【中型犬】ボーダー・コリーの性格と飼い方

bordercollie000

優れた運動能力を持つボーダー・コリー。

牧羊犬の中でも、最も作業能力が高い

と言われている犬種なんですよ♪

自分が役に立つことが大好きな賢い犬です。

 

1に運動2に運動、3・4も運動?!

8世紀から11世紀にかけて、
スカンジナビア半島を中心に活動した
バイキングがイギリスに持ち込んだと
伝えられています。

 

数ある牧羊犬の中でも
牧羊犬の代表選手といえるのがボーダー・コリー。

bordercollie0

ずば抜けて優れた運動能力と
驚異的な瞬発力と躍動力、俊足
を持っています。

 

均整のとれた、優雅でなめらかなしっかりした体型。

かなりの重労働をこなし、
スタミナ抜群で耐久力に富み
粘り強く、機敏で聡明。

注意深くて責任感があり
たいへん従順な性格をしています。

 

ボーダー・コリーは、本当に頭がいいんですよ。

羊の群れをコントロールするのも
しっかり自分で考えて状況判断をして
思う方向に追い立てるわけですから
賢くないとできませんよね。

 

そんなボーダー・コリーですから、
家庭犬となった現在は
その運動能力や判断能力を生かすのは
難しいと言えます。

 

高い運動能力のボーダー・コリーの
その能力を発揮出来る場が競技会。

犬の競技会である、アジリティーや
フリスビー大会に活躍の場を求め
飼い主の命令を忠実に果たし、
常に上位に入賞を果たしているんですね。

 

本当に多くの運動量が必要な
ボーダー・コリーが、もしも運動できなかったら・・・

 

それはもう、相当なストレスです!

 

運動できないストレスを抱えると
賢いボーダー・コリーといえど
破壊的になったり、神経質になったり
時には脱走するということまで起こします。

 

そんなに運動したいんですね(T_T)

 

本当は無邪気で人懐こく
優しくて明るくて我慢強いんです。

 

たっぷりと運動させてあげることを
心がけてあげてください(^^)

 

そして、ボーダー・コリーは飼い主を信じて
どんな命令にも服従しますから
飼い主さんはわかりやすい指示で、
一貫性を持って接することが大切
ということも覚えておいてください。

 ボーダー・コリーの健康面

ボーダー・コリーは基本的に大変丈夫で
健康上の問題が少ない犬種です。

 

大型犬など、ちょっと大きめの犬に起こりやすい
股関節形成不全や高脂血症なども
それほど多くはありません。

 

そんなに太りやすい犬種ではありませんが
油断して太らせてしまうと、病気にもなります。

 

食事は朝と晩の2回で、運動量を考えながら
調節するようにしましょう。

 

健康面を考えるときも、ボーダー・コリーは
運動量が関係してくるんですね。

bordercollie2

運動が不足していたり、能力が発揮できていないと
イライラしていろんな問題行動をおこすようになります。

 

運動も、ただ走らせるというよりも
できるだけ仕事の要素のある遊びを
取り入れてあげるようにすると満足します。

ボーダー・コリーは自分のやることや
できることがあれば、役に立とうとして
いくらでも頑張る、頑張り屋さんですからね。

 

運動をしっかりさせて、しつけもきちんとすると
とても飼いやすい犬です。

 

一緒に遊んで信頼関係を築いてくださいね♪

 

飼いやすさの目安

体高オスは53cm(メスはちょっと小さめ)
体重14~20kg
価格15~25万円
原産国イギリス(スコットランド)
運動量30分×2回

状況判断が良い⇒☆☆☆☆☆

社会性・協調性がある⇒☆☆☆☆

健康管理がしやすい⇒☆☆☆☆

訓練されるのが好き⇒☆☆☆☆☆

友好的⇒☆☆☆☆

 

愛犬の訓練がきちんと出来る
しっかりリーダーシップがとれる人

に向いている犬種です。

リーダーがしっかりしつけをすれば
子供に対して攻撃性はないので
とっても良い友だちになれます。

 

家族みんなで行動する機会が多ければ
その中で人間の役に立とうとか
喜ばそうとするので楽しい家族の一員になれるでしょう。

 

被毛はスムースと長毛の2タイプあります。

長毛の場合は、滑らかな毛が魅力の1つですから
ブラッシングをこまめにしてあげると
きれいな被毛を保てますよ(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です