愛犬がアレルギー?原因と症状は?

のアレルギーについて詳しくご紹介します。

犬も私たちと同じようにアレルギー症状を起こし、皮膚などに炎症が現れます。

犬のアレルギーが起きてしまう原因って何でしょうか?

アレルギーが起きるメカニズムとその症状を見ていきましょう。

allergy
「う~~ん。。。どうしたらアレルギーなくなるかな?」

アレルギーの起きる原因とは?

私たちと同じように、犬の体にも
外から異物が侵入してくると
その異物から体を守ろうとする反応が起きます。

異物に対抗できる物質を作り出し(抗体)
体の中から排除しようとするんですね。

これが免疫反応といわれるものです。

免疫反応は体を守るのに大切な反応ですが
じつはこの反応が体に害を及ぼすことがあるんです。

体の中にある抗体と、外から入ってきた抗原が
反応しあって体にとってマイナスに働いてしまう場合があります。

これを「アレルギー」と呼びます。

ですから、本来は体を守るはずの免疫反応が
逆に体に悪影響を与えているということですから
誰にでも(どの犬にでも)起こる可能性があるものなんですね(´・ω・`)

アレルギーについてもう少し見ていきます。

体に入ってくる異物の中でも
免疫機能と反応して悪影響を及ぼす
原因となる物質をアレルゲンとよびます。

主なアレルゲンとなる物質はというと

  • ハウスダスト(ホコリ、ノミ、ダニなど)
  • 花粉(スギ、ヒノキ、ブタクサなど)
  • 食べ物(卵、大豆、肉など)
  • その他(植物、カビ、ゴキブリなど)

これらのアレルゲンに反応してあらわれた症状を
アレルギー疾患と呼び、
皮膚に現れた症状をアレルギー性皮膚炎といいます。

アレルギーは症状を起こす仕組みによって
Ⅰ型からⅣ型まで4種類に分けられますが
犬に多く見られるアレルギー性疾患は
主にⅠ型によるものです。

アレルギー検査のこともわかりますから
このⅠ型の仕組みを理解しておきましょう。

アレルギーⅠ型のメカニズム

アレルゲンが体の中に入ると
体の中で「IgE抗体」という抗体が作られます。

このIgE抗体がアレルゲンと結合すると
肥満細胞を活性化させてしまうんだそうです。

そして、活性化された肥満細胞は
ヒスタミンなどの化学伝達物質を放出し
このヒスタミンが真皮内組織を刺激して
皮膚に炎症が起きます。

これがアレルギー性皮膚炎になる
メカニズムなんですが、
アレルギーの検査というのは
このIgE抗体を測定するものが
一般的な方法になっています。

 

アトピー性皮膚炎もアレルギー疾患なんですが
アトピーは細胞性免疫反応ですから
分類でいうとⅣ型の反応だそうです。

ただ、ヒスタミンが真皮内組織を刺激して
皮膚に炎症が起きるのは同じようです。

 

ただ、まだこのような分類や
アレルギーのすべてを解明できている
というわけではありませんので
研究によっては検査や治療法など
変わってくることもあります。

アレルギー疾患の症状とは?

犬のアレルギー疾患は、ほとんどが
皮膚に発症します。

特にアトピー性皮膚炎は犬全体の
約10%がかかっているとも言われる
最も多い疾患なんですね。

アトピー性皮膚炎の症状は

  • 目の周り
  • 耳介(外から見える耳の部分)
  • 外耳道(耳の鼓膜までの道の部分)
  • 足の先
  • わきの下
  • 足の付け根(そけい部)
  • ひじ関節の屈折側(曲がる内側)

によく見られます。

皮膚の仕組みは簡単に言うと
表皮があって真皮があって皮下組織があります。

アレルギー性の皮膚炎は表皮の奥にある
真皮で炎症が発生しますが、かゆみがあるため
掻いたりすることで皮膚を傷つけて
ただれ(びらん)やかさぶた、腫瘍などが見られ
慢性になると皮膚の外側(上皮)が硬くなって
黒色に変色した色素沈殿が見られることもあります。

私たちもそうですが、この「かゆい」
のがつらいんですよね・・・

ただ、掻くことによって、炎症を広げて
症状が重くなってしまいます。

 

アレルギーによる皮膚炎は
診断も難しいんだそうです。

というのは、

  • 直接的な原因はアレルゲンなのか?
  • 何のアレルゲンが問題なのか?
  • 遺伝的なアレルギーなのか?
  • ほかの病気ではないのか?
  • 基本的な体調管理や栄養管理が問題ではないのか?

など、要因がたくさんあるので
治療に取り組むときは様々な要因を考え
考慮しながら治療を進めていかなければいけないんです。

ですので、治療方針としては
比較的診断しやすいものを取り除いていきながら
経過を見て治療を進めていくという
治療方法になっていきます。

 

わたしたちはどうしても
かゆそうだし、見た目にもかわいそうだし
早く治してあげたいと思いますが
獣医としっかり話し合ったり、
こちらが提供できる情報は隠さず話し、
獣医の注意も聞きながら、あせらずに治療する
ということが大切です。

また、獣医を信頼することは大切ですが、
どうも経過がよろしくないという場合は
思い切って今かかっている獣医とは別の
獣医の意見を聞く、セカンドオピニオンをうける
ということも選択肢として考えておいたほうが
いいかもしれません。

 

かわいい愛犬のアレルギー皮膚炎は
見ているだけでもかわいそうなものですが
実際はとても多くのわんちゃんがかかっています。

次回はアレルギー性疾患の診断と治療に関して
じっくり見ていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です