犬のしつけを成功させるために覚えておくべき犬の5大欲求とは?

【この記事の所要時間:約 6 分】

のしつけを成功させたいというのは飼い主さんみんなの願いです。

犬のしつけを成功させるためには犬の気持ちを理解しておくとスムーズにしつけることができます。

実は、犬には「5大欲求」というものがあるんですね。

犬の5大欲求について詳しく見ていき、しつけをスムーズに行っていきましょう♪

犬のしつけの成功の元?犬の5大欲求とは?

1
「ボクの気持ちわかってくれる??」

 

犬には「これだけはしたい!」という欲求を持っています。

私たち人間にも「3大欲求」というものがあります。

それと同じように、犬として
どうしてもこれだけはしたい!!
と思っているものがあるんですね。

この欲求は犬として当然思うものですから
この欲求が満たされないと
欲求不満になり犬の生活の質を落としてしまいます!

 

逆に言うと、この「5大欲求」を
しっかりと満たしてあげていれば
犬は精神的にも落ち着き、困った問題行動を
起こしにくい犬にすることができるんですね♪

それでは!

この5大欲求とは何なのかというと

  1. 快適に過ごしたい
  2. かじりたい
  3. 体を動かしたい
  4. 仲良くしたい
  5. ニオイをかぎたい

これが犬のしつけを成功させるためのポイントでもある
犬の5大欲求です!

それでは一つづつ見ていきたいと思います。

1、快適に過ごしたい

これは犬にとって気持ちの良い空間で暮らしたいという欲求です。

犬が幸せに暮らすためには
犬にとって良い環境を用意してあげることが大切です。

犬にとって良い環境というのは
清潔で、落ち着けて、動けるスペースがある
という生活環境です。

トイレを始め、普段過ごす場所は
いつも清潔にしておいてあげましょう。

また、狭い場所に押し込めるのはかわいそう
と思う飼い主さんもいらっしゃいますが
実は犬にとってハウスはとても落ち着ける場所なんです。

縄張りの意識の強い犬は、
広いスペースを与えることで
守らないといけない縄張りが広くなってしまいます。

しかし、ハウスは狭い場所であり
入口が一つしかないので頑張って守らなくても良い場所なんです。

ですから、叱ったときに罰でハウスは使わずに
落ち着ける空間としてのハウスを与えてあげましょう。

 

また、特に敏感な犬は騒音などにも弱いです。

近所で工事が始まったとたん
ストレスで問題行動を起こすように
なってしまう子もいます。

近所の工事じゃ防ぎようは無いのですが
なるべく音が聞こえない部屋にハウスを置くなど
音にも気を配ってあげてほしいと思います。

 

2、かじりたい

何かを噛んだり、かじったりするのは
犬にとって当然のことです。

かじりたいと思う気持ちというのは
犬の本能ですからね。

今でこそ、人間に飼われて食事を与えられますが
昔は狩りをしてえものを摂って生活をしていたので
その習性の名残なんです。

 

「なんでも噛んじゃって!!(`・д・´)」
と思い、これを犬の問題行動だと
決めつけるのはやめましょう。

ちゃんと噛んでよいものを与えて
噛むという欲求を満たしてあげてください。

そして、犬が噛んではいけないものは
なるべく犬に見せないとか、届かない場所にするとか
柵でイケないようにするなどの対策を
私たち飼い主がとるようにしてください。

 

3、体を動かしたい

犬種の種類に応じた運動量を
十分に確保するようにしましょう。

犬は人間と暮らすようになったころ
何らかの作業や仕事、役割を与えられていました。

その役割を果たしやすいように
改良をされてきた犬がたくさんいます。

 

しかし、最近では家庭犬として暮らす犬が多いですよね。

たくさんの運動量に耐えられるように
改良された牧羊犬や狩猟犬などが
十分な運動量を確保できない状態が増えています。

いつも「動きたい!!」という欲求が
満たされないということになるんです。

 

また、作業や役割を与えられていた犬たちは
頭を使って行動をしていました。

ですから、体の運動量だけではなく
頭を動かすことも重要になります。

遊びなどで体を動かしたり
何か考えながら遊ばせるなど
両方のバランスを上手に使える工夫をしてください。

 

4、仲良くしたい

人や犬と仲良くかかわりを持ちたい
というのも犬の欲求です。

犬はもともと群れで生活をしていた動物なので
社会性がある動物です。

ですから、本当は家族や仲間と
関わりを持ちながら生活したいと考えています。

一人で留守番が多い犬だと
この欲求が満たされずにストレスを感じてしまう
可能性が高いです。

ただ、これは幼少期の過ごし方や
性格もありますし、犬種によっても
多少の違いはありますが。

 

その犬が家族だと思っている人間から
褒められたり、遊んでもらえたり
かまってもらえることはとても重要なことです。

ゆっくり落ち着いているときに
体をなでるなどのスキンシップも
仲良くすることになりますから
なるべく多くのコミュニケーションをとり
仲良くしたいという欲求を満たすことが
犬のしつけを成功させることへもつながります。

 

5、ニオイをかぎたい

あらゆる場所や物、地面、他の犬など
たくさんのニオイをかぎたいと思っています。

犬は、ニオイをかぐことで多くの情報を得ています。

犬同士の挨拶はお互いのニオイをかぐことですし
新しいものがあればまずニオイをかぎます。

知らない場所に行ってもニオイをかぎます。

こうして、ニオイをかぐことで
自分の知らない情報を得ようとしているんですね。

犬にとって、ニオイをかぐというのは
仕事でもあり、楽しみでもあります。

ですから、できるだけお散歩のときなど
ニオイをかがせてあげる時間をとってください。

 

私たちから見ると、道草をしているように
見えてしまうかもしれませんが
犬にとってはとても大切な行動ですから
かぎたい欲求は満たしてあげましょう。

犬のしつけが成功するかどうかは…

犬のしつけが成功すれば
今後長きにわたって楽しくて豊かな
愛犬ライフが楽しめます。

しかし!

犬の気持ちを考えずに

私達視点で犬をとらえてしまうと、

犬にストレスを与え
しつけの成功どころか
問題行動を起こさせてしまうんですね(´・ω・`)

 

今回、犬の5大欲求についてご紹介しました。

犬にとって、本能であり習性である
この5大欲求を十分に満たすことで
犬のしつけが成功する確率がぐんとあがりますから
ぜひ、普段の生活で意識してあげてください!

 

 

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の気持ち | ボール遊び好き?きらい?

遊びの中でポピュラーなものといえばボール遊びです。 でも、ボール遊びを大喜びでやる犬と無反応な

記事を読む

犬の気持ち | なでてるだけなのに噛みつくのはなぜ?

  なでてあげているのに噛み付かれる! どうして撫でているのに噛み付いてくるん

記事を読む

愛犬のしつけやトレーニングのご褒美は何がいい?

愛犬のしつけやトレーニングにご褒美を使っていますよね? 愛犬にとってご褒美ってどんなものが最適

記事を読む

犬の気持ち | 飼い主のことが嫌いになることはある?

最近良く愛犬のことを叱っているけど 犬は飼い主のことを嫌いになったりするのかな? 犬も飼

記事を読む

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違いがあるようです。 今回

記事を読む

愛犬が子供嫌い!?子供と仲良くさせた方がいい?

どうやら、うちの愛犬は子供が嫌いみたい・・・ お散歩中に子供が寄ってくるととても怖がったり、威

記事を読む

犬が食事を食べない!どうやって対処する?

  愛犬が食事を食べてくれない! 飼い主さんとしたら大変心配なことですよね。

記事を読む

耳のしぐさでわかる犬の気持ちは?耳の病気やケア方法!

犬は耳の動かし方でも気持ちを表しています。 犬の耳のしぐさから、今どういう気持ちなのかを分かっ

記事を読む

犬の気持ち | 目をそらすのは照れているから?

  お部屋でくつろいでいる時に「ジーーーッ」と視線を感じる。 かたわらの、かわ

記事を読む

犬のストレスの原因は?ストレスサインから解消法まで全解明!

犬も私たち人間と同じようにストレスを感じます。 犬はどんなことにストレスを感じるのでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑