*

犬を飼うメリットとデメリットは?高齢者や子供にこんな効能が!

【この記事の所要時間:約 5 分】

代社会の救世主?!

犬を飼うとどんなメリットとデメリットがあるのかご紹介します♪

高齢者や子供が犬を飼うことで得られることは?

飼う前に注意して欲しい点についてもお伝えしていきます。

melit
「ガフッ!お、おじいちゃん予想外の豪速球ですよ・・」(笑)

高齢者が犬を飼うメリットとデメリットは?

最近では「高齢者って何歳からなの?」
と言いたくなるほど皆さんお若くて
活き活きとしていらっしゃいます。

一応、国連では60歳以上、
国際保健機構(WHO)では65歳以上を
高齢者と定義されているようなので
それくらいのお歳の方・・・というニュアンスで
高齢者という言葉を使わせていただきます。

 

子どもたちも大きくなって自立し
旦那様もお仕事を引退し、
ご夫婦二人で暮らしていらっしゃる方も
大変増えていると思います。

「時間もあることだから犬でも飼おうか?」
と考えていらっしゃる方に
犬を買うことのメリットとデメリットをご紹介します。

高齢者が犬を飼うメリットは?

今までは、子育てだとか仕事などで
それぞれ忙しかったご夫婦も、
急に一緒にいる時間が長くなって
戸惑うという話をよく聞きます。

もう長い間一緒に暮らしてきてますし
特に新しいことにチャレンジをする
といったことがなければ
ご夫婦の会話も少なくなりがち・・・

また、長く忙しかったのに
急に時間がたくさん出来てしまうことで
孤独感を感じる人も多いと思います。

そんな時、犬を飼い始めることで
「この子世話をしなきゃ!」と
生活に張りが出てきます。

また、愛犬の話がありますから
ご夫婦間の会話も色々と弾みますよね♪

また、何もないと家に閉じこもりがち
になってしまいますが、犬を飼ったら
お散歩に連れて行かないといけません。

毎日お外にでる理由ができるんですね(^^)

ご夫婦一緒に散歩を楽しむことも出来ます。

それに、高齢になると新しい友だちをつくる
ということが難しくなると思いますが
犬を連れてお散歩しているとそれだけで
自然と他の人と話をする機会が増え
犬を通じてお友達ができちゃうんですね♪

kourei

高齢者が犬を飼うデメリットは?

犬は7歳を過ぎたらシニアになります。

そして、10歳を過ぎたら高齢犬になりますから
高齢の犬の世話をするということが出てきます。

動物医療が進みましたから
長生きしてくれるのは嬉しいんですが
その分、「犬を介護する」必要があります。

もし、大型犬など体の大きい犬ですと
重いですから、介護一つ一つが
とても大変になるおそれがあります。

ですので、高齢者が犬を飼うとしたら
できるだけ小型犬のほうがオススメです。

スポンサーリンク

子供が犬を飼うメリットとデメリット

子供が飼うと言っても、これは
家族みんなで犬を飼う
ということになります。

どこのご家庭でも、一度は子供から
「犬を飼いたい!」とねだられることってありますよね?

そんな時、たぶん
「子供の情操教育になるから」
という理由で犬を飼うということが
一番多いんじゃないでしょうか?

ここでは具体的にどんなメリットがあり
デメリットがあるのがご紹介します(^^)

kodomo2

子供が犬を飼うメリットは?

核家族化が進んでいる現代では
大人数で暮らす体験ってできません。

そのことで、上下関係を
学ぶ機会がないともいえます。

でも、犬社会は上下関係に厳しいです。

リーダーがいて、リーダーの次の地位
の人がいて・・・
家族全員に地位が存在するんですね。

犬を飼うようになると、地位(上下関係)
を意識するようになります。
というか、上下関係が
しっかりしないといけないので
どうしても意識せざるを得ないんです。

そうすることで、親や目上の人を
リーダーと認め、上下関係というものを
学ぶことができていきます。

 

また、愛犬の世話をしたり
可愛がることで、責任をもつことや
相手に対して思いやりを持つ心
を育むことができます。

子供が犬を飼うデメリット

子供に対するデメリットということ
ではありませんが、どうしても
お母さんの負担が大きくなることが心配されます。

もちろん家族みんなで分担して
お世話をするとは思うんですが
たとえば愛犬が病気になれば
お母さんが病院に連れて行くことに
なるかもしれませんし、
誰かお世話ができない時の
フォローをすることもあると思います。

そういった意味で、お母さんの負担が
どうしても大きくなる可能性が高いです。

 

また、出費もあります。

犬を飼う費用を参考にしてもらえると
いいんですが・・・
毎月必ずかかる金額がありますし
予防接種など毎年かかるものもあります。

病気になったりケガをしたら
動物病院に連れて行くことになりますよね。

動物病院はけっこう費用がかかります(^_^;)
これについてはペット保険などを
上手に使うことである程度抑えることはできます(^^)

 

いかがでしたか?

犬を飼うメリットとデメリットを
具体的にご紹介しました。

当サイトでは、犬を飼った時の
困ったことやしつけ、
犬の健康や問題行動まで
色々なパターンについてご紹介しています。

気になることがあったら検索ボックスに
その言葉(たとえば「飼いやすい犬」など)
を入れて検索してみてください。

※パソコンの場合はページトップの右上部分に灰色の検索ボックスがありますし、スマホでしたらこのまま下にスクロールしてもらうと関連記事の下のMessageの後ろに灰色の検索ボックスがあります。

これから犬を飼おうかと迷っていたら
この記事が参考になれば幸いです(^^♪

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬種の選び方~活動的・おとなしい人にはこの犬種

  犬種を選ぶ際に人間のタイプに比較的似た特徴を持った犬種を 選ぶことが好まし

記事を読む

犬の目の見え方は?視力や色はどう見える?

犬はどんなふうに世界が見えているか考えたことありますか? じつは、犬は人間と同じ世界が見えてい

記事を読む

犬との遊び「引っ張りっこ」の注意と正しい遊び方は?

ワンちゃんはみんな遊びが大好き♪ その中でも相手とおもちゃなどを引っ張って遊ぶ 引っ張り

記事を読む

犬との遊びは何してる?雨の日など室内での遊び方

遊びが大好きなワンちゃんと楽しく遊んでいますか? 今回は雨の日などでお外にでられない時に

記事を読む

愛犬の無駄吠えを防止する方法!色々な無駄吠え対処法

愛犬が無駄吠えして困る!という方に無駄吠えを防止する方法をご紹介します。 来客があったときや、

記事を読む

犬の食事の回数は年齢や状態によって変えるべき!

愛犬の食事の回数が健康や行動に影響することもあります! また、健康な成犬でも食事の回数を多くす

記事を読む

犬種の選び方~訓練したい・命令したくない人向け犬種

  大切な犬種選び。 前回は「活動的な人」「おとなしい人」にあった犬種をご紹介

記事を読む

犬においでと呼んでも来ない!来るようしつける方法は?

ちゃんと「おいで」を教えたのに来ない(´・ω・`) 前は呼んだら来ていたのにどうして来なくなっ

記事を読む

愛犬をキャリーバッグやおんぶひもに入れるのは過保護?

これは犬を飼ったことがない人がよく疑問に思うことかもしれません。 愛犬をキャリーバックやおんぶ

記事を読む

犬がゴミ箱をあさったり靴泥棒・・いたずらの理由と対処法

  とてもかわいい愛犬ですが、たまにいたずらをします。 ゴミ箱をあさるとか靴や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑