【小型犬】ペキニーズの性格と飼い方

ペキニーズの性格と飼い方

全身を覆った長い被毛と
真っ黒な顔が印象的なワンちゃん。

ゴージャスなたてがみと各部に立派な
飾り毛をたくわえたその風貌は
小さい体なのに、とても威厳が感じられます。

全身が全て長い毛で覆われていて
体高は地面につきそうなほど低く
体を横に揺らしながら歩く
「ローリング」というユニークな歩き方が特徴です♪

pekingese

古代中国皇帝に愛されたペキニーズ

血糖の純粋さをとても大切にされ
中国でも宮廷でのみ飼育されたペキニーズ。

1頭でも盗んで城の外に持ちだしたら
死刑に処せられたといいます!

かなり神聖視されていたことが伺えますね(゜o゜;

ペキニーズの記録は8世紀の
唐の時代に残されていて
最近のDNA研究でも、
かなり古い犬種ということがわかっています。

そして、ペキニーズは
パグやシー・ズー、狆(ちん)
などのルーツとなった犬種だそうです。

アヘン戦争の時にイギリスの士官が
宮廷にいた5~6頭のペキニーズを
イギリスに持ち帰り、ビクトリア女王にも
贈られたといいます。

peki

ペキニーズの性格

ペキニーズのプライドの高さは
古代中国皇帝ゆずりといえるでしょう(^^)

穏やかな気質なんですが
犬というより、むしろ猫に近い
と言われていて、気分屋さんといえるようです。

気分次第で人なつっこく甘えたりもするけど
誰にでも愛想をふりまくタイプではないです。(^_^;)

 

また、ペキニーズは大変度胸のある犬で
小型犬なのに、大型犬や人間にも、
そして悪魔にすらひるまず立ち向かっていく
と言われているんですよ(^^)

悪魔にもって・・・どんだけって感じですね(笑)

つまった鼻先や大きな目、
ぬいぐるみのような容姿からは
想像できないほど度胸のある犬ということです。

この度胸と、我が強いところ、
そして気高いまでのプライドの高さから
ただ一人の選ばれた主人にのみ
親しむといった感じの性格です。

とはいえ、それは独立心が高い
といえるので、その存在を尊重してあげると
家族にも心を開き、意外と飛び跳ねたり
はしゃぎ回ったりするとのことです。

ペキニーズの飼い方

ペキニーズは全身を長い被毛が
豊かに覆っていますので
寒さには比較的強いですが
暑さはとても苦手です。

体内の暑くなった空気の交換が
うまくできないので、
暑い中にいるとすぐに熱中症に
かかってしまう危険があります。

真夏はエアコンが必須!

また、体も太りやすいので
食事の管理に気を使ってください。

ペキニーズは太りやすいくせに運動も苦手です。

肥満になってしまうと、心臓疾患や
椎間板疾患を発症する危険もありますので
食事の管理はしっかり行って
太らないように注意してください。

体高20cm前後
体重オス5kg。メス5.4kg
価格15~30万円
原産国中国
運動量10分×2回

飼いやすさの目安

状況判断が良い☆☆☆
社会性・協調性がある☆☆☆
健康管理がしやすい☆☆☆
訓練されるのが好き☆☆☆
初心者向き☆☆☆

神秘的でエレガントな雰囲気が漂い
独特なルックスに、今では東洋だけじゃなく
ヨーロッパにもファンがいます。

運動が苦手なこともあって
一見抱き犬に見えますが
小さい体に似合わず、意外と
重量感があります。

被毛のお手入れにも時間がかかりますから
愛犬のケアに時間がとってあげられる人に
オススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です