければいけません。

 

選ぶって言っても、どれがいいのかわからない!

 

もちろん獣医さんに相談することが
大切なんですが・・・

相談するにしても、あなたの愛犬が
どんな環境にいるのか把握して
相談しないと適切な判断はできません

 

 

じつは病気のウイルスは

感染経路や感染しやすい場所が決まっています!

ですから、あなたの愛犬が過ごす環境に
感染しやすい場所がないか?
ということをチェックしてもらいたいと思います。

感染しやすい環境と必要なワクチン一覧

病原体名2種3種4種5種6種7種8種9種
ジステンパー
(イヌジステンパーウイルス)
犬伝染性肝炎
(イヌアデノウイルス1型)
パルボウイルス
(イヌパルボウイルス)
ケンネルコフ
(イヌアデノウイルス2型)
ケンネルコフ
(パラインフルエンザ)
レプトスピラ症
(コペンハーゲニー型)
レプトスピラ症
(カニコーラ型)
レプトスピラ症
(ヘブドマディス型)
コロナウイルス感染症
(イヌコロナウイルス)

 

かかりやすい場所
ジステンパー犬伝染性肝炎

パルボウイルス感染症

ケンネルコフ

ジステンパーは感染している犬から空気感染。その他の感染症は、唾液のほか排泄物や嘔吐物から感染するため、犬の多く集まる公園などで感染しやすい。
レプトスピラ症感染している犬のほか、ネズミや牛、豚などの尿や唾液を口にすると感染する。
牛や豚の飼育小屋があるとか、ネズミの多い川原や地下鉄の駅が近所にある場合は注意したい。
コロナウイルス感染症感染している犬の排泄物などから感染する。犬の多い公園では要注意。

あなたや愛犬が過ごしている場所で
ウイルスの不安はありましたか?

このように環境も獣医さんに相談すると
必要なワクチンを検討することができます。

 

そして、ワクチンの料金ですが・・・

動物病院によって値段に差があります!

 

ワクチンは1年に1回摂取する
ので、何件かの動物病院に問い合わせて
料金を比較しておくといいかもしれません。

 

そしてワクチンを摂取したあとは
安静にさせておきましょう。

たまに、ワクチンの摂取によって
アレルギー症状やショック症状を
起こしてしまうワンちゃんもいます。

そのような症状を起こすのは
接種後1時間以内におこることが多いので
心配な場合はしばらく動物病院で
様子を見ていると安心できますね♪
しっかり予防して怖い病気から
愛犬を守ってあげてください(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です