犬の気持ち | 急に散歩で歩かないのはなぜ?

犬が大好きなお散歩の時間♪

喜んで出発するのに急に歩かなくなってしまう・・・

どうして歩かないようになってしまうのか犬の気持ちをみてみましょう♪

急に犬が歩かなくなった時の対処法もご紹介します。

sanpoiya1

散歩で歩かない理由は?

突然立ち止まってしまって動かない!

無理やりお散歩につれだしたわけでもないのに
どうして歩かないで動かなくなってしまうんでしょう??

 

このお散歩で犬が歩かなくなる理由は
色々とあるんですね。

例えば、体調が悪い時であまり歩きたくないとか
お散歩は好きだけど外に出てみたら
思ったより暑くて歩きたくなくなった。

このように、体調や気候のせい
疲れたり歩きたくなくなったりすることもあります。

 

また、足にトゲが刺さったりケガをしているということも考えられます。

その他は、工事をしていて大きな音がする
普段感じないような振動がすると
犬が怖がって歩かなくなることがあります。

 

以前この道を通った時に、他の犬に吠えられたなど
前に嫌な思いをしている場合も、その道を「行きたくない!」
と動かなくなることもあるんですね。

 

このように、犬にとって散歩で歩かない理由は
色々とあります。

まず確認したいのが、

  • トゲが刺さっていないか?
  • ケガをしていないか?
  • 病気ではないか?

などの身体的理由がないかどうかです。

体に問題がない場合は、歩かないワンちゃんに
どう対応すればいいのかを見ていきましょう(^^)

散歩で歩かない時の対処法

愛犬が歩かないで立ち止まってしまった場合は
強引に引っ張ったりしないで原因を探りましょう。

 

病気やケガなど理由がはっきりしている時は
無理に歩かせずにすぐに家に連れて帰りましょう。

 

疲れている時は休めばまた歩き始めます。
休憩時間をとってあげてください。
頻繁に疲れるようなら、その犬にとって
お散歩の距離が長いことも考えられます。
愛犬の年齢も考慮して散歩コースや時間を
見なおしてみてください。

お散歩距離の目安として、運動量の記事も参考になります(^^)

 

恐怖心や「この道を通りたくない」等の場合は
「褒め褒め&ごほうび作戦」で歩くように促しましょう。

犬が少しでも歩いたらしっかり褒めてあげて
自信を持たせてあげます。
そしてごほうびを少しあげると
「歩くといいことがあるぞ♪」
と思うようになります。

徐々に恐怖心を克服できるように
見守ってあげてください。

 

散歩が好きな理由でご紹介しましたが
お散歩の主導権を握るのは飼い主であるあなたです。

主導権を握るのは自分だから
自分の都合のいいように歩かせないといけない

というのとは少し違うんですね。。。

大切なのはやはり

愛犬の様子をよく観察して
愛情を持って対処してあげることです。

なぜ急に立ち止まって歩かないのか
原因に注目してあげてくださいね♪

 

2 COMMENTS

片浦則子

最近私のペットのアメリカンコッカーが、あまり歩かないのでどうしたらいいでしょうか?

返信する
yabuki1

はじめまして!

コメントしていただきありがとうございます(^^♪
管理人の神楽と申します。

アメリカンコッカースパニエルをお飼いなんですね(^^)
アメリカンコッカースパニエルは現在ではコンパニオンドッグとして
飼育されるようになっていますが、もともとは
鳥猟用のガンドッグとして活躍していました。

性格的にも、優秀な猟犬であったため
賢くて判断力に優れていますし、
つねにポジティブで朗らかな気立ての優しい家庭犬です。

元猟犬であったため、スタミナもありますし
運動量もそこそこ必要な犬種ですから
あまり歩かないというのは心配ですね(´・ω・`)

「最近」と書かれていますので、以前は歩かれていたんでしょう。

本文内にも書いてありますが、まず疑うのは病気・けがです。
アメリカンコッカースパニエルがかかりやすい病気に
膝蓋骨脱臼がありますが、足を引きずったりしていませんか?
そのほか、外耳炎、脂漏症、内分泌疾患、白内障、皮膚炎などにもかかりやすい傾向にあるようです。
足の裏に小さな傷(ケガ)がないかどうかもよく確認してみてください。

まず、体温を測ってみてはいかがでしょうか?
体調が悪いと歩きたがらない子が多いので、病気やけがではないとはっきりさせた方がいいです。

そのほかに考えられるのは・・年齢もチェックしたほうがいいです。
本文中にリンクがあるんですが、犬種別の年齢で
コッカースパニエル(アメリカンかイングリッシュかは不明ですが)の
年齢も計算できるので、老化によるものじゃないのか?も確認が必要かもしれません。

お散歩のコースがいつも決まっているのでしたら、
散歩コース中にわたしたちの気づかない「何か嫌なもの」がある可能性もありますから
コースを完全に変えてみるというのもおすすめです。
歩きたがらないときは、無理に歩かせようとしないで
歩かなくなるタイミングはどんな時なのか?ということに注目して
原因を探ってみるようにしてください。

アメリカンコッカースパニエルは社会性も強調性もあり
友好的で賢い犬種なのでしつけもしやすいんですが
健康管理がややむずかしいとも言われているんですね。

ちょっといただいた情報が少ないのでこれくらいしか言えませんが
まず病気やけがではないことを確認して、
お散歩のコースを変えるほかに、距離を縮めてみて様子を見る
などもいいかもしれません。

お役に立てたでしょうか・・・
お悩みが解消されることを祈っております(´・人・`)

返信する

yabuki1 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です