*

臆病なおとなしい愛犬との付き合い方は?怖がりな性格対処法

【この記事の所要時間:約 4 分】

となしい性格の中でも、とても臆病な子の育て方をご紹介します。

何もなければとてもおとなしくて静かな優等生タイプ。

慎重派なんですがとても怖がりで手を焼いてしまうこともあります。

そんな臆病な性格の愛犬にはどう付き合っていけばいいんでしょうか?

okubyouken
「ここに入っていたら怖いことないもん♪」

おとなしいけどすごい臆病!

おとなしい性格には2種類ありました。

  • 何事もあきらめたかのような、テンションの低い落ち着きすぎる性格
  • 何事もない平和な生活を望む、慎重で臆病な性格

この2パターンがあるんですが、
今回は慎重で臆病な性格について
詳しく見ていきたいと思います。

 

慎重で臆病な性格の子は、無茶をしたり
無謀な行動をとらないので、飼い主としたら
「何もないときは」あまり手を焼かないで済む
優等生と言えるんじゃないでしょうか(*^^*)

危ないことは自ら避けるので
食べちゃいけないものを食べることもしないし
好奇心に任せて暴走するということもありません。

たとえ、ドアが開いていたとしても
脱走なんてとんでもない!
そんな危険はおかしません。

こうみてみると、思慮深い優等生で
とてもいい子なんですね(*^^*)

 

ただ・・・

慎重は裏を返してみると怖がりということです。

そう!

このタイプの子は本当に憶病なんです。

人に対しても、犬に対してもフレンドリーには接しません。
いつも警戒してますからね。。。
順応性もあまりありませんから、
急に聞きなれない音が聞こえてくると
それだけで怖がってしまいます。

怖がりということは、それだけでストレスをためるので
いつもストレスの脅威にさらされている状態です。

さて、優等生なんだけどかなりの臆病な子とは
どうやって付き合っていったらいいんでしょうか?

ひきこもり犬じゃなく落ち着いた子にするには?

とてもいろいろなことを怖がる子というのは
いろいろな経験が不足していることが考えられます。

臆病な性格だと、ちょっとしたことでも
すぐに「怖い!」と感じてしまうため
強い恐怖心が芽生えてしまって
それに関連することは全て「怖いもの」
になりますから、拒否してしまうことがあります。

これって、おもちゃに対しても言えるんですね(@_@;)

急に音が出るおもちゃや、形が怖いおもちゃなど
一度怖いと感じてしまうと、そのおもちゃを見るだけで
ストレスをかけてしまうんです。

これって、愛犬にとってとてもかわいそうな状況じゃないですか?

ストレスというのは、たくさんたまると
体に悪影響を及ぼします。
体が病気になることもありますし
心の病気になることもあります!

 

ですから、臆病な性格の愛犬が未知のものに
遭遇した時に、あなたが「心配しないでいい」
ということを教えてあげてください。

そして、少しずついろいろな経験を積ませて
怖いものばかりじゃないということを教えれば
心も安定して落ち着いた犬になることができます。

スポンサーリンク

怖がらせない対策を考えてみよう

「心配しないでいいということはどう教えるの?」

と悩んでしまうと思うので、具体的に
考えていきたいと思います。

臆病な性格の子はとてもナイーブな心の持ち主。

ちょっとしたことに傷つきやすくて
心がいつも不安定な状態です。

ですから、まずはあなたが信頼できる存在になりましょう。

臆病な愛犬にとって、あなたのことを
しっかり信頼できれば、心が安定してきます。

あなたのそばにいれば、痛いことや苦しいことが
起きないと思わせるようにしてください。

愛犬が何に怖がっているのかを把握して
その原因から遠ざけてあげましょう。

 

そして、この臆病な性格の子には
たいてい「自分の隠れ場所」があります。

隠れているときは?でご紹介したように
愛犬が隠れ場所で隠れているときは
絶対に無理に出そうとしないでください。

愛犬が大丈夫!と納得して、自分から出てくるまで
そおーっとしておくようにしましょう。

 

私たち人間でも、引っ込み思案なタイプ
という性格の人はいると思います。

幼少期に友達と遊ぶ経験が少なかったり
友達とあまりかかわらないで大きくなると
大人になっても人とかかわるのが苦手な人になりますよね?

犬も同じことが言えます。

兄弟犬との経験や、人との触れ合いの経験が
ほかの犬より少ない場合や、
何かトラウマを抱えている場合など
色々なことに経験不足になり
苦手意識を持ったり、不安を感じてしまうんですね。

それじゃ、怖がるから誰とも接しなければいいか?
というとそういうわけではありません。

 

まずはあなたを信頼してもらうこと!
それから、少しずついろいろな経験をさせて
世の中には楽しいことやうれしいことが
いっぱいあるんだ!ということを
ゆっくり教えて行ってあげましょう(^^)

臆病なタイプのわんちゃんにはあせりは禁物です。

気を長く持って、常にやさしく接することを徹底させてください。

それでは次回、臆病すぎる愛犬の
ほめ方としかり方など生活で注意すること
をご紹介したいと思います(*^^*)

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

メルマガはじめました(´ω`*)



いつもご覧いただきありがとうございます(^^)

>>くわしくはこちら

関連記事

犬が合図を覚えない!?理由と教え方は?

愛犬を飼ったらしっかりしつけをしなきゃ!と思うと思います。 その他にも「お手」や「おかわり」な

記事を読む

犬の気持ち | 車や自転車に飛びつくのはなぜ?

  愛犬とのお散歩中、急に車や自転車に反応! 急に飛びつこうとしたり追いかけた

記事を読む

犬の気持ち | 緊張を和らげるカーミングシグナル

  犬を叱っているのに大あくびをされた・・ 「これはシカトされたってこと?!」

記事を読む

犬がコマンドを聞かない理由は?しつけの際の注意点

待てやおすわり、伏せなどのコマンドを教えているのに いうことを聞いてくれないと困っていませんか

記事を読む

犬の寄生虫による皮膚の病気と治療薬は?副作用や予防について

犬の皮膚病で多いのが寄生虫や細菌、カビ等による皮膚病です。 それぞれどんな寄生虫や細菌がいるの

記事を読む

愛犬のおとなしさを性格診断!どんなタイプのおとなしさ?

おとなしい性格のワンちゃんを性格診断しましょう。 やんちゃやわがままなのも困るけど、おとなしす

記事を読む

愛犬が子供嫌い!?子供と仲良くさせた方がいい?

どうやら、うちの愛犬は子供が嫌いみたい・・・ お散歩中に子供が寄ってくるととても怖がったり、威

記事を読む

犬が匂いを嗅ぐ理由は?何を調べているの?

クンクンクン。あなたの愛犬も熱心に匂いを嗅いでいますか? お外はもちろん、室内でも一生懸命臭い

記事を読む

すぐ興奮するタイプの犬のしつけ方は?暴走犬にしない方法!

すぐ興奮して手がつけられない!とお困りではないですか? 元気ハツラツなワンちゃんほど興奮しやす

記事を読む

犬の耳は形によって病気になりやすい?聴覚の違いは?

ピンと立っている耳や垂れている耳。 耳の形によって、なりやすい病気はあるんでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

犬のしつけで「吠えるのをやめさせる首輪」があるってホント?効果はある?

犬のしつけで困っている人が多いのが「吠える」ことに対する対策です。

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

犬が吠える理由を性格で判断!残りの3つをご紹介!

犬が吠える理由を性格から判断していきましょう。 前回の犬が吠える

→もっと見る

PAGE TOP ↑