*

愛犬の健康管理!気をつけたい季節に合わせた病気対策は?

【この記事の所要時間:約 4 分】

犬の健康をまもるのは飼い主であるあなたです。

毎日の健康チェックに加えて、季節ごとの健康管理はとても大切。

暑さや寒さの温度調節や予防接種など

愛犬の健康管理で気をつけたい対策をご紹介します。

kenkoukanri
「確かに涼しいけど・・・これ風強すぎじゃね?」(笑)

季節別!気をつけたい病気対策

日本は四季がある国です。

春、夏、秋、冬でそれぞれ気候が
大きく違いますよね。

ですから、それぞれの季節で
温度調節が必要ですし、
変化に応じた健康管理も重要です。

犬は体調を崩していても
野生の頃からの習わしで
なかなか具合の悪い態度を見せません。

口で訴えてもくれませんしね(´・ω・`)

ですから、わたしたちの方で
過ごしやすい環境にしてあげることや
病気にならない対策をすることが大切になります。

季節ごとに分けて、注意する点などを
お伝えしていきたいと思いますo(`・ω・´)o

春の時期

予防接種とノミやダニの対策を!

春は狂犬病の予防接種を受ける時期です。

そして、夏に向けてフィラリアの検診と
フィラリア予防の薬を投与します。

知らずに感染していたあとに
予防薬を飲ませると副作用を起こすことがあります。
感染しているかどうかは少量の血液をとって
検査することでわかりますからまず検診を受けましょう。

フィラリアの予防薬は、蚊が飛び終わる時期
である11月頃まで1ヶ月に1回
継続して飲ませるんですね。

中には、半年間有効の注射薬もあります。
どちらにするかは獣医さんと相談して
決めるといいでしょう(^^)

また、気温が上がっているとノミやダニが増えてきます。
散歩後は必ずブラッシングを
忘れないようにしてください。

愛犬がいる部屋の掃除は特に
念入りに行うようにして、タオルやおもちゃも
清潔を保つよう心がけましょう!

夏の時期

とにかく暑さ対策が重要!熱中症に注意。

犬の夏バテでご紹介しましたが
とにかく暑さに弱い動物です。

室内飼いの場合は冷房を入れて
温度を調節してあげてください。
室外で飼っている時は、直射日光が
当たらないよう工夫してあげてください。
犬小屋にすだれをかけて
風通しの良い状況を作ることが必要です。

散歩の時間も考えましょう。

コンクリートは予想以上に暑くなっていて
足の裏にやけどをしてしまうことも少なくありません。

暑くない時間ではありますが
夕方もまだ地面が冷えていない
こともあるので要注意です!

そのほか、食中毒の危険もあります。
手作り食をあげている人は、
生の食べ物を避けるなどの注意が必要です。

水もこまめに取り替えてあげてください。

スポンサーリンク

秋の時期

換毛期にはブラッシングを。

秋はわたしたちと同じで、
愛犬も食欲の秋なんですね。
冬に備えてエネルギーを貯めようとしますので
いつもより食欲が増します。

この時期は肥満に注意してください。

運動をしやすい季節ですから、
しっかり運動をさせてあげるといいでしょう(^^)

また、秋は換毛期でもあります。
たくさんの毛が抜ける季節なので
こまめにブラッシングをして抜け毛を取り除きましょう。

集合住宅に住んでいる人は特に注意が必要です。
ご近所の洗濯物に愛犬の抜け毛がつく
というトラブルが増加しますから
ブラッシングをする時は窓を閉めて行い
抜け毛の掃除もしっかりお願いします。

抜けた毛をブラッシングで取らないと
毛玉ができて皮膚病の原因になることもあります。

冬の時期

毛布をいれるなど寒さの対策を!

犬は比較的、寒さに強いんですが
やはり寒さ対策はしてあげましょう。

被毛が短い犬種や寒がりの犬種なら
散歩の時に洋服を着せるのもいいです。

寝床にも毛布を入れたり
ペット用のアンカもありますから
上手に利用してください。

外が寒いとつい億劫になって
散歩をさぼりがちになってしまうことも。

運動不足になりやすい季節でもあるので
太らないように食事の管理もしっかりしてください。

最後に

その季節ごとに気をつけたいことがありましたね(^^)

これは健康な成犬で、注意したいところです。
もしも、子犬だったり老犬だった場合は
更に細かいケアが必要になります。

いつもと様子がおかしい。。。

と、気付けることが最も大切なこと!
ちょっとでも様子がおかしかったら
観察をして、どこがおかしいのか
具体的にメモを取って動物病院に連れて行くと
獣医さんの診察に役立ちます。

そして早期で病気が発見できると
治癒までの時間も早くなることが多いです。

早く異常を見つけられること

早く病院に連れて行くこと

この2つに注意して、愛犬の健康管理を
行うようにしてくださいね(^^)

動物病院へ連れて行くと、何かと出費がかさんでしまいます。

でも、何か心配なことがあったら
いつでも気兼ねなく病院へ連れていけるよう
ペット保険も検討してみてください。

ペット保険の中でも愛犬家の方から
とても人気がある保険をピックアップしておきました。

あなたの愛犬の月々の保険料などが
公式サイトで実際ににみゅレーションできるので
一度公式サイトをご覧になって
無料の資料請求をしてみてはいかがですか?

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬の食事の量は?体重別必要カロリーと意外と危険な食品

初めて犬を飼い始めた人にとって、戸惑うのが食事の量です。 あげ過ぎたら肥満になるし、少ないと可

記事を読む

犬はマッサージしてもらうのが好き?治癒力を高める代替療法

うちの子マッサージしてあげると本当に気持ちよさそう♪ マッサージが気持ちいいって、犬も肩こりな

記事を読む

犬にも血液型はあるの?輸血しても大丈夫?

犬には血液型ってあるんでしょうか? 人間みたいに血液型によって性格が違うことは? 緊急時

記事を読む

犬のワクチンの種類は?感染しやすい環境を知って検討しよう!

病気から大切な愛犬を守るワクチン接種。 どんな種類があるんでしょう? どんなワクチンを選

記事を読む

愛犬にあげたいサプリメントは?関節、心臓などに効くサプリ!

わたしたち人間と同じく、サプリメントは食品に分類されています。 薬と違って厳しい規制がないので

記事を読む

愛犬のダイエット方法!ストレスなく肥満を解消させるには?

うちの子は肥満かも?! そう感じたら、愛犬のダイエットに取り組んでみましょう。 「肥満に

記事を読む

愛犬のワクチンの回数は?1年に1回じゃ多い!?

いくつかの感染症から愛犬を守るワクチン接種。 どれくらいの回数行えばいいのでしょうか?

記事を読む

老犬の介護に疲れる前に!介護用品を使って負担を軽減!

動物の医療も進んだおかげで犬の寿命も伸びました。 寿命が伸びたということは、老犬の介護が必要と

記事を読む

犬が中毒を起こすとどんな症状がでる?対処法は?

  中毒とは、愛犬の体に毒になるものが体内に入って起こります。 犬が中毒を起こ

記事を読む

愛犬が噛みつくようになった!それは異食症かも?しつけ方は?

今まではそれほどひどくなかったのに(´・ω・`) 愛犬が噛み付くようになった場合、異食症の疑い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑