犬はキャットフードが大好物!?あげてもいい?

と猫を多頭飼いしている場合などで

愛犬が猫のご飯であるキャットフードを食べたがったりします。

犬はキャットフードが好きなの?

じゃ、キャットフードをあげても平気?

hood
「ヤベッ!見つかる~!さっきご飯食べたのがバレたか」
ワンちゃんの表情がじゃっかん邪悪www(笑)

ドッグフードとキャットフード

わたしたちから見たら、ドッグフードも
キャットフードも同じようなもの
に見えてしまうかもしれません。

もし、セールでキャットフードが
とてもお安く売っていたら、

「キャットフードのほうが美味しそうだし
ワンちゃんもこれあげればいっか♪」

な~んて思ってしまいそうじゃありませんか?

でも、これは絶対してはダメ(乂・д・´)!

なぜかというと、ドッグフードとキャットフードは
似て非なるものだからです。

だいたい、犬と猫では食べるものが
違いますから、2つのフードは異なるものなんですね。

犬と猫では必要とする栄養が違うんです。

犬については
犬が必要な栄養を参考にしてくださいね♪

犬にキャットフードをあげちゃいけない理由

犬は雑食ですよね?

正確に言うとどちらかと言うと
野菜などの植物系は消化しにくい
ということがありますから準雑食なんですが
でも、果物も穀物も野菜も食べることができます。

肉以外の食べ物も消化吸収できるということです。

これに対して、猫は完全な肉食

肉や魚などの動物性蛋白質
しか必要としていません。

ですから、猫が食べるキャットフードには
脂肪やタンパク質などが
大量に配合されているんです。

ということは、当然
重量あたりのカロリーが高くなるので
犬にキャットフードをあげ続けると
あっという間に肥満になってしまいます。

犬にとって肥満はいけない
ということはあなたもよくご存知ですよね?

そして、肥満になってしまう他に
もうひとつ犬にキャットフードを
あげてはいけない理由があるんです。

味覚の違いが悲劇を・・・((((;゚Д゚)))

犬の味覚について以前ご紹介しました。

ご覧になってない方は犬の味覚をどうぞ♪

犬の舌で味を感じる味蕾は
人間の5分の1ほどです。

数にすると2000個程度しか
ないんですね。

人間に比べるとかなり味オンチで
味わうという食べ方ではありません。

そして、ここで驚くのは猫の味覚です!

なんと、猫は犬よりもさらに少ない
500~1000個程度しか
味蕾を持っていないんだそうです(゜o゜;

そして、犬は
5つの味覚がわかるんですが
猫は3つ「塩味」「酸味」「苦味」
しかわかりません。

完全肉食の猫にとって
甘味は感じる必要のない味覚なので
退化してしまったんだそうです。

この、激しく味覚オンチと言える猫に
美味しく食べてもらおうということで
キャットフードには肉汁や魚のエキスが
ふんだんに使われています。

なかには、一つ一つのフードに
美味しいエキスをコーティング
してあるものまであるそうで
手が込んで作られているんですね。

もちろんキャットフードも
塩分はかなり控えられているんですが
その他の味付けがしっかりしているので
犬にとってはとても美味しく感じる
ものになっています。

 

ですから

犬にキャットフードを与えると、
それが美味しいから、薄味で
カロリーの低いドッグフードを
食べなくなってしまうことがあります

これは困りますよね(´・ω・`)

どうせあげられないものなんですから
はじめからキャットフードをあげないことが
愛犬のためということです(`・д・´)

 

健康面で見ると、肥満という大きな問題
はありますが、犬がキャットフードを
食べたからといって、深刻な健康被害は起きません。

 

むしろ逆で、猫にドッグフードを与えると
視力の低下とやがて失明してしまう危険がある
という要注意事項があります。

これは猫の網膜細胞に必要な
タウリンとアミノ酸が
ドッグフードには十分に入っていないため
だということです。

 

どちらにしても、犬にキャットフードや
猫にドッグフードはあたえないことが大切です。

それぞれ必要な栄養が入った
専用のフードを選んであげてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です