犬が吠える・噛むなど問題行動の原因(理由)と対処法!

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 犬の気持ち

【この記事の所要時間:約 4 分】

駄に吠える、噛み付くなど飼い主が容認出来ない行動や

自分に有害な行動をとることを問題行動といいます。

問題行動にはさまざまな原因があり、引き起こされます。

特に吠える、噛むなどの攻撃的な問題行動についてご紹介します。

kougekikoudou
「いや~噛んだり吠えたりする気力すらないっす」(笑)

代表的な問題行動は?

まず、問題行動と言われているものの
代表的なものを見ていきたいと思います。

噛みぐせ

人や他の犬に実際に噛み付く

無駄吠え

ずっと吠え続け、なかなか吠え止まない

ケンカ

他の犬と会うと、交流できずにケンカする

粗相

トイレのしつけはできているのに特別なケースでは粗相する

盗み食い

自分の食事以外のものを勝手に食べる

追いかけ行動

動くものを見ると追いかける

マウンティング

優位性を示すときに行う

マーキング

トイレ以外のところに尿をかけ回る

うなる

歯をむき出したり、低い声で威嚇する

自傷行為

自分の体をなめ続けたり噛んだりする

 

ほかにも問題行動と言われる行為はありますが
代表的な問題行動をあげました。

問題行動とは全てが異常な行動ではなく
多くの犬が本能に根ざした行動なんですね。

ただ、この中でも特に困るのが
吠える、噛む、うなるなどの
攻撃的な行動だと思います。

吠える、噛む、うなるのはなぜ?

吠えること自体は本能なので異常ではありません。

どうして無駄吠えするの?でご紹介したように
吠えているのは愛犬にとって無駄ではなく
意味があることが多いです。

でも、今回の吠えるというのは
噛む、うなると同様の攻撃行動として
考えていきます。

 

犬自信が周囲に過剰な警戒や
威嚇行動をみせるのは、
心の問題が原因として考えられます。

 

あ!
攻撃してしまう病気の可能性もありますよ!
スプリンガーの突発性激怒症候群
のページを参考にしてくださいね♪

ただ、この病気はめったにないものなので
一応外して考えたいと思います。

 

問題行動につながるのは
怯えが一番の原因(理由)となります。

怯えることで激しく吠えるなど
威嚇をするんですが
何にでも過剰に反応する状態だった場合
本来吠える必要のない相手にまで
吠えるなどの威嚇をするようになります。

噛むのも同じで、本来動物は
自分より体が大きい相手に
単体で攻撃を仕掛けるということは
ほとんどないんです。

ライオンですら群れで攻撃しますよね?

ですから、大型、小型問わず
犬が人を攻撃するというのは
極度の怯えや恐れがあって
窮鼠猫を噛むと同じ理由で攻撃するということです。

 

そして、日常的に人を噛んだり
吠え続けたりすぐうなるというのは
極度の怯えやストレスから
心のバランスが崩れてしまっている状態なんです(´・ω・`)

sponsored link

愛犬が人を攻撃したらどう対処するの?

現実的な問題で、攻撃しやすい状態の場合
注意しておきたいのは誰かを噛んで
ケガをさせてしまうということです。

 

 

ケガをさせた相手方に謝る
というのはもちろんなんですが
ここでは行動についてご紹介します。

 

まず、ケガの大きさにかかわらず
相手と一緒に病院に行くこと。
(診断内容と通院の有無は聞いておきましょう)

そしてすぐに保健所に届け出をします。
規定に定められた登録や鑑札の取得、
狂犬病ワクチンや予防接種などをうけているか
チェックが有ります。

そのあと、ケガをさせてしまった方と
話し合いを行います。
その時、損害賠償を請求されることもあります。
損害賠償としては

①怪我の治療費
②治療のための通院にかかかる交通費
③怪我によって仕事ができなくなった場合の休業損害
④慰謝料

があげられます。

個人賠償保険に加入していないか確認しましょう。

ペット保険にオプションでついていますが
もし、ペット保険に加入していなくても
自動車保険やクレジットカードでおまけについている
ということもあるのでよく確認してみてください。

個人賠償保険に加入していた場合、
金額に関することなどは保険の話になりますから
保険会社の人という第三者が間に入り
行ってくれるというのは大きいです。

もし自分の愛犬が噛みぐせがあったり
攻撃的な行動をとるところが見られたら
万が一に備えてペット保険に加入し
個人賠償保険のオプションをつけておくといいでしょう。

攻撃的な行動に対する対処法は?

愛犬の攻撃性に対する対処法としては
しつけ教材で、しつけを見直す
というのもひとつの方法です。

しつけ教材には、問題行動全般の
しつけをし直すものや
噛みグセ専門のしつけ方を
その道のプロがわかりやすく効果的な方法
教えてくれています。

愛犬をしつけしなおす過程で
内的原因がなくなり、
心のバランスが元に戻り、
あなたの言うことを聞ける子になる可能性も高いです。

その道のプロのテクニックを知って
どう愛犬に接するのが正しいのかが
わかりますから有効な方法として
覚えておいていただけたらと思います(^^♪

 

  ☆☆耳より情報!!☆☆

 愛犬のしつけ成功の秘訣を大公開!!
 こちらからメルマガに登録していただいた方限定で
 当サイトで公開していないマル秘テクニックを
 無料でお教えいたします♪


 くわしくはここをクリック


sponsord link

sponsord link


メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

9a0449f69dcca8131d0004da5602f54a_s

犬のしつけ方法が間違えてた!正しくしつけ直すには?

犬があなたの言うことを聞かない場合は、犬のしつけ方法が間違えている可能性が大です。 犬のしつけ

記事を読む

kainusikirai

犬の気持ち | 飼い主のことが嫌いになることはある?

最近良く愛犬のことを叱っているけど 犬は飼い主のことを嫌いになったりするのかな? 犬も飼

記事を読む

nioikagu

犬が匂いを嗅ぐ理由は?何を調べているの?

クンクンクン。あなたの愛犬も熱心に匂いを嗅いでいますか? お外はもちろん、室内でも一生懸命臭い

記事を読む

ote

犬がコマンドを聞かない理由は?しつけの際の注意点

待てやおすわり、伏せなどのコマンドを教えているのに いうことを聞いてくれないと困っていませんか

記事を読む

wagamama1

わがままになった愛犬のしつけは?かわいい犬にする方法!

わがままになってしまった愛犬をしつけ直してみましょう。 わがまま犬は裏を返せば愛情深いわんちゃ

記事を読む

sippo

犬がしっぽを振る意味は?喜んでいるんじゃないの?!

  犬はしぐさで気持ちを表現しています。 しっぽもその1つで、振り方で愛犬の気

記事を読む

kagukazi

犬の気持ち | 家具をかじるのはなぜ?防止法は?

  カジカジカジカジ・・・ 「ん?なんかおとなしいな……キャー!!」 愛

記事を読む

musi

犬の気持ち | 名前を呼んでも無視する!反抗期なの?

名前を読んだら飼い主の方に走ってくる。 あたりまえのことのように思えますが・・・ 最近、

記事を読む

ongaku

犬の気持ち | 音楽は理解できる?

  「うちの犬は音楽をかけるとご機嫌になるの♪」 飼い主さんの好きな曲を一緒に

記事を読む

yantya

愛犬の性格は?やんちゃ?おっとり?ズバリ性格診断!

あなたの愛犬の性格を診断してみましょう。 過去にワガママ度と甘えん坊度をチェックしてみました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly


472e70c8807658b1217eb8e798c32d9d_s
犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

ed7162d2b7583bc6852912bf5ed143ab_s
犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

94bce5fe280f8807384ca727a711206c_s
犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

0a46a06641ec561be444b9666444d008_s
犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑